FC2ブログ

目次一覧はこちら

……タイッ!?_53

疑問

 しがみ付く彼女を抱きかかえるのは、受け止めるのは久恵が足を怪我しているから。無碍に引き剥がせばもつれかかった足で転んでしまう。
「ん、んぅ……んちゅ……はちゅ……」
「ん……はぅ……ん」
 数時間ぶりの他人の唇は少し塩からかった。
 それでも……同じなのが気持ちよく、辛かった。
 彼女が唇の角度を変えるごとにカールした睫毛が揺れ、鼻が擦れ合うたびに「ふん」と荒い息を吐く。
 口腔内を侵食する舌は勢いの割りに消極的で、舌先を触れさせては逃げ出し、追いかけても相手はしてくれない。
 彼女の仕草は物足りない。その一言に尽きた。
 かつて放課後の部室で見た卑猥なシーン。紅葉や自分、それに里美をあしらいながら帰ったあの日よりもずっと……幼い気がした。
「はぅ……んふぅ……はぁはぁ……、君ってさ、キスするとき目を瞑らないの?」
 責めるような視線と震える唇。少し上気した頬が赤く、ウブな処女にも見える。
「先輩、キス、下手ですね……」
「……なによ……私じゃ不満ってわけ? 君のここ、硬くなってるくせに……」
 腰に巻いたバスタオルをぐいと持ち上げられ、素直に反応していた逸物にやんわりとした脱力感が訪れる。
「今のはほんのお遊びのキスだよ。これからが本番。だから、あ・せ・ら・な・い……」
 そういって唇を近づける久恵のそれは……やはり震えていた。
「先輩……」
「ん? え? きゃあ!」
 紀夫は彼女を強く抱きしめるとそのままベッドに倒れこみ、両の手首を捻り上げ、膝の辺りに跨るようにして覆いかぶさる。
「ちょっと、君、そういう乱暴なプレイが好きなの? まって、やめてよ。ね、そんなに焦らないの……」
「久恵先輩……先輩、酸っぱい匂いしますね……」
 くんくんと鼻を鳴らしながら顔を彼女の腋の下に近づける。ノースリーブのシャツから覗き見えるそれは彼女なりのフェロモンを香らせて彼を誘惑する。
「そ、ういうこ……と、言わない……ん! の……」
「いい匂い……かも、なんか……舐めたくなった……」
「ちょっと、そんなとこ……舐めたら……汚いし、里美ちゃんに言うわよ!」
「先輩……無理してるでしょ……」
「無理って何よ! 私は無理なんかしてない!」
「でも……へろっ!」
「ん!」
 ねじ上げられた腕がくいっと引かれ、紀夫のつむじの辺りに肘ウチを繰り出す。
「あ、ごめん」
「んーん、しょうがないです。先輩、気持ち良かったみたいだし……」
「そんなこと……ないもん」
「ありますよ……だって……ほら……ぺろ、ちゅ!」
 舌先と腹で舐めるように脇の舌を責めつつ、徐々に横へとずれていく。
「ん、あ、やだ、もう、オッパイ……しちゃうの?」
「先輩のオッパイ、小さなオッパイ見たいな……」
 充分いじめた右の脇は開放と腕を離し、代わりにシャツを捲りあげる。
「君、人が気にしてるのに……」
 小ぶりな丘を隠したいと身を捩る彼女の恥じらいを紀夫は許さない。丁度胸元にキスをしたあと、舌の腹で這い、唾液の筋を作った。
「んぅ……、くはぁ……はぁ……はっ……あぁ……」
 腕を戒める男の手にはそれほど力が入っていない。なのにされるがままにしているのは、与えられる刺激を彼女が求めているのか、それとも力を抜かれているのか……。
「はぅ……ん、んちゅ、はちゅ、れろ……れろれろれろ……」
 右手の戒めを解くと、久恵の両腕はピクリと跳ねてベッドを泳ぐ。ベッドの端のシーツを掴み、皺を伸ばしては渦を作っていた。
「あん、私まだ、お風呂……いいの?」
「うん……だって、先輩の匂い……嫌いじゃないし……」
「どんな匂い?」
「んー女の子の匂い」
「あはは、君、上手く逃げるのね」
 からかいの言葉に顔を上げる紀夫。それこそ心外とばかりに早口で捲し立てる。
「だって本当に……本当に、甘くてふわっとして……すごく、好きな匂いなんだ……俺……」
「すごく好きな匂い? 今日初めてってわけじゃないよね、その言い方だとさ……」
 言葉のアヤを取りたがる彼女はしてやったりとしたり顔。一方の間抜けな男優は越しまわりのタオルの結び目を解き、出番に緊張している主役の登場を求める。
「うわあ……きみのどろどろ……」
 つい昨日出したばかりとはいえ若気のなんとやら。膨らむ期待に比例するかのようにもたげる鎌首からはカウパー腺液が零れ、タオルに糸を引いている。
「ふーん……、ねえ、舐めてあげよっか? 私フェラは得意だよ?」
 笑顔を浮かべて立ち上がろうとする久恵を制す腕。それは先ほどの戒めより強く、それに呼応する息は異常に荒かった。
「ちょ、紀夫……君?」
「久恵先輩……、そんなの、しなくて……いいです……」
「何焦ってんの? もう、童貞じゃないんだし、もう少し楽しもうよ……だからあ」
 薄い胸板を押す力はきっと彼女の精一杯。けれど踏ん張る力も、抗う力も稚拙なキスで萎えている。
「先輩、処女?」
「な……」
 お尻を退き、なんとか同じ目線に立つも言葉が続かない。
「先輩処女なんだ……」
「べ、別に……そんなこと……」
「先輩……」
「わ……」
 久恵の首に腕が回り、そのまま露な鎖骨へとキス。唇を触れさせるだけの簡易な、それでいて焦らすように彼女の気持ちを突く犬歯。
「ん、いいじゃない……、別にさ……」
「だと思った……」
「分かる?」
「んーん、ただ、なんとなく、そう思えて……」
「そっか……分かるんだ……」
 相変わらず天を突くそれは、彼女の下腹部に触れていた。安物のシャツは丈があっていないらしく、背筋のよじれによっておへそが見え、その窪みに注がれる卑猥な水。
「君のさっきから……」
「そうしてるんです……」
 腹筋を動かすよりも楽と、鎌首を上下させること数回、久恵の下腹部にとろりと垂れる。
「やだよ。おへそって身体の中と繋がってるんだよ?」
 指で掬い取った液を見つめ、面白そうに伸ばしたりする。
「いやですか?」
 肩を抱く力を強め、より息苦しくさせる。
「だから、そう言ったじゃない」
 そういいつつも紀夫の肩に手を添える久恵。
「本当に嫌?」
 耳元で囁くように一言。
「君……」
 抗えない気持ちをひねり出す一言。
「嫌?」
 耳朶に触れながら、少しだけイタズラもする。
「ずるい」
 秘裂を布の上から触られたからか、語尾は震え、掠れ、上がり調子。
「嫌?」
 同じことを繰り返し、同じところを繰り返す。
「分かってるくせに」
 降参とばかりにため息を一つ。
「嫌ですか?」
 後に手を着き、身体はそのまま彼に投げ出す格好を取る。
「君が……」
 足を開けば、彼の手がそこへ行き、薄いピンクの可愛らしい水玉模様のショーツが脱がされ、そして……、
「君が?」
 指が止まる。
「シテクレルなら……いいよ」
 視線を紀夫に向けるも、数秒と持たない。どこか物悲しく、セックスの快楽よりも、
「先輩……は、寂しいの?」
 愛に飢えている。そんな気がして、
「うん」
 それを確信できた……。

