FC2ブログ

目次一覧はこちら

逃げ出しタイッ……。_1

ごく日常

 山陽高校。
 体育会系の多い学校で、一学年に十一クラスあるマンモス校。
 なかでもサッカー、野球、ラグビーが盛んであり、いずれも甲子園、国立競技場、花園など、大舞台を目指すレベル。
 毎週のように公式、非公式を問わず試合が組まれ、体育会系の生徒たちは放課後からが本領発揮とばかりに解放の予鈴を待つ。

 一年B組の教室もまたホームルーム終了とともにざわめき立ち、みな個々の活動へとちらばっていく。
 ただ、宮川雅美だけは例外。彼女は陸上部のマネージャーをしているが、のそのそと帰り支度をしており、特に急ぐ様子も無い。
 癖のある髪をごまかそうときつく髪を縛り、厳しい顧問のもと、化粧っ気もない。それでもリップクリームだけは唇の乾燥対策としてしっかりキープ。
 どこかさめた視線はたれてもなく、つりあがってもいない。それでも小顔と整った鼻のおかげでそれなりの水準の美人ではあった。
 あとはもう少しスタイルがあれば、雑誌の裏表紙ぐらいは飾れるというのだが、いまひとつ。そんなありふれた子。

「よっす、雅美ちゃん、ノートありがと」

 彼女が部活の時間にもかかわらず残っていた理由のひとつは、最近気になりだしたクラスメート、菊池隆一を待ってのこと。
 サッカー部所属の期待の一年。まだレギュラーにはなれないものの、夏休みの新人戦ではスタメン出場し、華麗なシュートを決めて勝利に導いた。
 もともとの気さくな人柄と、いつもにこやかな印象をだす細めが人受けを良くし、さらに地方紙とはいえスポーツ欄に載ったことで夏休みが明けるとクラスの人気者の地位を獲得した。

「これぐらい、平気だよ」

 朝連のきつい運動部の一時間目はお昼寝タイム。雅美はそんな彼のためにノートを取っていた。

「それより練習がんばってね。隆一君」
「ああ、つか、次の試合、ぜってーハットトリック決めてみせっから」

 隆一は笑顔でそれに答えると、挑戦的な微笑みを残し、鞄片手に教室を出る。

 ――あーん、隆一君、かっこいいな。なんで私サッカー部に入らなかったんだろ。っていうか、マネージャーなんて多いほうがいいのにい!

 山陽高校サッカー部は去年全国ベスト四入りしてからさらに活気づき、国立競技場をスローガンにみな練習に励み、その姿勢がミーハーな女子の心をしっかりキャッチしていた。
 そのせいか、今年は入部希望者が激増し、結果、厳正な審査が行われる運びとなった。
 といっても、運動部の経験、もしくはマネージャーの経験があるかという程度。
 四月の雅美は特にサッカーに興味もなく、かといって文化部に興味もなく、流されるままに陸上部のマネージャーにさせられていた。
 あのころはまだ彼の存在をそこまで意識していないせいか、それほど苦にも思わなかったが、夏休みに開かれた地区の新人戦に無理やり応援にかり出され、彼に一目ぼれした。

 それからは後悔の日々。

 そこそこの実力はあるものの、大会では入賞が関の山の陸上部では、それほどモチベーションがあがらない。それに、どの部員も彼女の趣味に合わなかったのだ。

 ――あーあ、退屈。

 今日も雑用をこなすべく、部室へ行く。
 汗臭いタオルの洗濯と活動日誌の報告。たまに計測。たまに備品の確認。
 その繰り返しが待っているだけの部室へと……。

**

「あ、マネージャー、おはよう」
「おはようございます」

 部室にいたのはキャプテンの島崎達郎。雅美は彼に目もくれず、形だけの挨拶をしたあと、無造作に積まれているタオルを抱えて部室をでる。

 ――やっぱりさわやかっていうか、暑苦しくないほうがいいわ。

 黄ばんだタオルを洗濯機に入れたら、あとは洗剤もそこそこにスタート。ソフターなど使う必要も無い。それほどの思い入れもないのだし。

**

 その日の部活は少し違っていた。
 顧問の後藤正弘はみなを集めると、色の違うユニフォームを着た男子の肩を叩きながら言う。

「えーと、今日から一緒に走ることになった一年の田辺悟君だ。みんな、仲良くな」
「田辺悟っす、よろしくお願いします」

 四月でもないのに急な新入部員。雅美はそれほど気にはしなかったが、それは他の部員も同じ。形式的な挨拶を交わした後、顧問の後藤の激励と同時にトラック十周が始まった。

**

 健脚というか、俊足というか、新入部員は群を抜いていた。
 跳躍なら高さ、距離に申し分がなく、砲丸投げは体重の割りに距離が出ている。
 それなりの実力のあるはずの山陽高校陸上部より平均をみて頭ひとつぬきんでている。
 それがみなの感想だった。

