FC2ブログ

目次一覧はこちら

幼年編_オラクルベリーの草原で……。その1

 地平線の向こうまで続く海。果てしなく青い、どこまでも広い海。
 サントフィリップ号は今日も海を行く。
 だが、今日の日の出と共に見え始めた大地が、その存在感を示し、旅の終わりをかもす。
「……島? 島が見えた。父さんに知らせなきゃ!」
 甲板で一人絵を描いていた少年――リョカ・ハイヴァニアは父の居る部屋を目指す。
 まだ遠くに見える島。目的地であるオラクルベリーの港へは、まだ二、三日はかかるだろう。けれど、代わり映えのしない海原を見続けていたリョカは、それを誰かに伝えたくてしょうがなかった。
「しーま、しーま!」
 夢中で走るリョカ、船室へ向かうドアを開けようとしたとき、不意にそれが開き、逆に転んでしまう。
「あら、そんなところで寝てると風邪ひくわよ?」
 ドアを開けて立っていたのはデボラ・エド・ゴルドスミス。
 つり気味の目は眼前で寝そべるリョカをつまらないモノの見下しており、形の良い鼻はフンと不機嫌に鳴る。アップさせている赤みがかったブラウンの髪が風になびき、それが彼女の瞳をくすぐると、それを煩そうに手で払う。
 年の頃、リョカより二つ上の彼女だが、彼にとって苦手な存在だ。この一ヶ月にわたる船旅において、最初こそ互いにぎこちない間柄であったが、今では小間使いのようにこき使われている。
「リョカ、暇だったら厨房からレモンティーをもらってきて頂戴。こう暑いと喉が渇いてしょうがないわ……」
「う、うん。わかったよ、デボラさん……、でも水は貴重だから、あんまり……」
 船において水分は貴重なもの。今回の船旅で時化に遭うことこそなかったのだが、これまでのリョカの経験からすれば、気分次第で嗜好品を求める彼女はワガママといえる。
「聞こえなかった? あたしはレモンティーを持ってこいと言ったの!」
「は、はい!」
 しかし、なぜか彼女に逆らうことが出来ないリョカはそれに頷いてしまう。
 そのことをパパスに相談したことのだが、父は笑って「男の子は女の子に優しくするものだ」と取り合ってくれなかった。
 ――もう、デボラさんって本当にワガママなんだから……。
 リョカはそんなことを思いながらも忠実に厨房へと向かう。
「あら、リョカ!」
 すると今度は別の声に呼びとめられる。
「あ、フローラさん……」
 振り返ると丁度客室から出てきたらしく、リョカと同い年の女の子がいた。
 リョカを見るとにっこり微笑む彼女はフローラ・レイク・ゴルドスミス。デボラの妹だ。
 だが、妹というにはこの二人、似ても似つかない。一番最初に目に付くのは髪だろう。デボラが赤なら、彼女は青。青みがかった黒髪は腰まで届き、一体この船旅でどう手入れをしているのかわからないほどさらさら具合を保っている。
 そして瞳。二重の瞼は優しそうなカーブを描いており、笑うたびに何かふんわりしたものが溢れてきそうで、とても暖かな気持ちにさせてくれる。
「今デボラさんにレモンティーをもらってくるように頼まれて、急いでるからまた後でね!」
「まあ、姉さんたらまた……。それなら、私もまいりますわ。ちょうど喉が渇いていましたし……」
 やはり二人は姉妹とわかるのが、こういうところ。おおよそ世間とずれている感覚だろう。
「う、うん。けど、あんまり船では無駄にお水を……」
 無駄とわかっていながらも船で気にすべき項目を告げようとするリョカ。
「お水を……なんですか?」
 だが、にこりと微笑むフローラの可愛らしさに負け、リョカは彼女の先にたって厨房を目指した。
 既にこのとき、リョカは陸地が見えたことなど忘れていて……。

