FC2ブログ

目次一覧はこちら

葉月真琴の事件慕_01


 はじめに
 この物語は「僕とあたしの事件慕」を書き直したものです。
 登場人物に変更が加えられており、官能描写も本筋にはありません。
 新たに別の主人公で始めることも考えたのですが、思いいれのあるキャラクター達なので、この形をとりました。
 過去作品を読まれた方は混乱するかもしれませんが、ご容赦ください。

――**――
**――**
――**――

葉月真琴の事件慕~欅ホール殺人事件

プロローグ

 四月下旬、ある日の昼下がり、桜蘭高校に昼休みを告げるチャイムが鳴り響く。
 二年B組では現国担当の坂入が終了を告げると同時に生徒達が沸き立つ。
「うぅ~、おなかすいた~」
 香川澪は背もたれいっぱいに伸びをして呟くと、後ろの席の桐生香苗がその手を迷惑そうにどかす。
「ちょっと澪、後ろにも気を配ってあくびしてね」
「あはは、ごめんごめん。お詫びにお昼一緒に食べてあげるわね」
「えと、それなんだけど……」
 あくびついでにストレッチを始める澪だが、香苗は目を逸らしながら意味深な青い包みとピンクの包みを取り出している。
「あら、お弁当? それも二つ。香苗ってそんなに食べるんだ。意外……」
 細身の級友の意外な大食に驚く澪。香苗は文系の部活に所属しており、普段もそれほど活動的ではなく、一人で居るときなどは刺繍入りのブックカバーで恋愛小説を読んでいるような子。
 色白、眼鏡、セミロングの髪は常に二つ編みにされている典型的な文学少女の装い。スタイルもそれほどではなく、着替えのときも恥ずかしそうに隅っこに隠れている。
 対して澪は健康的な肌色とボーイッシュなショートヘア。大きな瞳に凛とした睫が添えられている。鼻もバランスを欠かない程度に高く、唇はやや小さめ。ルージュは部活で禁止されているために引いていないが、休日のお出かけのときはポップなパッションピンクを選んでいる。
 ソフトボール部で日々汗を流していることと育ち盛りのせいか、毎日お昼が待ち遠しい。
 最近は部分的にも栄養が行き始め、下着のサイズが合わないとで金銭的に余裕がない。お弁当で足りない分を学食で補給していた彼女にとって、それは死活問題なのだ。
「もしかして……」
 ――あたしのために?
「おーい、かなえぇ~! お昼行こうぜ!」
 都合の良い妄想をしていた澪の背後で級友を呼ぶ声。振り向くと知らない男子がずかずかとやってくる。
「あ、ごめん……ちょっと……その、待っててって言ったのに……」
 香苗は恥ずかしそうにうつむくも、男子に青い包みのお弁当を差し出す。
「彼氏?」
 予期せぬ出来事に目を丸くする澪に、香苗は白い肌を朱に染める。
「その、別に隠してたわけじゃないけど……ただ、ちょっとね……恥ずかしくて……」
「ふ、ふーん、そうなんだ……それはそれは……」
 普段、男子とそれほど交流の無い香苗に実は彼氏が居た。
 その事実に澪は上手く言葉を続けることが出来ない。
「早く行こうぜ。場所なくなるって」
「うん。それじゃね、澪……」
「はいはい、お幸せに……」
 すまなそうにする彼女の態度がむしろ痛い。
 女として何か決定的な差をつけられたことと、さらに哀れみをかけられるという屈辱。いかにして雪ぐかと悩むも、空腹で思考回路も回らず、出るものといえば……。
 ――うう、なんで香苗……。友情より恋なのね……。あたしは捨てられたのね……。
 愚痴ばかり。
 去年初めて会ったときは、男と見ればおどおどしていて、とても彼氏なんて無理と思われていた彼女。一体どういう経緯で彼氏を吊り上げたのか、今後の為に調査したいところ。
