FC2ブログ

目次一覧はこちら

私の咎_06

「私も働こうかしら……」

 夕食の後片付けをしながら、奈津美は居間で晩酌を楽しむ夫に話しかける。

「え? どうして?」
「だってぇ……」

 食器の乾燥は後回し。ひとまずエプロンで手を拭いて夫が空けようとしている缶ビールを奪う。

「ああ、僕の楽しみが」
「秋雄の塾よ」

 缶にすがり付こうとする夫を制し、代わりにお茶を淹れる。

「秋雄の塾って、まだ小学生だぞ?」
「小学生っていってももう五年生よ? 来年は中学受験もあるし」
「受験したいのか? 秋雄」
「そりゃあの子はしたいなんていわないわよ。けど、勉強をする習慣をつけさせるっていうか、そのためには塾がいいと思うのよ」
「でも、それと君が働くのと、どういう関係が?」

 ビールをあきらめた夫は熱い番茶をすする。

「いい? 中学校なんて三年、あっという間よ。そしたら高校受験で、その三年後は大学受験。地元の大学なら良いけど、よそに行くことになったらどうするの?」
「ん~それもそうか~」
「あなたがいくらビールを減らしてくれても……」
「でも、今月は結構働いたし……、少しぐらい」

 性懲りもなく右手を伸ばすも、妻の左手がそれを払う。

「とにかくっ! 私も家計に協力したいのよ。あなたのがんばりはわかるけど、でも、それだけじゃあ……」

 思いつめた様子で俯く奈津美に英明もしらふに戻る。彼は険しい顔で頷くと、すくっと正座をしなおし、

「わかった。息子のためだ。奈津美にも苦労をかけるが、僕はそれ以上にがんばるよ」
「あなた」
「奈津美」

 分かり合えた二人は目を輝かして見つめあい、そしてどちらともなく寄り添う。

「なあ、奈津美、ビールは我慢するから……」
「うん。い・い・よ」

 あとは息子が眠るのを待つだけ……。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/313-4b5e8020

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析