FC2ブログ

目次一覧はこちら

僕らの関係 クリスマス

クリスマス

 年の瀬が近づくと教室が急に色気づき始める。
 学園祭の頃からその兆候はあったが、クリスマス、初日の出と、イベントに事欠くことなく、出来立てほやほやのカップルを後押しした。
「ねぇねぇユカリン。今年はどうする? 里奈、ケーキ作ろうか?」
「おいおい、また予算オーバーとかするなよ? 今年こそチキン食うんだから」
「ケーキはアイスのでもいいんじゃない? このサンタさんの可愛いし」
 幸太を中心に女子三人が取り囲む様子はまさにハーレムだ。もっとも教室の男女比から見れば、若干率が下がる。
「ね、でもどこでするの? 僕の家は父さんも母さんもいるし、たまの休みぐらいゆっくりさせたいよ」
「なんだコウ、弟か妹でも欲しいのか?」
「ちょっと恵、ふざけないでよ」
「んでも、里奈んちもそうだよ。えへへ、コータみたいな弟なら欲しいけどね」
「もう、りっちゃんまで」
 意味深に笑う里奈に眉をひそめるも、肝心の会場が決まらない。恵の家はあまり台所設備が良くないので、必然的に由香の家になるが……。
「私の家でする? えっと、イブはだめだけど、二十五日なら何とかなるかな」
「そうなの? んでも、その日、先輩と遊ぶ約束あるし……」
「里奈も部活の皆とカラオケするし……」
「え、そうなの。困ったなあ……じゃあ、別な日は?」
「それじゃあクリスマス会にならないよ。あーあ、今年は皆で過ごせないんだ……。ちょい、寂しいな」
 里奈は感慨ぶかそうにため息をつくと、恵はしょげる級友の肩をぽんぽんと叩いて慰める。
「しょうがないよ。それならさ、大晦日にでも集まろうよ。僕、おいしい手打ちそば作ってあげるよ。そんでさ、そのあと初詣」
「うん。それがいいかもね……」
「そうか? まあ、あたしはチキンが食べたいけど」
「大丈夫。クリスマス過ぎた頃に安いの仕入れて冷凍しとくから、あ、かも南蛮もいいかな?」
「お、それいいね」
 小気味よく指をならし、童顔の髪をくしゃくしゃと撫でる。そして今から絶妙に味付けされたカモの歯ごたえのある肉を想像し、舌なめずりをする。
「そうね。それじゃあ今年は年の瀬カウントダウンとしましょ!」
 由香はぽんと手を叩き、場所と予算を計算するためにノートを開き、メインシェフである幸太に鳥の値段、そば粉、想定時間などを細かく聞き始める。
 それを尻目に数字が苦手な里奈と恵は電卓を弾く彼女にまかせ、すごすごと教室を去っていく。
「ね、それからさ……」
 二人がいなくなるも、教室にはまだ生徒がちらほら残っている。彼女は何故か声を潜めだし、代わりにペンをすらすらと走らせた。
 ――クリスマスプレゼント、何が良い?
 ペンをわたされたので、幸太も適当に思いついたものを書く。
 ――大きなまな板。
 由香は笑いながらも、それに線を引く。
 ――もっといいの無い?
 ――研ぎ石かな?
 ――真面目に答えてよ。
 ――だって便利だよ。
 ――例えばさ……。
 走るペンは人形を描き、頭には大きなリボンが加えられる。隣に栗頭の人形を書かれ、その股間の辺りに卑猥な棒を書かれたとき、幸太も思い当たる。
 ――あった。欲しいの。
 ――何?
 ――由香ちゃん。
 ――クリスマス、二人で過ごそうか?
 ――うん。
 二人はペンを置き、教室に誰もいないのを確認してから、軽くキスをした。

