FC2ブログ

目次一覧はこちら

修学旅行の夜に_14

「二人一緒に遅れたら健一もおかしいと思うよ」
「そんなの、ごまかせばいいよ……」
「だめだめ、嫉妬されるって……。アイツ意外と根に持つタイプだし」
「だって……」
「それじゃさ……、すぐに気持ちよくなれることしようよ?」
「そう? そう……、な、なんでもいいわ! とにかく、この苦しさを何とかしてよ! 気が狂いそうなの!」
「ふふ、加奈子ちゃんは思ったよりエッチな子だね……、それじゃ、遠慮なく……」

 指が二本、加奈子の体内を探る。

「ひぃ!」
「んぅ? やっぱりやめる?」
「んーん、続けて……、今更止めるなんてありえないわ」

 半眼で前を見つめる加奈子。
 壁の隙間からは抱き合って動かない二人が見え、胸の中のやきもきした気持ちを強くさせる。

「どうしたのよ……、もしかして涼君の方こそこわくなったんでしょ?」
「んーん、ただ、ちょっと、濡れ具合と……アレを調べてた……加奈子ちゃん、男知ってるかなと思って……」

 涼は加奈子の口を塞ぐと、亀頭の先端をまだ男を知らない秘唇にあてがい、その筋に沿わせてゆっくりと動かす。

「ん、んぅ~、んー、んー!」

 苦しそうにうめく加奈子は、背筋を走り回る快楽に目を白黒させる。

「素股だっけ? 加奈子ちゃんの太もも気持ちいいよ」

 スカートの下ではぬちゅぬちゅと淫らな音がおこり、彼が前後するたびに繰り返される。

「あんあんぁんぁんあんあんあぁん! くぅはぁ……あひぅ、んはぁぅ……きゃぅん!」

 胸をもまれ、ブラウスの第二ボタン、第三ボタンを解かれて忍び込まれる。

「加奈子ちゃん、なんか、もう、入ってるみたいだね……」

 スカートを巻くしあげ、密着しあう部分をあらわにした涼は、加奈子の表情を伺い、少し笑う。

「ねぇ、いれちゃおっか? そのほうが気持ちいいよ?」
「入れたりなんか……しないもん……」

 彼のそれがヴァギナをめくり、満腔の内側を少しこするたびに、気持ちが揺らぐ。
 雄々しくなった熱いもの。もしこれで内側をかき回されたら?

 わからない。

 処女の自分にはわからない。

 けれど、先っぽが触れてくれるだけでここまで気持ちよくなれるのなら、このまま踏み出してしまうのも手。
 イジワルな涼がにゅぽんと陰茎を太ももから抜くが、どんなに太ももに力を込めても彼のモノはにゅるりと隙間に入りこむ。
 指三本入れるにはきつい自分のモノでも、もしかしたら彼を受け入れて大人の階段を上れるのかもしれない。

 ……ともゃぁ……
 ……たかみぃ……
 ……ぁぃしてるぅ……
 ……ぉれだってぇ……

 壁の向こうではひと段落ついたらしく、二人は便器の上で抱き合い、たまにぶるっと震えていた。

 ――孝美たち、終わったんだ……。わたしも……、んー……。

「んぅ、あぅん、くふぅうん……はぁ……っ! はぁ、はぁ……あ、あぁん……やぁ、すごいの、きちゃう……、でも…………やだ、だめなの。かん……じちゃう……けど、ね、やっぱだめだよ。もうおわろう? エッチなこと、早く終わろうよ……」

 嬌声を腕で抑えながら彼をちらりと見上げる。
 興奮した涼の鼻息は荒く、目はこれでもかというぐらいに開かれ、少し怖い。

「終わろう? いいよ。俺もっ、もう少しだ、し、加奈子ちゃん、俺と一緒に……いっしょに!」

 彼は右手を密着部分に移動させ、加奈子の秘裂に押し当て始め……、

「いや、だめだってば! だめ。絶対だめ。だってわたし、処女なんだよ?」
「だって、俺我慢できないよ……、加奈子ちゃんだってそうだろ?」

 耳を触り、ふっと息を吹きかける涼にたじろぐ加奈子。
 性行為の先が知りたいのは彼女も同じ。
 同級生たちの言うような、自慰とは比べ物にならない快感が知りたい。
 そして、「女の子」と哂われたくない。
 それなら今がチャンス。
 カレシは奥手で、しかもカノジョを置いてどこかへいってしまうような男。
 だから……、

「だめなの! わたし、健一のカノジョだから……だめなの……だめなんだってばぁ……」

 涼の胸板をさすりながら涙ながらに訴える加奈子。
 それでも彼を挟む太ももはもじもじとソレをなぶり、互いに満たしあう。

「ふぅ、加奈子ちゃんは卑怯な子だね。健一のこと、今更言うなんて……。彼氏がいるのに俺とこんなことしてさ……」

 涼はそういいつつも無理やり求めるようなことはせず、彼女のお尻を持ち上げるようにして素股を激しくさせる。

「いや、言わないでよ、そん、なぁん、こぉ、とっ! だって、しょう、が、ないぃん! じゃ、ない……、涼君が、無理……や、り、し、たんっ! だっ、かっ、らっ!」

 加奈子は足を交差させ、より強く彼のものを挟みこみ、割れ目をこすり付ける。

「加奈子ちゃん、俺、もう……やばい……かも」
「やばい? そう……、でも、わたしも……やばい……かも」
「嬉しいよ、加奈子ちゃんとこんなことできて……、本当はいれたいけど、でも、健一に譲るよ……けど、今は俺と……!」
「涼君……わたしは……」

 あくまでも涼に求められたからであって、自分からではない。
 確かに彼を拒まなかったが、それは目の前の行為にのまれてのこと。
 普段の自分ならひっぱたいてでも拒否できる。

 ……いや、ひっぱたかれるかもしれない。

 年頃の男子、それも同級生の性行為を見て興奮している男になりかけのイキモノ。
 少年法をたてにとり、犯罪まがいのことも平気でこなすかもしれない。
 そうなればどこからか自称人権派の弁護士が現れ、声高に少年の更生を叫ぶだろう。
 それに同調するのは荒立てたくない教師たち。
 自分の味方をするものなどいない。

 だから……、

「あ、だめ、いく、いきそ、なんかすごいのくる。くるかも……、い、いっくぅ~~~…………くぅ……」
「加奈子ちゃん、かなこちゃん!!! ぐぅ!!」

 擦り合うたびに背伸びを繰り返していた二人は最後の大波に背筋をピンと立たせ、大きく息を吐くと同時によろよろと崩れあった。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/287-48c3296c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析