FC2ブログ

目次一覧はこちら

奴隷編_その一

 岩を掘り出し、運び、削り、また運ぶ。
 重ねて、組み込み、整える。
 その繰り返し。
 日が昇るより先に始まり、月が傾く頃にようやく終る。
 夏の日差しに肌が焦げ、冬の寒さに心が凍る。
 降り注ぐ鞭に従い、乾きを潤す水に群がる。
 絶壁の孤島。四方は海に囲まれ、大鷲の姿は餌を求めて今日も舞う。
 光の神殿、総本山建築現場はこの世の地獄であった。

「さあ罪深き者達よ、奉仕の時間だ。我らが光の神を迎えるため、今日も働けることを光栄に思うがよい」
 薄暗い、垢と便の匂いの篭る寝床――というのも憚られる一室に、甲高い男の声が響く。
 ゆらりと起き上がる影につられ、また一人、立ち上がる。
 薄汚れ、ところどころほつれた胴衣に身を包む者達。目は空ろで、ぜんまい仕掛けのおもちゃが、切れ掛かった動力でもがいてるようにも見える。彼らの部屋を出るその様は、まるで生気が無いのだ。
 彼らは光の教団の信徒にして最下層の存在で、奉仕者とされる。
 奉仕者は過去の罪の赦しを請うため、こうして過酷な労働の日々を送ることを義務付けられており、教団は愛を持って彼らを使役している。
 だが、現実には口減らしで買われた子、大小問わずの罪人など、はみ出した存在を集めた奴隷に過ぎない。彼らはいつ終るとも知らない神殿建設のていのよい労働力なのだ。
 大方の奉仕者が部屋を出た頃、まだ隅に残る者がいた。
 一人は寝たままの奉仕者に対し手を翳し、呪文を必死に詠唱していた。
 もう一人はその様子を見ながら顎髭の生え具合を撫で、壁を指でなぞっていた。
「おい、お前ら、もうとっくに就労時間が始まっているのだぞ。さっさと部屋を出ろ」
 苛立った教団員は鞭を振るいながら叫ぶ。
「ですが、ピエトロの解毒がまだ終らなくて……」
 黒髪の青年は振り返らず、そう答える。
 寝そべったままの奉仕者の顔色は悪く、紫色の斑点がいくつか見えた。それは痣ではなく、内側から染み出した、病による悪質なものと推測できる。
「貴様ら教団の子は光の神に守られているのだ。病などというものは心神の気持ちさえあれば自然と浄化される。まさか労働の喜びをサボろうとしているのではなかろうな?」
「監視殿、これは流行り病かもしれません。もし放置したら、ここの宿舎の全員が感染しかねません」
 流行り病という言葉に教団員の歩みが止まる。彼とて心神の気持ちで病が治るなどと思っているはずもなく、もし全滅となれば管理責任を問われかねない。
「むぅ、ではその……ピエトロか、ソイツを処置室に運ぶとしよう。そこの緑の髪。お前、ソイツを運べ」
 顎髭を触っていた青年はちらりと教団員を見ると、一瞬考えた後、ピエトロに近寄り、無理やり立たせる。
「ヘンリー、ピエトロはまだ安静にしていないと……」
 黒髪の青年はヘンリーの行動に驚いたらしく、それを制止しようとする。
「リョカ、悪いが命令なんだ。それにピエトロの病が流行り病なら、ここに置くことで全員が危険に晒される。お前の気持ちはわかるが、こうするしかないんだ」
「だけど……」
 冷静なヘンリーの意見に、リョカは唇を噛む。
 解毒魔法キアリーの効果は確かにある。暫く続けることで全快も可能だと見込みもある。だが、それは衛生的な場所と十分な栄養、それに休養が必要だ。それらが望めないのはわかりきったことであり、リョカの解毒は病の進行を抑える程度でしかない。
「リョカ、僕は大丈夫だから……。今までありがとう……」
 ピエトロは薄目を開けると、リョカに力なく笑い、ヘンリーの肩に捉まりながらよろよろと歩く。
「まって、せめて僕も肩を貸す」
 リョカは二人に駆け寄ろうとするが、教団員に阻まれる。
「おっと。お前には別の仕事がある。解毒魔法が使えるのだったな? もしかしたら俺にもその病が移るかもしれんから、念の為に浄化を頼む」
 それこそ心神の気持ちで何とかしてもらいたいことなのだが、ここで彼の機嫌を損ねてはピエトロの処置室行きも危うくなると、リョカは印を組み、解毒のために大地の精霊を集めた……。

