FC2ブログ

目次一覧はこちら

私の咎_12

「はぁはぁ……、私は、前から奈津美さんのことが……」
「いやぁ、はなしてぇ……、こんなこと……、やめてください……」

 狭い車内で絡み合う男女。
 シートベルトに上半身を抑えられた格好の奈津美は両足をばたつかせ、なんとか博を押し返そうと腕を振るうが、手首を捕まれてしまえば、それもできない。
 しかし、博は……、

「胸、大きいですね……、子供生むと大きくなるんですか?」

 顔だけあれば十分に奈津美を辱められる。
 博はニットのセーターに包まれた彼女の胸に顔をうずめ、深いため息をつく。

「はぁ……、汗の臭い……しますね」
「当たり前でしょ、さっきまで働いてたんだから……、ね、店長、ふざけないで……」
「ふざけてなんかいませんよ……」
「だって、だって、私はもう三十よ。おばさんなんだから……そんなことされても……」
「奈津美さん、ウソはいけない……」
「ウソなんか……」

 ついている。

 気持ちにはない。

 が、

 身体にウソをついている。



 夫が恋しい。
 人肌が恋しい。
 社会に戻ったら、今度は女としての満足が欲しくなった。
 もちろん、不倫をしたいわけではない。
 あくまでも、愛する夫ともう一度幸せな瞬間を分かち合いたいだけ。

 ――この前は、途中までだっけ……。

 酔っ払った夫のそれはうまく機能してくれず、少しのむず痒い幸せと物足りなさを置いて去っていった。
 それでも良かった。
 夫が幸せになれたのであれば、まだ自分には女としての魅力があると無理に納得できるから。

 けれど、

「あむ、はむ……はちゅ……、じゅるじゅる……ちゅうぅ……、ちゅ、ちゅぅ……ぺろ……」

 身動きが出来ないことを理由に、今の奈津美は博にされるがままだった。
 制服に合わせた黒の綿パンを脱がすなんて造作もない。その奥にあるショーツは一日の汗を吸ってそれなりの臭いになっているはず。
 にも関わらず、彼は遠慮なく脱がし、そしてキスをしてきた。

 夫以外の男にされるのは初めてのこと。
 断じて許されない行為なのだが、先ほどがぶ飲みしたワインが今更回ってきたのだということにして、抵抗もおざなりにしていた。

「いや、そんなところなめちゃ……汚いです……」

 胸元をまさぐられるたびに身体がざわざわとさざめく。
 乳首をニット越しに触れると、するんと滑り、ぴりっとした快感を伴う痛みに「ふぅん」と子供じみた悲鳴を上げてしまう。

「汚いなら……へろっ、綺麗にしてあげます……ちゅ、ぺろ……」

 うねうねと動く舌が大陰唇をなぶり、その刺激でこぼれる蜜をちゅちゅうと啜る。
 そして人差し指が膣の入り口をくにくにと押し撫で、緩い快感をくれる。

「うぅ……あぁん……」

 半端な刺激と束縛でじらされる。
 最近の性的欲求不満が煽られ、理性もアルコールのせいで緩くなっている面がある。

「どうしたんです? なんか声が色っぽいですよ……?」

 余裕をもった博の声。

「そんな……こと……うふぅん……ないです……」

 媚びるような奈津美の声。

 勝ち負けは明白。
 そう確信した博は小指をぐいと奈津美の膣に差し入れ、もぞもぞとほじくる。

「あん、やぁん! あ、だめ、だめです、そんなことされたら……」

 細くて短いものとはいえ、他人にされることが快感。
 自分より若い男に求められ、たとえウソとわかっていても「美しい」と褒められのが嬉しかった。

 だが……、

「私には夫がいるんです。やめてください!」

 愛する夫が待っている。
 確たる倫理観が、堕ちゆく気持ちを引き止める。




 けれど……、

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/319-2750d22d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析