FC2ブログ

目次一覧はこちら

逃げ出しタイッ……。_18

目を閉じれば……。

 最初、うらぶれていた山形昇に声をかけたのが田辺悟。

 強引に行為に及び、その様子を動画に納めれば……。

 少しずつ馴らしていけば、調教していけば、きっと自分から応じるようになる。

 きっかけを与えるだけだと偽り、篭絡した。
 達郎をそそのかしたのは、その場の思いつきで、彼女を絶望させれば反抗する気持ちを奪えると見越してのこと。
 その目論見は見事に当たり、昨日の日曜には、彼女の方から性器を見せ付けてきた。

 だが、誤算があるとすれば、達郎の中で育った罪悪感。

 それは被害者を救うものではなく、さらに絶望へと追い詰める行為でしかなかった。
 むしろ、巻き込まれたと言い張れる彼なら、彼の中だけでは自分を救う行為になったのかもしれない。
 また、罪を明らかにするという、たかがしれている結果を生んだだけ。

 彼らの父親は何度なく頭をたれるものの、雅美の心はここにあらず。彼女の父はいくらか落ち着いた様子だが、たまに眉間に皺を寄せると、すぐにでも爆発しそうなり、母がそっと寄り添い、それを慰めていた。

 そして、包まれた束。
 弁護士バッチをつけた清潔そうな男性が手渡してきた。
 相場はわからないが、過剰というほどでもない額。
 
 父は謝る前に金銭を包む田辺家に対し憤っていたが、雅美はそれに反対した。

 もう、そっとしておいてほしい。

 それだけ言うと、父はふるふると震え、何かいいたそうにしていたが、母に頭を下げた後、寝室に向かった。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/259-0365888e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析