**――**

 リョカは奉仕者になり、二年の月日が過ぎていた。
 父の死に苛まれ、過酷な労働に筋肉が悲鳴を上げ、病や事故に倒れる奉仕者を眺める日々、次第に感情が磨り減りつつ、それでも彼は自分のできることで人々を助けていた。
 同い年くらいの奉仕者、ピエトロらは彼の回復魔法や解毒魔法により傷を癒し、病を克服し感謝もした。だが、年老いた者はそれを拒み、死を望むもの多かった。
 リョカは彼らの無念を前に歯噛みし、無力を悲しみつつ日々を送ってきた。
 一方、共に身を窶したヘンリーはというと、従順に監視に従う素振りを見せたと思うと、ぱっと姿を消しては夕飯の頃に戻ってくるという神出鬼没な様子を見せていた。
 あの気位の高いヘンリーが監視にへつらう様子を、リョカは悲しさとは違う何か落胆を感じていた。だが、未来の見えない生活の中、それを軽蔑する気にはならなかった。

 兵舎にて病の予防を行うリョカ。監視の男の周りには大地の精霊が漂い、黒い霧を空中に誘い出していた。
「終りました……」
「そうか、ご苦労……」
 役目を終えた大地の精霊が地面に溶け込んでいく。監視の男は着物を正し、肩をまわす。
「ふむ。それでは持ち場に戻れ」
「はい」
 リョカは兵舎を出ると、岩切り場へと向かった……。

**――**

 一日二回の食事は昼と夜半頃にある。
 筋ばった肉と根菜の雑煮の一種類のみで、味は濃い塩味のもの。年齢性別問わず、一人椀に一杯のみの質素なものだが、使われる野菜が安価な割りに栄養価の高いのが救いだった。
 リョカが椀を啜っていると、ヘンリーがやってくる。今日もどこかでサボっていたのか、岩切り場でも、神殿側でも姿を見ることは無かった。
「ヘンリー、ピエトロは?」
 リョカは彼の素行などよりも、近い年の彼のことが気になっており、開口一番に尋ねる。
「聞いてどうする?」
 だが、ヘンリーの言葉は簡素ながら絶望を与えるものだった。
「そう……」
 処置室という場所がどのような場所かリョカは知らない。ただ、その場所に運ばれた者が戻ってきたという話もない。
 本当のところ、リョカは処置室に行きたかった。自分の魔法で少しでも人を救えるのなら、役に立ちたいという気持ちがあったからだ。しかし、処置室は決まって老人が付き添うばかりで、その老人も処置室については何一つ教えてくれないのだ。
「ねえ、ヘンリー。処置室には……」
「ああ、そのことで話がある。いや、今すぐにはできない」
 椀に反響させたぼそぼそとした声。だが、前を向く彼の瞳には、前に見せた輝きが見えた。
「……わかったよ」
 だから頷いた。かつて彼を親分と呼んだときの、子供心な頼り強さがあったから……。

**――**

 それは唐突なことだった。
 白い、まだ汚れていない胴衣を着た女がやってきた。
 新しい奉仕者で非力ながら水汲みを担当するらしい。
 それだけならそう珍しいことではない。
 問題なのは彼女の容姿。
 靡く金色の髪、白い肌。二重瞼は悲しみに伏せられていたが、高い鼻と形の良い唇のせいで、その美貌が際立つ。きっと笑ったら優しい優雅なそれを見せてくれると思う、そんな人だった。
 年こそリョカと同じくらいだが、胸の膨らみやお尻の丸みを見るに、そこそこ良い暮らしをしていたのだろうと伺える。
 彼女の名はマリア・リエル。つい先日まで教団幹部の従者をしていたらしい。だが、ある「粗相」を起こしてしまい、その罪を償うために奉仕者となったらしい。
 リョカは彼女を見てつばを飲んだ。これまで出会ってきた女性の誰とも違う雰囲気に、胸がざわめいた。
 それはヘンリーも同じらしく、目を丸くさせながら、口を開いてしばし呆然としていた。