続き

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/167-28068bae

Comment

| URL | 2009.09.15 18:57
ありえないくらいつまらないです…
小春 | URL | 2009.09.15 20:13
私の作品を読み、不愉快な気持ちにさせたみたいですね。
申し訳ありません。
今後はもっと面白いものを描けるよう、努力します。
匿名ですが | URL | 2009.10.26 09:16 | Edit
無記名の方とは別人ですが、
作者、めげないで書き続けて下さい。
読むぐらいしかできないですけど、読みたいと思って読んでます。
人物が複数出てて、書き分けが出来てるという点に感嘆致しております。

要望をあげるなら、
男性主人公が複数いるというものを読んでみたいなぁという希望です。
男×男というのではないです。
元カレ、今カレ、といった感じでしょうか。

ご健勝、お祈り申し上げます。
小春十三 | URL | 2009.10.27 01:08
匿名の方へ・・・

貴重なご意見、ありがとうございます。
なるほど、元彼今彼か・・・、考えてもみなかったですよ。
参考図書として読んでるモノは基本的に主人公に群がる女の子達でした。
そのせいか小春氏の妄想もそれに寄っていたわけです。
次回作もやっぱり男一人女複数のつもりでしたが、ここは一つ、検討させていただきます。

ちなみに最近仕事が遅いから更新もまばらだけど、そんなにめげてませんよ。
強いていうならアンサーアンサーでS1リーグに落ちたことでしょうか・・・?
Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析