FC2ブログ

目次一覧はこちら

……タイッ!?_紛れ話_27

何度目かしら?

「ふふ、なんか大変な関係みたいだな。陸上部員たちってさ」
「私は陸上部員じゃありません」
 あんなやりチンとやりマン達と一緒にしないでよ。そういえば美奈子どうなったんだろ。まああの子はしっかり者だし大丈夫よね。

「由香! じゃない、相沢! 大丈夫か!」

 里奈が行ったと思ったら今度は井口。
 なんだか喧しい人たち。ここ保健室よ?

「あら井口先生どうしたの?」

 事情を知らない菅原先生は血相を変える井口に涼しげに言う。

「あ、菅原先生、えと、相沢が倒れたって聞いて」

 誰に聞いたのよ。
 ……あ、そ、なるほどね。

「僕、相沢の担任ですし、だから、その……」

 繕うように言うけど菅原先生は苦笑い。

「ふーん、そうですか。そうですよね。はいはい、えー、私はちょいと運動部とプール見て回ってくるんでお願いしていいですか?」
「あ、はい。わかりました」
「それじゃ……ごゆっくり」

 ごゆっくりって……保健室で何をゆっくりしていくのかしら?
 まあ、ここを休憩に使ってたカップルもいるみたいだけど。

「由香、一体どうして?」
「お弁当」
「作ってきてくれたの?」
「無いわよ」
「そう」
「がっかりしないでよ」

 そんなにお弁当がほしいの?

「君が……、可愛い寝顔してたからそのまま家を出たんだ」
「そう」
「もしかしたら僕が帰ってもいてくれるかと思って」
「なにそれ、気持ち悪い」
「そうかい? はは、僕って気持ち悪いか……」
「ねえ、どうして?」
「なにが?」
「どうして紅葉さんに話しちゃうの?」
「それは、彼女ぐらいしか相談できる人がいないから」
「そんなに信頼できるんだ」
「まね」
「そっか……」
「うん」
「私……帰ります」

 何度目だろ。この台詞。

「そうかい? 送ってくよ」
「ダメですよ。菅原先生から頼まれてるでしょ?」
「でも君を一人に出来ない」

 多分、このあとの展開も何度目になるのかしらね。

**

 結局いつものように彼の車の助手席へ……。向う先も一緒。
 違うことといえば私がそっちに行くように行ったこと。

 ――ラーメン食べたい。

 その一言で彼は車を安っぽい煌びやかな駅裏へと向わせる。
 時間帯だけに駅に向う車も、その逆方向も渋滞。
 なのに彼は全然いらいらしてる様子もない。
 私と一緒にいられるから?

 ……なんて考えていられたのはメールを見るまで。
 私、どうしたいんだろ。
 どういうつもりで駅裏に行くんだろ。

「由香、一体どうしてあんなこと……」

 上機嫌だった彼が信号待ちと同時に渋い顔になってバックミラー越しに見てくる。

「んーん、ちょっと貧血と日射病が重なっただけ」
「でも日傘ぐらいしても……」
「それにちょっと混乱してて」
「混乱?」
「うん。努のことが信じられなくて」
「僕が信じられない? どうしてさ」

 彼はさも意外という様子で私を見る。

「紅葉さんと私、どっちが大切なの?」
「おい、由香。少しは僕の話も聞いてくれよ。いいかい、僕と紅葉は……」
「大切な人、特別な関係。そんなの聞き飽きたわよ。私が知りたいのはどっちが大切か、どっちがすきかってこと」
「由香が好きだ。どうしてソレを疑うのさ?」
「どうして私との大切なこと、彼女にまで教えちゃうの? 私と努だけが知ってればいいじゃない」
「それは、僕が自信を持てなくて……」
「自信持てないからって彼女に聞くの? 新しく引っ掛けたオンナの扱いがわからないからってさ! ばっかじゃない? ホントバカ。あんたも、私も!」
「由香! ……ゆかさん……」

 彼の手が私の手を握る。私はソレを振りほどこうとする。けれど無理。男にかなうはずがない。それがズルイ。けど、どうしても、なんでか、そうなることを望んでるの。

「ねえ、せんせ、私行きたいところあるの。つれてってくれる?」
「ああ、君が望むなら……どこへでも」
「そう、それじゃ、あそこに車停めてよ……」

 私が指差す方向は煌びやかなホテルのすぐ隣の駐車場。彼は数秒迷ったあと、車を走らせた。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/200-c545c9d2

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析