FC2ブログ

目次一覧はこちら

05_後編

 どんな奴かって?
 へへ、そうこなくっちゃな。
 ああ、教えてやってもいいぞ……、ただまあ、それなりのなぁ? 分かってるだろ?

 ………………。

 悪いね。催促したみたいでさ。
 まあ、なんだ。こういう能力ってさ、使えるようでつかえないんだよ。
 競馬とかそういうので当たってくれたらいいけどさ、やっぱり俺の生活リズムに合わせてのことだろ?
 普段からやらないことだと、やっぱ予想できないっぽいんだよ。
 それならそういうところに行けばいいだけのことなんだけど、あいにく休みがなくってさ。
 あんまりいいもんじゃないんだよ。

 ……ん? ああ、わかってるって。
 そんじゃ言うぜ……。
 そう、そいつはさ……、

 あ、その前にいいか?
 実はさ、最近その夢ばっかりみるんだ。

 その夢? ああ、だから、その通り魔事件のことばっかりさ。
 何度も見るからほんと嫌になるよ。
 まあ、そのおかげで犯人逮捕の糸口がつかめるってもんだわな。

 じゃあ言うぜ。
 そいつなんだけどさ、結構がっしりしてるんだ。

 んで、そう、あんたみたいなオシャレな眼鏡してるんだよ。
 それに、右手に腕時計してたっけ。
 あと、ボタン。掛け違ってた。
 それから、上着。そのねずみ色の奴なんかそっくりだ。

 はは、怖い顔するなよ。
 本当にそうなんだって。

 え? そいつは捕まったかって? ああ、皆に取り押さえられてた。
 うん。御用だよ。

 ふふ、まあ、年貢の納め時って奴じゃねえの?

 俺の予知夢ってのは、外れないんだよ。残念ながらさ。
 だから、そいつ、多分捕まるよ。
 だって俺、見たんだし。
 まあ、そいつがいたとしても、観念するべきじゃねーかな。

 なあ、ここまで言ってんだから分かるよな?

 そのコートの内側に隠したもん出せよ……!



 いや、悪かったよ。
 あんたがあんまりに夢の中の奴と似てたからさ。
 ホント悪かったよ。

 ……ここ、俺が払っとくよ。
 んでも、本当に見たんだけどな……。

 つか、アンタそっくりな服着てたし、ちょい気をつけたほうがいいぜ?
 そんじゃ、俺はもういくよ。

 ……あ、これもらっていいの? 悪いな。
 なんか犯人とか疑って、しかも金までもらっちまってさ……。
 まあ、そいつが捕まったときの写真とかでさ、俺がいったこと嘘じゃないってわかるから、楽しみに待ってなよ。

 そんじゃな……。

 ………………、

 ………………、

 ………………、

~~

 はい、その人が出て行ったあと、いきなり悲鳴が聞こえてきたんです。
 それで私が後を追うと、犯人らしき男を見つけたんです。
 私は無我夢中でその男の腕にしがみ付いて凶器となるナイフを奪いました。

 そういえば、その男性はどうしたんです? あの、刺された人。

 はい、はい、亡くなったんですか……。
 あ、私ですか? いや、特に知り合いというわけではなく、その、取材をしていただけで……、ええ、その、夢がどうのとか……。
 そういえば、犯人の服装なんですけど、ボタンは……?

 あ、いえ、そんな大したことじゃないんですけど、ちょっと気になって……。

 そう、掛け違っていたんですか……。

もう見ない 完

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/436-ac22e954

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析