 その日から、たびたび水飲み場に出向く働き者のヘンリーが見受けられるようになった……。

**――**

 降り注ぐ太陽、神殿頂上部の作業では日差しを遮るものもなく、ただひたすら暑さに耐える必要があった。
 そんな中、水飲み場だけは簡易の小屋があり、水を運ぶマリアが伏し目がちな笑顔と一緒に、ひと時の清涼感をくれた。
「すみません、水をください……」
 リョカは照れくささがあったが、それは今も同じ。他の奉仕者に比べても仕事量を多くこなすリョカだが、以前より水をもらいに行く回数が増えたことを自覚していた。
「はい、どうぞ。リョカさん、がんばってくださいね」
「ありがとうございます」
 それだけ言うのが精一杯だった。
 かつて知り合えた女の子達なら、向こうから歩み寄るどころか踏み込んできてくれたおかげで自然と会話ができた。だが、彼女のように風に吹かれてはそのままよろめくようなたおやかさを持った人だと、どうにも腰が引けてしまう。
「マリア、俺にも水をくれ。こう暑くてはかなわないからな」
「はいはい、ヘンリーさんも午後のお仕事がんばってくださいね。あんまりさぼっちゃだめですよ?」
「はは、君から水をもらえるんだ、いつもの倍は働いているつもりだよ」
「まぁ……、うふふ」
 一方で彼女に自然と振舞える友人を羨ましく思えた。
 そして、彼女が彼を見る視線にも、どこか柔らかさがあることに気付いていた。
 リョカは正直なところ、嫉妬していた。
 この数週間、同じ場所で、同じ程度の時間を過ごしていたはずなのに、リョカとマリアでは共に奉仕者同士でしかない。
 だが、ヘンリーはいつの間にか彼女と距離が狭まっていた。彼女は彼を前にして、よく笑う。愛想笑いではなく、心から楽しんでいるように。
 どこに差がついたのだろう。互いに同じ奉仕者なのに、どこに差がついたのだろう。
 リョカは奉仕者の仲間を魔法で癒してきた。それは確かに感謝される行為であった。
 一人減ればそれだけ他の奉仕者に仕事が向かうのだから、頭数が減りにくくなるのはありがたいことなのだ。
 対しヘンリーはどこかズルさがあった。監視の目を盗んではどこかへ姿をくらましていたり、要領よく監視に取り入ろうとしたりと。
 なのに、彼を悪く言うものは少ない。
 それが不満だった。
 リョカは最近、寝る前にそんなことを考えることが多かった。
 答えはわからない……? いや、少しだけヒントのようなものがあった。
 それはリョカに無くてヘンリーにある何か……。
 何かが決定的な差になっているのだろう。

