FC2ブログ

目次一覧はこちら

私の咎_22

「もう、坂入さんも木ノ内さんもサボらないで……。それと、倉庫は雑談場所じゃないんですからね……」
「はーい」
「へーい」
 就業時間にもかかわらず事務所で駄弁に勤しんでいた二人を叱る博は、頼りない店長。
 一向に減らない在庫と今月の売り上げ実績を見てため息をつく姿は、年齢以上の哀愁を見せる。

「あの、店長……」
「あ、奈津美さん……。どうかしましたか?」

 それでも奈津美の声を聞くと機嫌の良さそうな声を返してくる。
 爽やかで頼りなげで、どことなく母性本能を擽るマスク。
 性交渉には少々クセがあるものの、求める様は精悍なものだった。

「お話がありまして……」

 彼とは極力目を合わせてはいけない。
 心を許した覚えはないが、身体の、良い部分を知られている。
 胸を下からもみあげられるとゾクゾクして呻いてしまう。同時に首筋を舐められると我慢ができずに唸る自分。
 年下の男に身体を弄ばれる快感に堕ちるのを、奈津美は怖れていた……。

「なにかな?」
「車に乗せてくれませんか……」
「え?」

 驚きと嬉しさの混ざった複雑な表情の博は取るもの投げ出す勢いで奈津美に駆け寄る。

「指輪をなくしたみたいなんで……」

 あくまでも理由があってのこと。

「指輪? ……あぁ、なるほど……。でも、ホテルかもしれませんよ?」

 博は奈津美の隣に行くと、その肩にそっと手を置き、横顔を舐めるように見る。

「そんな……」

 その視線に耐えるのは辛い。
 けれど、なににどう辛いのかは……、理解したくない。

「しょうがないなぁ……。それじゃあ今日一緒にいきましょうか?」
「いえ、それは……」
「だって、僕一人でホテルにいっても分からないじゃないですか?」
「それはそうですけど、でも私には夫と子供がいます。だから、もう……」
「ええ、それなら一緒にいくだけで……」
「……行くだけなら……」

 笑顔の先にあるのは果たして……?

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/330-f4858b01

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析