 ――へー、すごいんだ。田辺君。

 ストップウォッチ片手に記録する雅美は口笛を吹くようにすらすらとボールペンを走らせる。
 五十メートル走の結果はキャプテンより一秒近く早い。
 インターハイの記録と比べれば差があるものの、盛り上がるものがある。

 だが、彼の青々しい坊主頭を見るとそれほど魅力も感じない。当然、彼女の視線が向かうのは、より高みを目指すサッカー部の例の子だけなのだから。

*-*

 来週の日曜日はサッカー部の秋の学区内新人戦。近隣の高校のみで六校しか参加しないだけに一、二年の独壇場。
 当然期待の新人である隆一はスタメン出場で、しかもフォワード。
 得点に絡む重要なポジションを任されたせいか、いつもよりクラスの人だかりが大きくなっていた。

「ねーね、次の試合でスタメンでしょ? 応援いってもいい?」
「すげーな、なあ、ハットトリックとか決められる? 決められたらジュースおごってやるよ」
「つか、一点も取れなかったらお前、帰るクラス無いからな!」
「そんときは骨拾ってやるよ」

 みな適当なことを言い合い、そして激励をしていた。

 ――私も……いこっかな、来週ならあいてるし。

 雅美は一人その輪に入れず、教室の隅っこで日誌を書いていた。
 いつもなら彼のほうから話を振ってきてくれるのに、今日は人だかりのせいでそれもできない。そして、彼女自身、彼を独り占めしようというほどのうぬぼれも無かった。

 ――んでも、絶対いつか告るんだから!

 タイミングはいつがよいだろう?
 例えば、国立競技場を後にした、閑散とした、それでもさめやらぬ熱気のなかで、二人、寄り添い、心を重ねあわせて……。

 ――なーんちって。

 妄想の中では両想いな彼女はつまらない現実に視線を落とし、昨日の出来事をそれらしくまとめていた。

**

「来週の日曜、試合あるけどマネージャー、平気だよな」

 洗濯カゴをどさりと落とし、雅美は達郎を見る。
 みな彼女に気遣う様子も無く上半身を晒し、中にはトランクスひとつになっているもさも居る。

「え? なんで? 急に?」

 汗臭い光景など見慣れたもの。それよりも重要なのは、来週の予定。
 スポーツの秋というよりはまだ残暑の厳しい九月前半になぜに? と疑問を抱くも、学校の名前を売りたい後藤のことで、無理やりにでも大会を見つけてきたのだろう。

「困るってば、来週は私、サッカー部の応援あるのに」
「マネージャーは陸上部なんだからさ、こっちにくるのが当然じゃん?」

 ついこないだまでは部のエースであった山形昇はうっとおしい茶髪の髪をかき上げながら言う。

「だって、だって……」

 ――せっかくの彼の晴れ舞台にいけないなら、こんな部活やめてやる!

「わかったわかった。んじゃさ、ちょっとお願い聞いてよ。な、キャプテン、今回はいきなりっぽいし、いいだろ?」
「おい、山形、勝手なこと言うなよ」
「いいじゃん、俺と悟で準備すっからさ」
「……まあ、お前らがそれでいいんなら」

 片思いが始まってから何度も切り出そうとしていた言葉。それを今しがたもう一度飲み込み、予想外の希望に目を輝かせる。

「だってさ」

 しぶしぶ頷く達郎を追い出し、しまりのない笑顔を雅美に返す昇。

「あ、ありがとうございます。でも、お願いってなんですか?」
「あとでいうから、さ、練習練習!」

 パンパンと手を叩きながら部員をせかす昇を訝かしみながらも、もしかしたら応援にいけるかもしれないと、上機嫌な雅美だった。

**

「声だしていこー」

 トラックを走る部員たちに声援を送るのは六月ぶり。
 あのころはそれなりに一生懸命であった彼女をその気にさせるのは、来週のことがあるからこそ。
 部員たちの何人かは首をかしげながらも、彼女からタオルと水分を受け取っていた。

 ――んでも、いったいなんだろ。お願いって。山形先輩ってなんか変な感じのする人だし、チョイ苦手だしなあ。

 不安というほどではないが、気になる案件。
 というのも入部したてのころ、昇はなにかと話しかけてきて、何度もメールアドレスを聞いてきた。
 雅美としては彼のようないかつい男が好みでなく、また耳を隠すボリュームのある髪も、かきあげる仕草も好きではなかった。
 最初のころこそ先輩後輩の関係上、それなりの対応をしていたが、あまりに鬱陶しくなったので後藤を介して退部の意思を伝えたところ、表面上は収まった。

 ――っていうか、あのとき辞めておけばよかったのかも。

 退部の意向は後藤に留まるように頼まれたので仕方なく続けているが、もし次になにかあれば答えはひとつしかなく、それは昇も知るところ。

 ――ま、大丈夫でしょ。

 楽観的と思いつつ、雅美は部活が終わるのを待った。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/241-5ec49826

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析