 一方、その頃の澪はというと、ソフトボールに汗を流し、秋の頃には二年生に混じって初スタメンを果たした。最近では三番セカンドで定着してきており、五月末の試合に向け、さらに練習に励んでいる。
 しかし、その結果がこの結果。
 青春も今年いっぱいだというのに、いつまで汗臭さに塗れるのか? 澪はため息を吐く。
「はぁ……」
「ため息は幸せが逃げるわよ? そんでなくともアンタは幸薄い顔なんだから……」
「誰が幸薄い顔よ!」
 落ち込んでいたところに冷水を浴びせかけるのは、高飛車な女の子の声。隣のクラスなのに、お昼時となるとなぜか顔を出してくるのは真澄梓。
 気の強そうな瞳がやや上がり気味だが、優雅なカーブを描く眉のおかげで緩和される。目元を華やかにさせる睫が優雅さを、すうっと高い鼻が自信を、桜色の唇は校則違反のルージュが引かれて小悪魔的。ウェーブのかかった髪は肩に掛かり、光の加減で金色に見えるブラウン。瞳も黒というにはやや青みがかっているが、祖母がイギリス人らしい。
 真澄家は明治の頃からの商家で、いわゆるお金持ちのお嬢様なのだ。
「なら貧相な顔かしら?」
 ふふんと鼻で笑う彼女は、その態度とは裏腹に控えめなスタイル。本人曰く「姉さんも私ぐらいのときは可愛いスタイルだった」らしく、「来年くらいから追い上げる」とのこと。
「そんな貧相で幸薄い女になんのようかしら?」
 澪はここぞとばかりに胸を張る。スポーツブラは締め付けるせいで、実物より小さめにさせる。けれど、誰かさんの上げ底のそれと比べても勝っているのがもののあわれ。梓は悔しそうに親指の爪を噛む。
「アンタに用なんて無いわよ……」
 梓は教室をきょろきょろとしているが、入り口にある生徒がやってくるなり、きゅっと身を引き締める。
「澪! お昼行こうよ!」
 のんきな声と共にやってくるのは葉月真琴。
 彼は桜蘭高校一年C組、水泳部所属しており、今年になってから昼頃には決まって現れる存在だ。
 背は男子にしては低いほうで、髪も濃い。瞳が丸く、可愛らしい程度の鼻と赤い唇のせいで、制服を着ていないと女の子に間違われてしまうこともある。
 そんな彼は澪の幼馴染。家も近所で幼稚園、小学校、中学校と同じところ。今年になって高校までも揃えてきたほどだ。
 彼の訪問は始業式を終えた次の日から彼のお昼の訪問が始まっており、最初は妹かと思われていたらしい。けれど、制服から男子であることから、彼は澪の暫定彼氏。クラスの中では驚きの声があがり、そこに落胆する声が混じっていたらしいが、定かではない。
「真琴君!!」
 顔を真っ赤にさせた梓が教室中に響き渡るくらい大きな声で叫ぶ。一瞬、クラスメートは何事かと梓を見つめるものだから、彼女はさらに赤くなる。
「は、はい? なに? 梓さん」
 驚いてはみたものの、真琴は直ぐに気を取り直して梓にニコニコと笑顔を向ける。
「あ、あの、あの、あのね……」
 まだ真っ赤な顔の梓は、自分から話しかけたにも関わらず困ったように視線をさまよわせる。それどころか小声で澪に「どうしよう……」とささやく始末。
「どうしよって、梓が真琴に用があるんでしょ? 言いなさいよ」
 澪はめんどうくさそうにそう言うくらいしかできない。
 実のところ、真琴が澪を尋ねてくると梓もやってくるというのが、四月の半ば頃からの日課である。
 梓とは去年一年間一緒のクラスだったこともあり、多少の面識はあったが、特に親しいといえるほどではなく、その高圧的な性格からか、苦手と言える存在だった。だが、真琴を前にしてこの豹変振りに、澪は笑いを堪えるのが必死。
 真琴の小さいころの様子を知る澪からすれば、彼を前に緊張するのがたまらなくおかしいのだ。
