FC2ブログ

目次一覧はこちら

私の咎_24

 パートのときに穿いている白の綿パンに手をかけたとき、彼は背後から抱きついてきた。
「奈津美さん……、奈津美さん!」
「あん、ちょっと、まっ、そんなに……激しくされちゃぁ……あぁん!」

 強くもまれると困る。
 もともと出の良い乳のせいでブラがジュンと湿ってしまう。

「奈津美さんのオッパイ呑むの……これが最後か……」

 ブラはホックを外されると、ハラリと床に落ちる。奈津美はソレを拾う素振りもなく、生乳を彼に揉ませていた。

「んぅ、本当に、はぅ……、これで最後にしてくれますの?」
「うん……、そんなに僕って信用ない?」
「だって、いつも、そんなこといって、私を脅迫してきたじゃないですかぁ……」

 ベッドに投げ出されて腕をねじ上げられる格好の奈津美は恨めしそうに彼を見る。博はそれに薄ら笑いを返して、あらわになっている脇の下をへろりと舐める。

「いやん、そんなとこ舐めないで……」
「んーん、今回はホント……。もう奈津美さんのこと……、手放さないといけないんだ……」

「う、うぅん……あはぁ……」

 普段と明らかに違う様子の博。
 いつものような表面をなぞる程度の行為ではない。

「やぁん、そんなに……キス、されちゃぁ……、痕が残ります……」

 鎖骨に歯を立て、ちゅうちゅうと吸われると、奈津美の健康的な肌にも赤い丸がちょんと浮かび上がる。

「だって、これしか……ちゅっ……。俺の残せないんだもん……」
「残さないで……、あん、だめぇ……、夫に、夫にばれるからぁ」

 綿パンを脱がされ、ショーツをびりりと脱がされる。
 安物とはいえ、最近買ったばかりのものを破かれるのは辛い。当然のことながら着替えなどなく、帰りもこの頼りないものを着なければならないと思うと憂鬱になる。

 けれど、

「あ…………っ、あぁ……」

 愛撫も無しに挿入されるのは辛い。
 ――彼のを一度舐めてあげたい。そうすればもっと楽に受け入れられるのに……? 違う。そう、すぐに終われるのよ。そのほうがいいのに……。

「奈津美さんのここ、処女みたいにきつくって、すごく、イィ!!」

 勝手を呟く博は自身の先端から少しずつ我慢汁を滲ませ、緩慢な腰の前後運動を揺るやかに、滑らかにさせていく。

「あっ、あっ、あぁん! あん! あん! あん!あん!」

 ……パンッ! パンッ! パンッ! パンッ! ……

「ふんっ! ふんっ! ふんっ! ふんっ! ふんっ!」

 腰を打ちつける音と奈津美の喘ぎ声、博の力む声が重なる。
 奈津美は顔面を布団につっぷさせるが、安物のベッドの固いスプリングは鈍くぎしぎしというだけで、男根はお構い無しに彼女の意識を快楽へと押しやる。

「だ、だめぇ……、激しすぎ……、博さん、こんな、すご、だって! あぁん……あなた、ごめんなさい……、わたし……わたし、また……またいってしまいますぅぅ!!」

 シーツをきゅっと掴み、脇もしめる。

「うぅ、奈津美さん、しめすぎ!!」
「いや、お願い、外に出して!」

 最後の倫理感を振り絞って彼から逃れるも、勢いよく空中に吐き出された白い液体は放物線を描いて……、

 ――あ、手に……、かかった……。

 彼女の左手の薬指を汚すそれは、いみじくも性を縛るリングに見えたかもしれない。

「奈津美さん、もう一度……、いいでしょ?」
「……これを、本当に最後にシテクレルなら……」

 ぼんやりした目で淫らなリングを見つめる奈津美の身体に、再び甘い振動が訪れると彼女は「ふぅん」と呻いていた……。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/332-32bf7b25

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析