FC2ブログ

目次一覧はこちら

01_前編

喪服の女

 薄暗い店内。ブラックミュージックはオーナーの趣味。
 グラス磨きは毎日の日課。
 そこが私の仕事場、バー「レミングス」だ。
 ――さっきも見たんです……。

 そのお客さんはカウンターの席について水割りの一杯を半分飲んだあと、そう切り出した。
 白のワイシャツに紫の柄ネクタイ、くたびれたグレーのスラックス。
 一見すると背広組だが、椅子に置かれたリュックとウインドブレーカーからはそう見えない。
 表情はというと、薄暗い店内でもわかるぐらいに辛気臭く、ただ疲れている様子。

「へぇ、珍しいですね、お客さんの方から話しかけてくるなんて……」
「誰かに聞いてほしくて……」

 このお客さんが店に初めてきたのは確か三ヶ月前。
 それからは隔週程度に来ており、頼み方はお決まりでいつもウイスキーのロック、揚げ物、水割り、お勘定の順番。

 出会いを求めてというわけでもなく、寂しさを紛らわせてというわけでもなく、飲んで食べて帰るだけの置物のようなお客さんだ。

 他にお客がいないとき、私も暇つぶしに声を掛ける。
 いわゆるバーテンの『営業』という奴だ。

 ――お仕事の帰りですか?
 ――ええ、まあ。
 ――ウイスキーが好きなんですね?
 ――香りが好きでして。
 ――普段はどういうものを?
 ――普段はブラックニッカですけど、最近はアイリッシュウイスキーを少し。
 ――スコッチ系がお好きですか? はは、ウチはバーボンの方が多いですからね。
 ――バーボンは乱暴だから。

 何を聞いても二言三言返して視線をグラスに落とす。
 結局、酒好きということ以外はわからない。

 それでも、何か問題を起こすわけでもリバースをするわけでもないと、特に気にかけることもなかった。

「……交差点に、居たんですよ」
「へえ、何がです?」

 男の話にそれほど興味もない私は相槌をうつふりをしながらグラスを磨く。

 表面を拭いたら布巾の上にさかさまに置き、自然に乾燥するのを待つ。
 バイトの子が面倒くさがって内側まで布巾を入れてしまうのが最近の悩みの種。
 今日もグラスの中に糸くずがあり、今ようやく全て洗い直したところだ。

「ワンピースっていうんですかね、あの、なんかよく葬式とかで女の人が着てるのあるじゃないですか、上に何か羽織るやつ」
「葬式で……」

 しばし頭をひねる。ワンピースと上に羽織るもの……。

「アンサンブルですか?」
「そうそう、それ」

 アンサンブルの喪服。
 確かに見ないが、それは私が男だから。
 女性なら一着ぐらいあったとして当たり前。

 ただ……、

「どうして交差点に居たんでしょうね?」

 私も少し、本当に少しだけ気になった。

「どうしてでしょうね」

 そういってグラスに視線を落とす。
 こうなるとしばらくはだんまり。
 彼のいつものパターン。
 だから私もグラス磨きに戻る。

「……交差点の中央にいたんです。横断歩道とかないんですよ」
「へえ、それじゃあ非番の婦警が喪服で交通整理でもしてたんですかね?」

 今日はよくしゃべる彼に、私もちょっと冗談めかしに言い、含み笑いをする。
 たいていのお客、空気の読める人ならば一緒に笑い、そして会話のキャッチボールが始まる。

「それならいいんだか……」

 しかし、男は不安な方向へとボールを返す。

「その女、なんか色白っていうか青ざめてて、なのに唇だけやけに赤くて……」
「美人でしたか?」
「いや、顔は見えなかった。けど、最近よく見かけるんだ」

 ようは交差点の中央に立つ喪服の不審者。
 年の瀬になればそういう人も増えるという統計もあるらしいが、もしかしたらこのお客さんも日ごろの激務に……をやられているのかもしれない。

「最初、先輩から聞かされたんだ」
「……ああ、その女性のことですか?」

 この男と会話が成り立ちにくいのは、おそらく話の組み立てかたが下手だからだろう。
 話したいが、伝わらない。
 こういう人はたまにいるが、静かな客という印象は改めるべきかもしれない。