***―――***

 最近はしていない。
 だからする。
 一人で。
 あの日のペッティング以降、彼を避けていた。
 もし次に咥えたら、そのまま股を開いてしまいそうで怖かったから。
 幸太の背後に何か不審を感じるも、まだ幼さを残す表情からはそれが想像できない。しかし、快楽にいたる方法を実践した身体は、暇さえあれば指でもペンでも幸太に見立てて女の部分を刺激してしまう。
 ――こんなことなら、あの日されちゃえば良かった。
 太目のペンをゴムにつつみ、秘裂に入れる。冷たく角ばったそれは幸太を感じさせず、反射としての乏しい快感をくれるだけだ。
 ぬちゅりと音がするたびに息を荒げ、背筋を走る電気に虚しさを感じる。
 彼の匂いが足りない。彼の温かさが足りない。彼の愛情が足りない。
 だが、それもクリスマスまでの辛抱。彼に初めてを捧げ、愛を睦み合えばきっと……。
 彼女はそのために嘘をついた。
 本当はクリスマスイブの日から両親がいない。
 事前にチア部、バスケ部の友人にリサーチをしていた彼女は、里奈と恵の都合の悪い日を知っていたのだ。
 二人に邪魔をされないため。ただそれだけのために、十六年築いてきた友情に陰を落とす。
 ――負けない。
 里奈の言葉がきっかけだった。
 彼女が幸太を好きだと知ったのは最近だ。もしかしたら既にキスぐらい、と想像する彼女は焦っていた。しかし、踏み込めずにいたのは、彼女の少女趣味ゆえ。初めてのキスを欲情に煽られた幸太に奪われてしまったのは、嬉しくもあり、せつなくもあった。
 処女はもっと大事に散らせたい。
 たかが日付に惑わされる自分を哂いつつ、彼女は彼に見立てたペンを奥に差込、一人虚しくわなないた……。

***―――***

「それじゃあいってくるわね。由香、お留守番、お願いね……」
 由香の母、相川瞳はいつまでたっても治らない心配性からか、小学生に対する託のように告げる。
「もう、子供じゃないってば……」
「ごめんごめん。それじゃあ行ってきます」
「いってらっしゃい」
 由香は扉が閉まるまでの数秒の間、学園祭で身につけた営業スマイルをする。
 がちゃりととが締まると、それを合図に走り出す。まずは自分の部屋。
 太陽で黄色く黄ばんだ元は白のカーテンをはずすと、代わりにレースと赤い情熱的なカーテンに挿げ替え、布団も客用の羽毛布団にする。床はちり一つ残らぬよう、掃除機をかけた後、ころころも行う。
 勉強机は花でも生けようかとおもうも、縁起が悪いのでやめる。代わりに昔幸太にもらったクマのぬいぐるみとウサギのヌイグルミを並べ、ついでにピンクのリボンをつけておく。
 ――幸太ちゃん、気付いてくれるかな?
 自分は襲われるほう。そんな妄想を二十秒かけた後、並んだ枕の下に自販機で買ってきた例の箱を忍ばせる。
 なんだか安ホテルを彷彿させるデコレートだが、彼女は続く作業に入る。
 台所ではノンアルコールのシャンパンにアイスケーキ。生クリームを手製で作り、再度アップさせ、グラスと一緒に冷凍庫で冷やしておく。
 メインデッシュであるローストビーフはしっかり切り分け、水気を切ったレタスにのせ、パプリカの輪切りを沿え、ゴマドレッシングと揚げたチーズをまぶす。
 スープはカボチャのポタージュを作り置きしており、ためしに飲むとほのかな甘みと、少し舌に残るコクが感じられた。
 ごはんとパンは別として、今他に準備すべきものは……。
 ピンポーン。
 チャイムがなるが、まだ約束の時間まで二時間はある。お風呂も用意しておきたかったのだが、きっと幸太も早くしたいのだろうと思い、彼女はエプロンの前で手を拭き、玄関へ急ぐ。
「よっほー、里奈だよ!」
 しかし、現れたのはツインテールの泥棒猫。たしか彼女は部員と一緒にカラオケに行ったはず。
「な、なに里奈? どうしたの?」
「それがねー、聞いてよユカリン。あのね、みんなで行こうって言ったら、先輩が急にデートだからってドタキャンしたの。里奈すっごい腹立つんで、今日はもうのもーって思ってね……」
 それなら一人で飲んでもらいたい。
 由香は心の中でそう呟く。
「くんくん……あれ、なんかおいしそうな匂い……ユカリン、誰か来てたの?」
「え? ええ、その、まあお友達が来るから……それで……」
「ふーん」
 里奈はずいっと顔を近づけると、にこにこ笑顔で彼女を見る。由香はその勢いに圧倒され、目を逸らせない。
 彼女の丸い瞳はきょろきょろ動き、一向に笑う気配が無い。
「そう……それじゃあ」
 ――帰れ!
「里奈もそのお友達に会うー」
 ――あらら……。
 おそらくそうなるのではないかと予想していた彼女だが、玄関先でうなだれようにも里奈の能天気を装う声にそれも出来なかった。
「……何してんだ? 由香」
 すると今度はボーイッシュなハスキーボイス。見なくてもわかる。恵だ。

