FC2ブログ

目次一覧はこちら

逃げ出しタイッ……。_15

逃げ出したところで……。
 ――嫌だ、嫌だよ。もう、やだよ。どうして、私、ばっかり、なんで? 何か悪いことした? ただ、我慢したんだよ? 私、だって、怖いのに、嫌だった、気持ち悪かったのに、泣きたいのはこっちだよ。どうして、あんたたちは気持ちよい思いしたんでしょ? これからも黙ってれば、股ぐらいひらいたよ。なのに、どうして、みんなに教えるの? どうして? 学校行けないよ。恥ずかしくって。卑怯だ。私悪くないもん。なのに、私のほうが、悪者みたいで、みんなから、いじめられてるようなもんじゃない。これじゃあ、さらし者、やりまんとか、いわれて、レイプされたのに、なんで、よ。酷い。酷い、よ。誰か助けて。私、つらい。みんな、同情? 違う。そうじゃない。知らないでいてよ。私の屈辱、私の最悪な初体験、嫌な苦味とか、くさいものとか、全部、どうして、知っちゃうの? 助けてくれなくていいよ。もう、終わったことだしさ。けど、やっぱり、知られたくないよ。隠してたいのに、だから、お願い、隆一君、貴方に、だけは、けど、もう、きっと……



 ……さよなら。

 なのかな?

**

 家に帰ると誰も居なかった。今の時間帯ならまだ母も居るはずなのにと思いつつ、このほうが都合もよいと、ひとまず鍵を掛け直し、靴を手に持ち二階の自室に戻る。

 ここまでの全力疾走のせいで全身汗びっしょり。
 にもかかわらず、そのままベッドにダイブ。
 制服が皺になるのもお構いなし。
 どうせ二度と行かないと決めたのだし、使うこともない。

 ――なんか、眠いよ。

 空腹感はあるものの、精神的、肉体的疲労がそれを上回り、秋の肌寒さと布団の暖かさに誘われ、雅美は目を瞑った。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/256-9fd9f994

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析