FC2ブログ

目次一覧はこちら

逃げ出しタイッ……。_16

幸せな日々

「おはよう」
「あ、早苗……おはよ」
 廊下で知った声がしたので振り返ると、早苗が手を振ってやってくる。
 彼女は満面の笑みを浮かべて、どこか興奮した様子で雅美の手をとる。

「ねえ、昨日の試合すごかったね!」
「そうなの? 私見てないから」
「なに言ってるのよ。一緒に応援したじゃない!」
「一緒に? 応援?」

――*

 ――昨日の試合は、確か……、フェンス越し……、
 雅美が遠くで眺めていたら、アップをしていた隆一に見つかり、無理やり応援席に連れていかれた。
 部員たちはマネージャーでもない女子の手を引く隆一をからかうが、彼もまんざらではなく、聞き流すよりも「うらやましいだろ、わざわざ来てもらったんだぜ!」と挑発的なことを言う。

『やっほー雅美! もう、遅刻っていうか、どこ行ってたの? 携帯に何度も連絡したんだから!』
『え? 携帯』

 よく見ると、着信二回にメールが一件。どれも早苗からのもの。

『しかも隆一君にエスコートされて? もう、抜け駆けなんてずるいんだから……』
『ごめん』
『それよりさ、雅美、俺、今日の試合、必ず勝つからさ、マジで! 応援頼むな!』
『うん。うん』

 ――けど、私……? 何か、違うような? でも、何が? なにもないよ。だって、今日は休みだもん。どこで何をしていようが、勝手だもん。

『が、がんばれ! 隆一』

 ――あ、呼び捨てにした。

『ああ、勝つ!』

 またアップを始める隆一は去り際にガッツポーズをして、笑顔から真剣なまなざしになる。

 ――そうだ、今日は隆一君の試合の日だ。なにしてるんだろ。私。

『ね、やっぱり隆一君、雅美に気があるんだよ。あーん、いいなあ。あたしも好きだったのになあ』
『え? あ、うん』
『もう! あ、うん。じゃないでしょ? 罰として帰りにチョコパフェおごってね? 決まりだかんね!』
『え、ちょっとまってよ』
『いいじゃん、あんたはパフェよりもずっと甘いものあるんだしさ!』

 素直に祝福してくれる早苗。彼女はマネージャーに混ざり、荷物の移動を手伝っていた。だから、自分も、それに自然に、参加、したはず……。


 ハーフタイムを迎えて一対〇。負けている。
 山陽高校サッカー部はどこか連携が弱く、オフェンスが空回りしているように見えた。

 ――もしかして、隆一君のせい?

 前半を見る限り、隆一のスタンドプレーが目立ち、チャンスを何度かつぶしていたのが現実。

『ちくしょう、絶対いけると思ったのに』

 彼の実力は十分に認められている。普段なら全体を見渡せるプレイヤー。なのに、今日に限ってそれが発揮されていない。

『おい、リュウ。もっと肩の力抜けよ。彼女が見てるからってがんばりすぎ』

 二年生の先輩のたしなめの言葉に頷く隆一を目にして、雅美は自分が何かできないものかと悩んでしまう。
 もし、彼が本当に自分の前で格好をつけたいのであれば、おそらく後半戦もきっと同じ。
 かといって、試合を見ないなどという選択肢もない。

『隆一君。がんば!』

 そう声をかけるのが精一杯。

『なあ、雅美』
『何?』
『俺、試合に集中する』
『うん』
『もし、この試合勝ったら、さ……してもいい?』
『……うん』

 耳元でささやくやんちゃな彼。
 雅美はぽっと熱くなる気持ちを胸に、小さく頷く。
 これはもう二人の世界。

 きっと、他人の入り込めない世界なんだ。

 周りの部員たちの顔もぼやけ、隆一だけが、グラウンドに向かう彼だけが見えて、あとはもう……覚えていない。

――*

「でもさ、最後、すっごく惜しかったよね」
「う、うん。そうだね」

 試合は結局一対〇のまま終了。
 約束は果たせず、帰り道は早苗が気を遣ってくれてなのか、二人だけだった。
 何も話さず、ただ黙って下を見るだけの帰り道。
 けれど、もうすぐ家が見えるころ、彼が手を握ってくれた。

 それだけで幸せだと思えた。

「ね、隆一君と昨日なにはなしてたの?」
「え、秘密だよ。秘密」

 耳もとに息を吹きかけながら彼がくれた言葉。

 ……キス、してもいい?

 お預けになったものの、彼はきっと自分が好き。
 そう確信できただけでも、十分に満足だった。
 だけど、それは秘密にしたい。
 とにかく知られたくない?
 誰にも、絶対に。
 二人だけの秘密だから。
 早苗にも知られたくない。
 クラスメートに知られたくない。
 両親も、妹でも、絶対に、知られるわけにはいかない?
 こんなことが知られたら、きっと学校に行けなくなる……。
 どうして?
 当然だ。
 きっと皆、自分を哂い、なじり、辱め、好奇の視線を送り、たまに下卑た視線を送られる。

 だから、知られるわけにはいかない……。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/257-95722774

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析