 どうやら恵は一緒に遊ぶ約束だった美雪とかいう先輩に振られたらしい。なんでも彼氏に会いに行くとかで、恵も彼女を応援したいと、見送ったらしい。ただ、他にも一つ言いにくそうなことがあったみたいだが、それは敢えて聞かない。どうせ部活のことだろうし。
 遅れてやってきた幸太は手製の塩ブタを持ってきて、何故かいる恵と里奈に「これ、味見してよ、前よりおいしく出来たから」と言う。
 彼は嫌な顔をしてくれるのではないか。
 そんな期待もとうに砕かれた。
 彼女は彼の振舞う塩ブタの欠片を噛み締めながら、その絶妙な塩加減に、自分の塩加減の甘さを思い知らされた……。

「メリークリスマース!」
 恵の威勢の良い声とともにクラッカーが放たれる。
 色とりどりの紙ふぶきとテープが飛び交い、まるで雪のよう。
 続くいただきまーすの掛け声に、恵も里奈も幸太もローストビーフをつつきだす。
「うん、やっぱ旨いな……さすが……由香」
「そだね、こういう……火加減とかさ……うん、繊細な……りょうり……僕、できないなあ」
「ユカリンの……サラダ、すごく……おいひい!」
「ちょっと、もう……みんな食べるか喋るかどっちかになさいよ……うふふ」
 なんだかんだいっても毎年恒例のこの面子によるクリスマス会は楽しかった。
 本当は幸太と二人でグラスを交わし、食べるのも途中でベッドに誘うつもりだったのに、二人のお邪魔のおかげで一気に楽しい思い出に一年加えることになった。
 ――私もバカね。けど、やっぱり、友達っていいな……。
 にっこり微笑む里奈の頬に付いたソースを布巾で拭う。恵が「あたしも」とよくわからないことを言うも、「はいはい」と拭いて上げる。まさか幸太もと思いきや、彼にはギリギリ届かない。
「そうだ、あたしさ、差し入れもって来たぞ」
 恵が鞄から取り出すのは赤いビン。シャンパンと書いてあるが、他にも二十だの七パーセントだの書いてある。
「恵、それって……」
「へへへ、無礼講無礼講……な?」
「ケイチン、それ意味違うよ」
「いいじゃん、硬いのはコウのチンコだけにしようぜ!」
「んもう、恵ってば」
「ケイチンのえっちー」
 いつもどおりの卑猥なジョークはクリスマスにはそぐわない。それでも無礼講と繰り返す彼女に、由香はコップを差し出す。
「僕も……」
 幸太もカップを出し、ついで里奈も出す。
「おいおい、皆不良さんですなあ」
「なによ、飲むつもりだったんでしょ? いいじゃない」
「いやさ、せっかくるり……、飲もうと思ってた友達さ、ちょいと風邪引いちゃってさ、それでしょうがなくお前らとってわけよ」
「あー、ケイチン、あたし達より大切な友達いるの? さては男だな?」
「違うよ、そいつは女。お前らより大切な友達ではないよ」
 妙に友達と言う言葉を強調する恵に妙な違和感を覚えるも、「大切」な部活仲間なのかも知れないと、気に留めないことにする。
「ね、これいい匂いだね。すごい葡萄の香りがするよ……」
 幸太らしい言葉だ。彼は食べることと飲むことへの観察眼だけは素晴しい。ベッドの上で女体を見事に捌いた彼の手筋は、今も身体の芯を疼かせる。
 ――今日はもう無理よね……しょうがないか。
 彼女は与えられた薄黄緑の炭酸水を呷った。

