FC2ブログ

目次一覧はこちら

葉月真琴の事件簿if_10

「へへ、素直だね。澪ちゃんは……。そらそら……」
「んっ、あっ、あひぃ! ひぃ……あぁん、これ、これすごいよ……だって、全然初めてなの! 気持ちよすぎだってば! あたし、こんなの初めて!」
「ほほう、ヤリマンの癖に、これが初めてたあどういう了見だ? おら、いつもやってんだろ? どうなんだよ!」
「ち、違うもん。あたし、貴方が初めて! あん! そこ、ぐりぐりされると……きんもちいいよぉ!!!」
 澪は再び上体をそらし、誰にはばかることなく嬌声を上げる。
 男も気分が乗ってきたらしく、澪の両腕を掴み、リズミカルに腰を振る。
「おっおっおぉ!! くぅ……まじで締まる。まじ淫乱マンコだ! おら、いえよ! 澪のマンコは淫乱ですってよぉ!」
「いや、違うの。あたし、そんなんじゃないもん! んぅ……だって、あん! やめ、ないで! お願い、言う、いうから! 続けてよぉ!」
 最中、動きのゆるくなった男の前後運動に澪は泣き叫ぶ。
「澪の、あん! 澪のマンコは、淫乱! 淫乱マンコ! だから、男の人の……、オチンチンいれられて……ぇっ! すごく、すごくきもひぃい!」
 脳裏を真っ白にさせる快楽。澪は女をくすぐってくれる男に絡みつく。
 腰を自ら男に打ちつけ始め、徐々に自分から激しく動くようになる。
「おっ、おっい! お前、辞めろ……動くな! うごくなって!」
 男はペースを乱され始め、澪の腕を放し、お尻を掴み始める。
「いや、それ以上されたら、あたし! あたし、こわれちゃう!」
 しり込みする男の腕を掴み、そのまま腰を突き出す澪。男のそれを根元まで咥えると同時に、膣の捕囚となっていた逸物はビクンと跳ね……。
「ぐぅ、やべ、出る……出ちまう!」
「いや、出さないで! あたし、あたしぃ~~~!!!」
 そう言いつつお互い指を絡ませるように手を繋ぎ、目をぎゅっと瞑る。
「ああああっうううううう!!!」
「くぐうぅううううう!!!」
 互いに悲鳴に似た声を上げ、細動すること数秒、がくっと力なく膝を着く二人。
「はぁはぁ……」
「んくぅ……はぁ……」
 ぷにゅっと逸物が抜け、ごぽっと白い液が泡を立てて割れ目からこぼれる。
「んぅ……出てる……」
 澪は悲壮感というよりは疲労感と達成感に包まれたようで、その白い濁り汁を掬い出し、指で玩ぶ。
 男のそれはしばし呆然と上を見ていたが、ゆっくりとしおれていく。
「すげえな、セックス……」
「ああ……」
 見とれていた男達は関心した様子で頷くが、目の前に獲物を待たせていることを思い出し、同じく呆然としている真帆を見る。
「さ、真帆ちゃんもしようね……。大丈夫。お友達はすごく気持ちいいっていってるし……」
「いや、触らないで……誰があんたなんかと……」
 まだ手足を縛られている真帆だが、その表情は強張っており、あどけない少女の役とはかけ離れている。
「おい、真帆ちゃん脱がせるから手伝ってくれよ……」
 前園は怯える真帆に構わず、男達を先導して彼女を床に押し付ける。
「いや! 離せ! 離せっていってるでしょ! 止めろ、変態!」
 四肢を押さえられ、一時的に戒めを解かれる。
 春物のセーターをゆっくりと脱がされ、ブラウスのボタンを外されていく。
 未だ成長が遅い胸元は、今日に限ってブラをしていない。
「おお、さすが真帆ちゃん、ノーブラだ……」
「単に必要ないんじゃない? 真帆ちゃんおっぱい小さい貧しいお乳だから……」
 げらげらと笑う男達。
「いや、やめなさいよ! あんた達、私にこんなことしてただで済むと思わないでよ!」
 その向こうでは梓の声が聞こえる。澪の痴態を見て興奮した男達の牙は当然彼女にむかう。
「この子も貧乳かよ。まじか……」
 落胆の声と紫色のタートルネックのセーターが舞う。そして、ベルト、タイトなグレーのショートパンツ……。そしてため息交じりの声。
「おお、やっぱりショーツは可愛いな……。うっすらと割れ目ちゃんが見えるのがステキだわ……」
「ああ、我慢できねえ。俺、この子で脱童貞しようかな。真帆ちゃんもいいけど、この強気な感じな目で睨まれるとゾクゾクする」
「くぅ、この変態……」
 ぺっと唾を吐く梓だが、それは目の前の男の頬にかかり、それと同時に表情がいっぺんする。
「このガキ、調子にのりやがって!」
 眼鏡をかけた男は梓のお腹の上にまたがると、頬を平手でぱしんぱしんと何度も叩く。
「痛い! やめ、女に! ひい! 暴力……振るうなんて……ひっぐ、さい、さいって! 痛いってば! やめ……やめて!」
 何度も往復する男の平手打ち。梓の白い頬は見る見るうちに赤くなり、瞳には涙が浮かぶ。
「おいかずさん、それぐらいにしとけって……、あんまりはたいてブスになってもつまんねえだろ?」
 見かねた一人がそれを咎めると、かずさんと呼ばれた男は瞬きもせずに梓を見下ろし、「はぁはぁ」と荒い息を吐く。
「おら、謝れ! 俺に唾を吐いたことを謝れ!」
「なんで……ぐす……あんたがわるい……ひぃ! ご、めんなさい!」
 再び振り上げられた平手を見て、梓は目を瞑って謝罪の言葉を告げる。
 やがて平手打ちが来ないことに安堵して目を開くが、男のぎょろっとした目に怯えたように視線を背ける。
「わかればいいんだ。黙ってれば可愛いんだから……」
 そういうと男は膨らんだ程度の胸に手をあて、ぎゅっと掴む。
「い、痛い痛い痛い! 痛いってば、離して! 止めて!」
 力任せにもまれる乳房は、揉めるほど体積が無く、皮膚を無理に引っ張られるせいで痛みばかりが出る。

続く

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/543-2e7344cc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析