FC2ブログ

目次一覧はこちら

修学旅行の夜に_5

修学旅行の夜に

「……んぅ、んくん! んくん!」

 声を押し殺すこともできず、びくびくと身体を痙攣させる加奈子。
 普段の一人遊びならそれほど激しくなることもない。だが、容赦ない男の指は愛液を纏い、膣内部を乱暴にかき回し始める。

「くぅうぅん……」

 子犬のような声を上げたあと、加奈子はシーツに噛み付き、布団にしがみつく。

 ……くちゅくちゅぬちゅぬちゅずちゅずちゅ……
 ……じゅっぽじゅっぽ……

 男の指はいつの間にか三本に増え、膣襞のでこぼこをくすぐるようになぶり始める。

「ふぅん……ふぅん……ぅ、うぅ、うっ……ん、ぅうぅ……。お願い、じらさないで……女の子も……苦しいの……ね、イジワルしないで、もっと……ちょう……だい?」

 いつの間にかお尻を上げる格好になる加奈子。もし尻尾があればパタパタと見境なく振っていたろう。涙をぽろぽろと零しながら、このまま上り詰めたいと願い始めていた……。

 しかし、指はすっと引き……、逆にショーツを穿かせようとしてくる。

「うそ、ずるいよ……、ここまでして、最後までしてくれないなんて……」

 撤退する彼の指に追いすがる加奈子だが、少し向こうで音がした。

「んぅ……おしっこ」

 恵美が起き上がり、眠そうに目をこすりながらトイレに行く。

 ――気付かれてた? なわけないよね……。え?

 そしてまた指がやってくる。今度はショーツの上から……。

「や、ちょっと恵美に気付かれたらどうするのよ……」

 加奈子の非難めいた声に差し出されるのは毛布。
 おそらくはこれを抱いて声を殺せということなのだろうけれど、彼女としては恵美が寝付いてから安全に遊びたい。

「ね、こんなところじゃなくて……二人になれるとこでしようよ……」

 完全に欲情してしまった加奈子は彼の手を引く。
 けれど、男はそれを払い、毛布を押し出す。

「わかったわよ……、その代わり、明日酷いからね……」

 声が漏れないようにぎゅっと掴み、顔を隠す。これなら多少漏れても、健一のいびきだと言いくるめることもできる。

「ん、んぅ、……ふぅんふぅん……ふくぅくぅん……」

 ふすまの向こうでは恵美が起きているというにも関わらず、加奈子は男の指遊びに夢中。
 布越しにさすられ、自分の出す淫らな汁の冷たさにもだえながら、加奈子は……。

「く、く、くぅ……くぅん……ひぅ、ひぅ…………」

 お尻をぴくぴくと震わせながら、絶頂に達した。
 シーツには唾液とよだれ、鼻水が染みをつくり、ショーツは股間の辺りがべとべとで気持ちが悪い。
 けれど、「健一」の意外な積極さと、愛撫による絶頂がそれをしばし忘れさせ、その疲労感からか、目を閉じるとすっと眠りにつけた……。

~~

「……ほら、男どもは起きて……」
「ん、んぅ?」

 朝方、携帯の時計はまだ五時を示しており、起床にはあと一時間半はあるはず。

「ほら、健一君も、涼君も起きて起きて……」

 そこでようやく昨日のことを思い出す。部屋交換をしていた孝美が帰ってきたのだと。

「ん、うん……ふぁ~あ、おはよ……孝美ちゃん」
「もう、おはようじゃないでしょ? 健一君もさっさとおきて……」

 恵美の向かいで寝ている男子を起こす孝美。呼ばれた男子は大きなあくびをしながら起き上がり、布団をぎゅっと掴んでいた加奈子に「おはよ」とやさしく微笑む。

「うん? お、おはよ……」

 加奈子もそれに応えるが、若干の違和感……。
 すると、自分の隣に寝ていた男子も起き上がり……。

「ふぁーあ、んじゃ行くか、健一……」

 ――涼君? なんで隣に? だって、涼君は端っこのはず……じゃ?

 加奈子は部屋を出る二人をじっと見つめながら、昨日の寝る前のことを思い出す。
 恵美の向かいで寝ていたのは健一で、自分の布団にもぐりこんできたのは……?
 そして、また……ショーツが冷たくなるのを感じる。
 なのに、熱い……。

 どうしてか?

 それは昨日のことを思い出してのこと……。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/276-08f1f398

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析