***―――***

 グラス一杯のシャンパンの効能なのか、由香の頬はロゼに染まる。
 身体の奥に籠もる熱は独特の浮遊感を煽り、目の前で囀る三人の会話をはるか空から見下ろすような気分にさせる。
 ――これがお酒……。すごい、気持ちいいかも。
 座椅子に浅く座りなおし、脚をだらしなく伸ばす。スカートから見える里奈の太腿をけってしまうが、ふにふにとする彼女の太腿は気持ちが良い。足の指をわきわきと動かし、すこしイタズラする。
「やーん、誰? 里奈の太もも触るの……コータだな?」
「え、僕じゃないよ?」
 濡れ衣を着せられた幸太はスープをすする手を置いてキョトンとする。
「にひひ、コータのエッチ」
「まったくコウにも困ったもんだな。んけど、男は助平なくらいが丁度いい」
 ――そうね。もし幸太ちゃんがもっと助平だったら、私のこと、強引に……。
 足踏みの先を恵にも向けながら、彼女は寝返りをうつ。
 運動で鍛えられている彼女の太腿はかなり硬い。もんでいてもあまり気持ちよくなれそうにないかもしれない。
「お、コウ、今度はあたしのほうか? まったく、またシタイのか?」
 ――シタイ? プロレスごっこでもしたのかしら?
「え? ケイチン、コータにいったい何したの?」
「なにも? つか、された? みたいな」
 へへっと笑う恵の言葉に、由香はピクリと聞き耳を立てる。
「ちょっと恵……約束……」
「平気だって、由香は寝てるんだし、それに里奈に言わないとは言ってないぜ?」
「そんなのヘリクツだよ」
「ねえコータ、どういうことかなー? 里奈、聞きたいなー」
 ――私も聞きたい。っていうか、私に聞かれたくないことって何よ?
「えっと、りっちゃん、それは……その」
「……えへへ、あたしも女にしてもらいました」
 突然の告白は無理をして女らしさをだしているせいか、すこし掠れ気味。
 同性の猫なで声がここまで癇に障るとは思っても見なかったが、まだ焦るには早い。
 「も」が気になったから。
「あー、コータの浮気者! 里奈というものがありながら、ケイチンみたいな男女に手を出すなんて! バカーッ!」
 バスンバスンと音がする。おそらく里奈がクッションか何かで幸太を叩いているのだろ、ほこりが舞い上がると少し鼻先が痒くなる。
「ははは、まあ味見みたいなもんだし、つまみ食い? つか、男はいろんな女を抱かなきゃな!」
「ホント? 里奈のこともつまみ食いなの? コータ、答えてよ!」
 気弱な幸太にプレイボーイ指南をする恵の大胆な告白に触発された里奈は、きっと彼の腕にすがり付いているのだろう。得意の小悪魔スマイルを使って。
 ――恵がつまみ食い? 里奈も? なにが「も」なの? いったい幸太ちゃん……。
「なんだ、里奈もされちゃってたのか……。ここ数ヶ月で三人も切るなんてすごいな、コウ」
 三人のうちの二人はわかった。なら、もう一人は誰だろうか。思い当たるのは例の先輩だ。ショタコンの彼女は何かと幸太を誘惑してきたし、休み時間にちょくちょくやってきてはもの欲しそうな目を彼の股間に注いでいた。
 ――幸太ちゃん、エッチしてるんだ……。
 嘘であってほしい。けれど、信じるには不利な要素がある。
 髪の毛、女の扱い、行為、里奈の電話……。
 ――私が初めてじゃないの?
「コータのやりちん! エッチー」
「や、やめてよ二人とも……」
「んでもさ、コウのあれ、大きさはそこそこだけど、しっかり剥けてたし、熱くて硬かったな」
「えへへ、里奈もね、たまに思い出してしちゃうことあるよ」
「つかさ、あたし達の中で誰が一番良かった?」
「え? それは……だって……」
「里奈だよね?」
「りっちゃんは……その、初めてだったし、なんか良くなったって思ったら、いっちゃったし……」
 ――里奈……なんだ、幸太ちゃんの初めて……。
 自分が奪うはずだった童貞、捧げるハズの処女。
 入ってくるのは耳からのはずが、何故か目頭が熱くなる。
「あたしか?」
「恵は……レイプされそうになったし……」
 ――あはは、男が女にレイプされるなんてばっかじゃない?
「だってさ、コウ、可愛かったぞ」
「ふんだ、恵だって可愛かったよーだ」
 ――私は? 私はなんなのよ……。
 放課後にいつも残って貧相な逸物を咥えてあげた。自ら進んで飲み干してあげたのに、彼は別の女に気をやっている。
 つまり、自分は余った精子を吐き出すための便器に過ぎない。
「んでもさ、かなり上手だったぞ。やっぱ由香のせい?」
「いや、それは、だから……」
「里奈ね、ユカリンには負けたくない。コータのこと、もっと気持ちよくさせてあげたいし、それに、好きになってもらいたいよ」
「りっちゃんも好きだよ」
 ――また「も」? きっと私「も」で、恵「も」なんでしょ?
「初めては里奈で、次が由香? んで、あたしが三番か……なんかムカつくな。特に里奈より後ってのがな」
「いや、だから……」
「なあ由香、いつまで狸寝入りしてるんだよ。一緒に話そうぜ? コウのチンコを咥えたもの同士さ……」
「私……してもらってないよ……」
 こぼれる涙を止めることなど、今の彼女にどうして出来ようか?
 由香は真っ赤に泣きはらした顔を恥じることなく三人に見せた。

