FC2ブログ

目次一覧はこちら

葉月真琴の事件慕_真相_01

~真相~

 上手から下手への通路。
 電気は非常灯の緑が弱々しく照らし、通路の先にある消火栓が赤く光っていた。
 何かを擦る音が、誰かの足音で遮られる。
 やがてその歩も止まり、代わりに真実を問う言葉が発せられる。
「掃除ですか?」
「ええ。利用させてもらっているわけだし、これぐらいはマナーかな……」
 真琴の問いかけに、由真は冷静に答えた。
「君は? ガールフレンド達はいいの?」
「はい」
「そ」
 彼女の軽口に、真琴は無機質に応える。
 必要最低限の言葉以外は必要ない。そんな頑なな態度で、彼は対峙していた。
「何か用かな? ここも閉めないといけないんだけど……」
「はい。事件についてです……」
 事件という言葉に一瞬由真の手が止まる。向き直ることは無いが、意識しているのは明らか。
「事件? アレは事故よ……」
 一転、空気が張り詰め始める。
「なら仮定の話として聞いてください」
「……忙しいんだけど?」
 動揺を隠すように作業を再開する由真。だが、真琴は口を閉ざそうとはしない。
「今回のコンサート、平木さんのことはありましたが、演目自体は成功でした」
「ありがとう。ボランティアの皆もがんばってくれたし、そのおかげよ」
 口ぶりこそ労うものだがあっさりとした口調で、せわしなく手を動かしたまま。
「それが疑問でした」
「失敗しろっていうの?」
 ようやく振り返る由真。暗がりで真琴からは見えないが、彼女は彼を睨んでいた。
「平木さんの代役です」
「ええ、佐々木君も見事にこなしてくれたわ」
「どうしてこなせたんでしょうか?」
「彼の実力でしょう? 他に何があるの?」
 雑巾を絞り、今度は床を拭く。
「練習無しででもですか?」
「全くの練習無しってわけじゃないわ。彼も一郎の教え子だし、舞台演習をしているところを見ていたんでしょ。彼ぐらいなら見覚えでもそれなりに演じることが出来るの」
 自分達は常人とは違う世界で生きている。そんな矜持を嘯く。
「彼を呼んだのは磯川さんですよね?」
「ええ、そうよ。人手はあったほうがいいでしょ? 延滞料金とられるよりはね」
「石塚さんに人手を増やすように頼んだのも……。貴女は平木さんがこうなっても滞りなく舞台を運べる程度の人員を手配した」
「さっきから何が言いたいの? 探偵ごっこなら学校でしてくれないかしら?」
 仮定の話しといいつつ断定する真琴に、由真は苛立ちをあらわにしだす。彼女は立ち上がり、ヒールの高い靴を鳴らしながら彼に歩み寄る。
「君ねぇ……、大人をからかうのも……」
「平木さんの殺害現場は階段じゃなく……、この下手で行われたんです」
「ふ、ふふ……おかしなこと言わないで? 死体が歩いて階段から落ちたと言うのかしら? 鳥羽さんも見ていたのよ、一郎が柵を越えて落ちるところを……」
 嘲りの笑い。だが、真琴は確信を持って続ける。
「鳥羽さんが見たのは落下するところです。落下するだけなら生きている必要はありません。あのとき平木さんは既に……」
 言葉を濁すも、それは弱気が故ではない。非常灯の緑が照らす中、真琴は唯一つも怯む様子なく彼女を見据えていた。
「そんなことできると思うの? どうやって?」
「落下現場に散乱していたもの、覚えてますか? 今日の台本です」
「ええ、それが何か?」
「おかしいんですよ」
「なんで? 彼は台本を読んで、前に気付かずに……」
「なんで他人の台本を見ていたのでしょうか?」
「は?」
「平木さんは台本を……」
 真琴は下手にある小さな椅子へと歩み寄り、ふたを外し、
「この椅子の中に置いていたんです。平木さんは台本に細かく注意点を書き込んでいました。他人のと自分のを見間違うはずがありません」
 真琴がファイリングされた台本を差し出すも、由真は見ようともしない。それは彼の推論を認めてのことだろう。
「平木さんの死体はこの柵に……洗濯物みたいに掛けられたんだと思います。そして、摩擦が小さくなるように、このファイリングされた台本が間に置かれた……」
「ふうん」
「上半身と下半身なら上のほうが重いから、後は自重で落ちる……」
「そんなトリックみたいに見せかける必要があるの? 普通に落せばいいじゃない」
「ええ、本当はそうするつもりだったと思います。けど、それだと警察に事故以外の線で疑われたとき、犯人が限られてしまいます。だから、第一発見者を別に用意したいのと……」
「アリバイを作るための時間稼ぎってわけ? じゃあ、葉月君はこの『事故』がスタッフによる行為だと思っているのね?」
「はい」
 由真の感想に対して真琴は強く頷く。
「ホールには監視カメラが設置されている場所があります。事件当時、そこに居れば確かなアリバイになる」
「なら……、逆にアリバイがあるほうが怪しいというわけ?」
「いえ、犯人は平木さんの死体に細工をした後、すぐにその場を去るつもりでしたが、それは出来ませんでした。なぜなら、予想より早く鳥羽さんが戻ってきたからです」
「ふんっ……。それはおかしいでしょ? 鳥羽さんが戻ってきたときはここには誰も居なかったのよ? まさかステージに逃げたとでも言うつもり? 私も下手の控え室にいたし、隠れるところなんてないわ」
 所詮は高校生の探偵ごっこ、論破したとばかりに鼻で笑う由真だが、その表情は見えない。
「あります」
 だが、真琴の力強い断定に、彼女の眉がピクリと動く。
「どこに?」
 それは推論に付き合うというよりは、焦燥感の篭る問いかけ。
「扉への通路です」
「扉への……通路」
「ええ。鳥羽さんは近くに誰も居ないといいました。でも本当は小さい扉のほうに犯人が潜んでいたんです」
 真琴は小さな扉のほうへ行き、壁にへばりついて息を潜める。すると階段のところからは完全な死角となるのが、由真にもわかった。
「なるほど。でも、もし、彼が気付いてそこまで来たら?」
「その時は、ここの窓から舞台を見ていたと言い訳すればいい。舞台の演技のせいで物音にも気付かなかったってね……」
「そんなこと……いいわ、続けて……。なら、一郎が殺されたのはどこで、その死体は落下させられるまで、どこに隠されていたのかしら?」
 残る疑問を続けざまにぶつける由真。それは彼の推論を促すというよりは、手品の種を明かしてもらおうという……の立場に近い。
「……一郎さんが殺されたのは、磯川さんがさっきまで居たところ……、大きな扉の間で平木さんは首を挟まれて……」

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/528-8cd484b5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析