FC2ブログ

目次一覧はこちら

……タイッ!?_59

探しているのは誰?

 ヨーヨーの売れ行きがよく、日が沈むころにはストックも無くなりかけていた。
 客にたいしては妙に丁寧で愛想の良い紅葉のおかげだろう。
「ふぅ、もう箱からですよ?」
「ありがと。じゃあごみだけまとめておいて。それと、小銭ばっかね。両替してきてよ」
「両替なんてできるんですか?」
「境内に役員用のテントあるでしょ。あそこでしてくれるから」
「はーい」

 ――そういえば里美さん。どこにいるんだろ。

 結局誘えなかった彼女。
 彼女の方から来てくれるのではと期待していた甘い自分。
 その結果が両替金を持ってうろつくことを招いたのだった。

 五十円や十円でいっぱいになった袋を片手に石段を行く紀夫。行きかう人はワタアメや水ヨーヨー、折り曲げると光るなぞのブレスレットをしたり、たこ焼きやフランクフルト、りんご飴などを食べていた。

 ――みんな楽しそうだな。

 自分もそのお手伝いができたと思うと、今のこの疲労感も心地よい枷。

「ん?」

 水色の涼しげな浴衣。黄色の帯。髪が団扇の弱い風にあおられてさらさらと揺れるのを見た。

 ――里美さん!

 顔は見えない。すぐに行き交う人ごみにまぎれるから。

 ――ちくしょう、どこだ? どこに行くんだよ!

 確信なんてない。今はとにかく彼女の行き先の近くを目指すだけ。
 肩がぶつかり嫌な顔をされても、石段に躓いても気にせず、ただ残り香に誘われるように走る紀夫。

 けれどもうどこにもいない。
 そもそも彼女だったのかも怪しい。

 ――気のせい? だったのか……。

 確信が持てないから諦めに落ち着くこともできる。

 ――電話番号、聞いておけばよかった。

 部員名簿を見ればそれぐらいできる。久恵の番号と理恵のはすでに登録済みだ。だが、彼女の番号だけは目で追って、意識的に登録しなかった。
 彼女から自然に聞きたい。そんな理由。

 石段に座り込むも小銭が重い。一息ついて、紀夫は再び境内を目指した。

**

 境内は店も無く、広場になっているところで小学生が鬼ごっこをしている程度。たまに地面にヨーヨーの残骸や串などが散らばっていた。

「はい、ご苦労さん」

 受付のおばさんは二度ほど数えたあと、金庫からお札を持ってきてくれた。
 テントの奥では人のよさそうなおじさんがビールを飲んで笑っている。
 野口英世を三人と福沢氏を二人。とたんに軽くなった袋を見て今日の忙しさはこの程度なのかと落胆してしまう。もともと営利目的ではないで店なのだしと納得すべきかもしれないが。

 ――そうだ、あの手紙。

 境内まで来てようやく思い出す。
 月曜の手紙の差出人は誰? 誰が待つのか? 誰を待つのか?

 好奇心。

 そう言い訳をして、紀夫は社の裏手へと回った。

**

 神事といっても元旦と四季の祭り、大晦日ぐらいにしか賑わいのない相模原神社の社は町内会の集会所代わり。台所とトイレがかねそろえられているらしく、土日はお年寄りの憩いの場所。
 その裏手はあまり人の手が入っておらず、膝まで草が茂っていた。

 ――こんなところに誰が来るんだろ?

 およそ待ち合わせをする場所ではないと知りつつ、ずかずかと進む紀夫。
 すると、少し離れた所で開けた場所があり、小学生のたまり場なのかアニメチックな絵柄のカードが何枚か捨てられていた。

 ――カードゲーム? まさかね。

 足でそれをそっぽに寄せ、周囲を見渡す。
 境内の方からは子供の声。林の方からは鳴き足りないせみの声。そして背後からは、ゆっくりとこちらに向かってくる草を踏み分ける音。

「里美さん?」

 振り返る紀夫は希望の言葉を口にする。

「紀夫……、優を見なかったか?」

 振り向いた先には相模原陸上部のウォーリーが立っていた。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/209-f406de2a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析