++――++

 いつものように水を汲み、運ぶマリア。
 白い胴衣もだんだんと薄汚れ、櫛も満足に入れられない髪は最近切ってしまった。日々の労働で白い肌も焼け始め、腕もやや太くなる。
 初めてここへ来た時のたおやかな雰囲気も消えたが、爽やかさが備わり、破れた胴衣から見える肌に生々しさが見えた。
 監視の一人は階段を上がる彼女を見つめ、ゴクリと唾を飲む。
 瓶を持つ彼女は水がこぼれないようにと慎重に、気をつけながら歩いているためか、身なりにおろそかになっていた。
 やや大きめの胴衣、ほつれも目立ち始め、階段の上から眺めると、下着もつけていない胸元が風の具合によっては覗けてしまう。
 目をしばたかせてマリアを見る監視の男。
 ここへ来る奉仕者の女はどれも器量悪しの者ばかりで、彼女のような存在は彼らにとっても異質である。夕飯のおかずや労働のサボリを理由に何人かの女奉仕者ととり引きをする監視は多く、その欲望が彼女に向かないはずもない。
 ただ、彼女の場合、兄が教団員で、その地位は奉仕者の監視より高い立場にあるらしく、あまり下手に手を出して行為が発覚した場合、監視から奉仕者に落されかねない。
 また、労働自体も比較的楽な水汲みとあり、さらに小食であることからサボリや食欲で誘惑することもできない。かゆいところに手が届かない存在なのだ。
 そんな鬱憤を抱く監視が下心を出さぬはずもなく、風のイタズラで見え隠れする彼女の胸元を盗み見ていた。
 未だ白い肌にふっくらとした胸。手で嗜めばややあまる程度のおっぱいと、小ぶりな乳首。もし彼女が普通の奉仕者なら、何かしら文句をつけて慰みものにしていたであろう。それともか、ひと時のたんぱく質で腰を振ってくれるだろうか? 下卑た妄想をしつつ、彼女が監視の脇を通りすぎようとしたとき、堪えられなくなった手が彼女のお尻に……。
「きゃっ!」
 驚いたマリアは胴衣の後ろを押える。と、同時に瓶が落ち、がしゃんと音を立ててその場に水をぶちまける。
「貴様! 教団の財産になんてことをしてくれる!」
 結果に驚いた監視は裏返った声で喚き、マリアに鞭を振りかぶる。
「え、だって、私、いきなり……」
 お尻を触られて驚いて……。
 そう言おうとしたが、振るわれた鞭の音に竦んでしまう。
「なんだ、何があった?」
 物音に集まる監視達。その原因がマリアであると知り、ごくりと唾を飲む。
 これをきっかけに、この女を……。
 下心を抱く監視達はいかに自分の手で罰を与えようかと算段している。
「何を言ってるんだ。マリアが運ぶのを邪魔したのはその監視の男だろう。俺は見ていたぞ。階段の上からマリアの胸を盗み見て、すれ違いざまに知りを触ったのをな!」
 そこへやってきたのはヘンリーだった。彼は高らかに宣言し、知りを触った監視の男を指さす。
「な、何を言っていやがる。俺は……俺は……」
 しどろもどろになる監視に、別の監視が前に出る。
「同士よ、もしこの奉仕者が言っているのが本当だとすると、貴様は罪を犯したことになるな……」
「なっ、何を……」
「奉仕者、ヘンリーよ、貴様、先ほどの言葉に嘘はないのだな?」
「ええ、俺はこの目で見ていました。水をもらおうと水飲み場に向かいましたところ、マリア……、あの奉仕者の姿が見えず、仕方なく戻ろうとしたところで階下に二人の姿を見たのです。俺は暫く待てば水を飲めると思いこの場で見ておりましたが、その際、この男が奉仕者に劣情を抱き……」
「だ、黙れ黙れ! 同士よ、貴様らこんな奉仕者の言うことを信じるのか? 俺はそんなこと……」
「ふむ。だが、同士がここにいる理由がわからないな。確か同士は神殿上部の監視の担当ではなかったか? ここにいるということは持ち場を離れているということで、それは神殿建設に滞りを起こしかねない重大な罪……」
 雲行きが怪しくなることに、尻を触った監視は油汗をかき始める。
 というのも、もし罪が認められたら財産の没収と奉仕者へ身分を落すことになる。そして、その財産は他の監視の分け前として再分配されることになっている。
 神殿建設の監視など閑職もよいところ。給金も少なく、憂さ晴らしをする場所も無い。せめてもの救いは無駄遣いが減って貯蓄が増えることぐらい。
 お金を貯めるということに生きがいを見出す者も居り、監視同士での足の引っ張りあいも起こる。
 そして、実のところ、この監視はヘンリーと通じている部分があり、素行の悪い監視を糾弾しては小遣いを稼いでいた。
「これは詳しく話しを聞く必要がありますな……」
「ま、待って、待ってくれ……俺は、誤解だ、そんなこと……」
 喚く監視と粛々と連れて行く監視達。にやりと笑う監視と、ほっとするヘンリー。
「だが、待ってくれ。この女は我らが教団の財産である水がめを割ってしまったのだ。尻を触られたとはいえ、その罪は免れまい」
 すると別の監視がぼそりと呟く。小太りの男はマリアに下卑た一瞥を向けたあと、キョロキョロと周囲を見る。
「いや、尻を触られた程度で水がめを割るなどと、この世に水がめが存在できないだろう」
「うむ、これは十分な罪だろう。別途罰を与えるべきだろう」
 マリアを糾弾する声に再び慌てるヘンリー。こればかりは通じている監視も庇いきれないらしく、無表情でいた。
「ま、待ってください。一つ忘れておりました」
「なんだ、まだあるのか?」
「は、はい。本来水がめを運ぶのはこの俺の仕事なのです」
「でまかせを言うな。いつもこの女が運んでいただろう」
 マリアに懲罰を与えられると考えていた監視は、それを庇おうとするヘンリーに苛立ちがてら、声を荒げる。
「いえいえ、俺の仕事でした。考えても見てください。女の足で水飲み場から神殿の頂上に重い瓶を運ぶなどと非効率きわまりないでしょう。それに、もし俺がしっかり自分の仕事をしていれば、尻を触られることもなく、水を奉仕者に運ぶことができました。今、奉仕者達が渇きを訴え、効率が下がっているのは、全て俺が仕事を彼女に押し付けてさぼっていたことが原因です」
 監視の前にひれ伏すヘンリー。彼がサボっていたことは監視達にも思い当たる節があり、また、生意気な彼に罰を与える口実ができたのは都合が良い。
 マリアに関してはまた別の機会にでも難癖をつければよいと、監視達は意地悪い笑いを浮かべる。
「あいわかった。貴様の罪、しっかりと償ってもらうぞ……」
 監視はヘンリーを引き立てると、兵舎へと連れて行く。
「ま、待って……、ヘンリーさん、私……」
 当事者に口を挟むことをさせない急な展開に、マリアは困惑する。罰から逃れられた安堵と、身代わりとなったヘンリー。何故という疑問が浮かぶ頃には、ヘンリーの姿は階下の下、ずっと向こうに消えていった後だった……。

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/585-f0e4c294

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析