「先輩がさ、最近になって喪服女を見るって……」
「それで、お客さんも見るようになったと?」
「ああ、そうなんだ」

 まさか怪談の類とでもいうのだろうか?
 そうだとしても、話が断片的で全体が掴めない。

「なんだろうな……、すいません、アーリータイムズ、水割りで……」
「あ、はい。……そういえば最近スコッチウイスキーを仕入れたんです。ボウモアというんですが、試してみませんか?」
「ボウモア? そうですね、なら……ロックでお願いします」

 ボウモア。
 本当は私のプライベートで用意していたのだが、癖の強い香りにどうも呑む気になれない。
 ロックグラスに氷を適量。マドラーでかき回し表面を少し溶かす。
 グラスの底によりやや上、平行に人差し指……、いや、中指も並べてゆっくりと注ぐ。
 サービスといえばそうなるが、ちょうどよい廃品処理。
 それに、おきまりのパターンだと彼は水割りを最後に、勘定を済ませてしまう。それではこの話のオチにたどり着けずじまい。
 それは気持ちが悪いというか、しっくりこない。

「どうぞ、ボウモアのロックです」
「へー、すごい香りだね」

 だから、引き止めることにした。

「で、その女性を今日も見たんですよね? 先ほどですよね? いったいどこで?」

 ピート樽の芳醇な香りに咽るお客さんを前に、私は話を聞きだそうと掘り下げやすいように言葉を選ぶ。

「ああ、この店を過ぎる頃だったんだ。家に帰る途中だったんだけど、少しさきの自販機あるじゃない?」
「ええ、ありますね」
「そこにも居たんだ」
「それで怖くなってうちに引き返したと」
「はは、面目ない。もしかしたら連れてきたかもしれないな」
「ご新規一名追加ですか?」

 私が笑うと、今度は彼も笑ってくれた。

「なにやら面白そうですね、詳しく聞かせてもらえますか?」
「いいかい?」
「ええ、胸にしまっておくと他のものが入りませんよ?」
「そうかい、それじゃあ……、

~~

 仕事の帰り、先輩があまりにもその喪服の女に怯えていたので「自分がお供します。もし変な奴がいたら自分がふんじばりますから!」と申し出た。

 本当のところ、そんなの先輩の見間違いか、喪服自体目立つ格好だからたまたま目に留まっただけとしか考えていなかった。

 もともと自分は恐怖に鈍い性格。
 ホラー映画やその類を見たところで何を感じることもなく、グロテスクな事故の写真を見ながらナポリタンを啜れる。

 たかが喪服の女の一人、怯えるはずがない。そう思っていたんだ……。



 駅に向かう大通りで、急に先輩が立ち止まった。

 ――ほら、そこ、右、いるだろ? アレだよ、あの女だよ。

 先輩は俺の背後に隠れ、指をさすのも怖いのか震えながら視線をアスファルトに落としていた。

 ――ええ、いますね。でも……普通の……、

 普通?
 いや違う。
 格好こそ礼服の類だが、遠くからもはっきりわかる青白い顔色。いやに映える赤いルージュ。
 すれ違うはずの人は誰一人として彼女を見ようとしない。
 そして、それは彼女も同じ。

 尋常ではない。

 なぜかそう確信できた。

 ――先輩、落ち着いてください。いいですか、気づかれないように通り過ぎましょう。着いてきてください。

 女のほうを意識しないように、それでも視線の端に彼女を捉える。
 先ほどから誰も彼女とすれ違うことがない。
 自分は不注意から何度か行き交う人と肩をぶつけているというのにだ。

 ――やはり……なのか?

 口に出せばそれが妙なリアルを持ちそうで怖かった。

 ただ黙々と歩く。
 視界の端から女が消えても、それでも注意は右、右後方と隙なく、油断なく……。

 一分もかからないはずの横断歩道を渡りきったのは信号が赤に変わる頃。
 周囲をうかがうも帰り道を急ぐ人ばかり。
 もう心配ない。

 知らないうちに鼓動が激しくなり、息苦しくなっていたことに気付く。

 ……そうだ、先輩は?

 私は背後に感じなくなっていた先輩を思い出し、振り向こうとした。

 ――振り向くな!

 今まさに振り向こうとしたとき、先輩の悲鳴のような声が聞こえた。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/428-695aa9a4

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析