 意を決した梓は隠し持っていた何かのチケットを示して告白する。
「えと、えとね、あの、今度の日曜日……じゃなかった、土曜日なんだけど、暇? もし良かったら、相模杉浦にある欅ホールで「皐月の歌謡祭」があって、そこに友達が出るから、一緒に応援しにいってあげたくって……だから、もし暇なら、一緒に来て欲しいかなって思って……えと、だから……」
 早口で捲くし立てたと思ったら、だんだんと小声になり、目線も真琴を外れて下がっていく。澪はそれを腕組みしながら見つめていた。
「んーん、予定あるんだ。ごめんなさい」
「そう……」
 笑顔で返す真琴に梓は寂しそうに言う。
「ふーん、コンサートかなんか? なんならあたし暇だし、一緒に行ってあげてもいいよ」
 チケットを見つめながら澪が言うと、梓はうってかわって普段のお嬢様の表情に戻り、
「誰がアンタを誘ったのよ。暇なら動物園でも行ってなさい。きっとお友達がたくさん居るでしょうし」
「何がお友達よ! そっちこそコンサートなんて気取っておいて、どうせ今日も学食で狐ソバでしょ?」
「うっさいわね。お揚げが好きなんだからいいでしょ!」
 しばし睨み合う二人だが、数秒後にはどちらともなくそっぽを向く。
「澪、土曜日暇なんだ。良かった」
 そこへ恐れ知らずののんきな声が割り込む。
「え?」
 澪は何のことかわからずとぼけた声を上げる。
「今週の土曜日ね、ボランティアをすることになってたんだけど、もう一人連れてこられないかって聞かれてて……。先輩や友達にもお願いしたけど無理だったから、澪にお願いしたかったんだ。暇ならいいよね。今、メールするから……」
 そう言うと真琴は澪の返事も待たずに携帯を取り出す。
「ちょ、ちょっと、誰が暇って……、まあそうだけど、何が楽しくてボランティアなんてしないといけないのよ!」
「そ、そうだ、澪がいけないなら、私が……」
「梓さんはお友達のコンサートでしょ?」
「うん……」
 笑顔の拒絶に梓も消沈する。その隣ではスケジュールを勝手に埋められる澪が苛立ち紛れに喚く。
「ちょっと、あたしの意見も聞きなさいよ! こら、真琴ってば、携帯よこしなさい!」
「あ、返してよ。まだ送ってないのに」
 なんとか携帯を取り上げるのに成功した澪は精一杯手を伸ばし、彼の手が届かないようにする。
「酷いよ、澪!」
「どっちが! とにかくこれは削除します。人様のスケジュール、特に乙女の時間は貴重なのよ……っと」
 高らかに宣言する澪だが、他人の携帯の仕様がわからず、滑った親指が……。
「あ、あれ? あれ? 送信中? だ、だめだめだめ! キャンセルキャンセル!」
 急いで操作をするもディスプレイは「送信完了」と表示する。
「あはは、澪が送ったわけだし、土曜日はちゃんと来てね。大丈夫、お昼も出るし、きっと楽しいよ」
 やはり笑顔の彼の言葉に、澪はいまだおなかが空いたままだとうなだれる。
「うぅ、その代わり真琴、今日のお昼、サイドメニューを奢りなさいよ」
「うん。いいよ」
「サイドメニューって、澪、太るわよ?」
「いいの。誰かさんと違って出るとこ出てきてるから……」
 澪はこれ以上無駄な時間を費やすわけにはいかないと、飯の種の背中を押して教室を出る。
「みーおーっ!」
 背後では本日二度目となる梓の叫び声が聞こえた……。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/510-a9541260

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析