**――**

「ちょっと! どうして言わないのよ! 陸が見えたらすぐに教えなさいって言ったでしょ? もう、小魚みたいな顔して全然役に立たないんだから!」
 甲板に戻ったリョカを出迎えるデボラの第一声はそれだった。
 彼女はリョカの持ってきたレモンティーを奪うと、遠慮なく喉を潤した。
「うふふふふ……」
 フローラはそれを見て何か思い気に笑っている。最初の頃はフローラも仲裁に入ってくれたのだが、最近はリョカとデボラのやり取りを見て笑うことが多い。
 リョカとしては優しい彼女にまで笑われるという屈辱に耐えなければならず、不満ばかり募っていく。
「え? 陸が見えたの! どこどこ!?」
 背後では他の乗船客がぞろぞろとやってくる。リョカ達が陸の見えたほうを指差すと、皆「おお……」と感慨深いため息をついていた。
 上品なスーツ、ドレスに身を包んだ紳士淑女達は皆、これまでの船旅の不自由などを口々に笑い合っていた。
 このサントフィリップ号はいわゆる豪華客船だ。これまでリョカが父と旅をしてきたときに乗った船の二倍から三倍近くある大きさ。積載量も乗数的に増え、普段は我慢しているリョカも今回の船旅ばかりはそれほど遠慮なく乾きを潤せた。
 当然客室にも違いがある。今までは木のベッドに薄い布団か寝袋で寝ていたわけだが、この船ではスプリング付きのベッドであり、布団もふわふわで重さを感じられないもの。
 あまりの豪奢に二人はわざわざ乗組員室と換えてもらったほどだ。
 それに船員も荒くれ者ばかりではなく、それなりの教育がされた者ばかり。これまでは厨房に行けばコックに「つまみ食いをするな」とお玉をもって追い掛け回されたのに、この船では味見をさせてもらえるほどだ。
 実のところをいうと、異質なのはリョカとパパスの方。では、何故彼らがサントフィリップ号に乗れたかといえばそれは気まぐれな大富豪のせい。
「おお、ようやく陸地が見えたか!」
 遅れてやってきたのは額の禿げ上がった大柄な男性。窮屈なパンツと金糸の刺繍の施された燕尾服、ごつごつとした指輪をいくつも付け、いかにもお金持ちというか、富豪とされる存在だった。
「父さん、見て! もう直ぐオラクルベリーよ」
「うんうん、もうすぐだな」
 デボラの嬉しそうな声に彼――ルドマン・ゴルドスミスは頷く。
「こいつが見つけたのよ。なのに全然教えてくれないんだから、この小魚」
 デボラは畏まっているリョカの肩をトンと押す。
「そうか、リョカ君か。また絵を描いていたのかい?」
 ルドマンは笑顔でリョカの頭を撫でるので、彼もうんと頷く。
「そうだ、君のお父さんにも知らせてあげたらどうだい? ああ、そうか、今も調べ物の最中か……。邪魔してはいけないし、後にしてあげなさい」
「そう……」
 ルドマンの言葉にリョカは少し残念そうに頷く。
 このところ父は部屋で本を読んでばかりいる。旅の合間、少しでも暇があると本を読む父は真剣そのもので、幼いリョカにもそれを邪魔してはいけないとわかっていた。
 ただ、唯一の話し相手でもある父が自分の相手をしてくれないということは、やはり彼にとっても寂しいことではある。本当は陸地を見つけたとき、一番に報告したかったのだから……。
「騒がしいと思ったら陸地が見えましたか……」
「父さん!」
 沈んでいたリョカの顔がぱっと明るくなる。人ごみを遠巻きにしながらパパスがやってきたからだ。
 普通の旅人というには大柄な男。特注の旅人の服で見えないが、引き締まった体躯は歴戦の戦士。船の中ということもあり帯刀していないが、普段は長さ一メートルを超える両刃の剣を自在に操る。そして、今も野暮ったいだぶだぶしたズボンの内側に小剣を隠しており、この船旅の中、獲物を求めた水棲の魔物を数匹しとめている。
 油断怠りなき者。それがパパスなのだ。
「これはパパス殿。調べ物はよいのですか?」
「はい、何時までも船室に閉じこもっていては腕に黴が生えてしまいますから……」
「はっはっは……、貴方におかれてそれはないでしょうが……」
 ルドマンはパパスの冗句を愉快そうに笑うも直ぐに冷静な目に戻る。
「して、パパス殿は今後どちらに?」
「ええ、まずは例の物をアルパカ……」
 神妙な顔つきで話し込む二人にリョカと姉妹はそっと聞き耳を立てていたが……。
「うおっほん……。ルドマン殿、この話はまたのちほど……」
 わざとらしい咳払いのあと、二人はそそくさと船室へと戻っていくが、それを睨むデボラは顎に指を当てて思案気な様子。
「なんか怪しいのよね、父さんもパパスさんも……」
「そう? 大人なんだし、子供にいえない話ぐらいあるんじゃ……」
「違うのよ。だってこういっちゃなんだけど、あんたの父さん、絶対普通の人じゃないでしょ?」
「それを言うならデボラさんのお父さんだって……」
「そうよ。父さんはすごいんだから! サラボナから世界を股に掛ける商売人! ルドマン・ゴルドスミスその人あり!」
 普段はそうそう笑わない彼女だが、父のことを話すときだけは決まって笑顔になる。それだけ父を尊敬し、また愛しているのだろう。
「で、その人がどうしてあんたなんかの父さんと知り合いなわけ?」
 そしてリョカに向ける視線の冷たさ。それは胡散臭さ半分、彼女の言う小魚顔の男の子の父が同等に肩を並べることへの不満があった。
「僕もわかんないよ……。けど、多分そういうんじゃないと思う」
「そういうって、なによ?」
「えと、デボラさんの言うすごいとは違う、別の何かがあるんだよ」
「そりゃ……そうでしょうね……」
 デボラが軽視しているのはあくまでもリョカに対してのみ。一見すれば用心棒風情なパパスだが、彼女は彼に対し、身構えるような礼儀正しさを示している。
「でも、それが気になるのよ!」
 デボラは急にリョカに向き直ると、その首ねっこを掴み、コメカミにこぶしをあててぐりぐりとしだす。
「わわわ、痛いよデボラさん。やめてよ、ごめんよ!」
 そしてその言い知れない圧力の正体がわからない鬱憤が、こうしてリョカにぶつけられるのであった。
「ねえ、お姉さま……。この船には私達以外に子供はのっておりましたっけ?」
 するとフローラが首を傾げながら口を挟む。
「? いないと思うわよ? 居たら見るはずだし……」
「でも、さっき声が聞こえたのよ。とっても子供っぽい言い方だったけど、私達じゃない、知らない声で……」
「ちょっとやめてよ。あたしお化けとか苦手なんだから……」
 ぶるっと震えるデボラ。その瞬間だけ責め苦が弱まり、リョカはすっと腕から抜ける。
「あ、こら! リョカ! 待ちなさい、この小魚男!」
「もう、姉さまったら……」
 そしてくすくすと笑うフローラだった。

続く
トップへ戻る
目次へ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/561-8010ba0a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析