***―――***

 羞恥とは違うかもしれない。愛する人と結ばれるまで純血を守るといえば美談にもなる。
 嫉妬とはどうだろうか? 二人に容姿、体躯で劣る彼女は常にそれを心に秘めてきた。今更どうこうと言うには、多少なり痛覚が麻痺している。
 いうなれば裏切りかもしれない。
 四人はいつも一緒。隠し事などなく、寄り添い、助け合ってきた。
 陰でこそこそとつがいの小動物のように寄り添う姿など、想像したくない。
 しかし、彼は二人を抱いていた。
 君「も」好きという気持ちで。
 赦せない。
 あの日触れた唇は既に女と触れたもの。ゴム越しに触れた彼のモノは既に女を知り、快感を分かち合っているのだ。
 自分が愛おしくしゃぶっていたのは、彼女らの愛液のこびり付いた浅黒い肉棒。
 苦く青臭い、喉に絡みつくものを何故嚥下しておきながら、ただの性欲処理でしかなかった。
 バカみたい。
 陰茎を咥えて恋人気分に浸っているなどと、恥女のそれ。清楚を装いながら、日々勘違いの度合いを深めていった。
 つまりは肉欲のはけ口なのだ。
「あはは……あはははは……あーおかしい」
 涙が止まると、乾いた笑いが響いた。
 彼女を見る三人の顔はどれも複雑で、恋敵である里奈ですら、同情の眼差しを向けている。
「幸太ちゃん、誰でもいいの?」
「ちがうよ……僕は……」
「何が違うの? 里奈ともセックスして、恵ともしたんでしょ? あの美雪って人は? やらせてもらえなかったの? 残念ね。あんたみたいの好きなヘンタイなのにさ」
「由香、落ち着けよ……」
「なによ、あんただって哂ってるんでしょ? あたしのこと! 処女捨てるのに幸太ちゃん使ったの? 彼氏はどうしたのよ? そいつと寝なさいよ!」
 宥めようとする恵にも怯むことなく噛み付く由香。普段溜め込んでいる気持ちが爆発したらしく、その勢いに圧倒される。
「ね、里奈はどうだった? 幸太ちゃんの初めてもらったんでしょ? あんあんいいながらしたの? それとも痛かった? 参考にしたいから教えてよ」
「ユカリン……」
「何がユカリンよ。あんたさ、電話ではあたしのこと由香って言ったでしょ? なんで? 処女だから? 下に見てるんだよね? 馬鹿にして!」
 グラスを叩きつける手に思った以上に力が入り、ミシリと皹が入る。そして、割れた。
「由香ちゃん!」
 テーブルの上に敷かれたクロスに赤いシミが出来る。幸太はふらつきながらも手ぬぐいでそれを拭おうとする。
「さわらないでよ! もう幸太ちゃんなんて嫌い! だいっきらい! あっちいってよ!」
「だって、手、ダメだよ手当てしないと」
「自分で出来るわよ、これぐらい! さっさと出て行ってよ、ここは私の家よ!」
「一人になんか出来ないよ」
 腕を掴む幸太を乱暴に押し返す。彼は里奈に抱きかかえられるようになり、さらに彼女をイラつかせる。
「私は出来るわよ! あんたみたいに射精したら泣いちゃうガキ、いらないもん!」
「由香、お前少し言いすぎだぞ! いくらなんでも……」
「は、何よ。出て行かないの。わかったわよ、好きにすれば? ここで三人でしっぽりすればいいわ! なんならゴムも貸し出しましょうか? それともナマでするの? そうよね、そのほうが気持ちいいんでしょ!」
 六つの視線に耐えられなくなった由香は、踵を返すと居間の扉を乱暴に開け、階段を駆け足で登る。
 残された三人は、ただひたすら重いため息をついていた。

続き

戻る


↑クリックしていただけると、FC2ブログランキングのポイントが加算されます。

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/46-d8020c15

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析