FC2ブログ

目次一覧はこちら

奴隷編_その5

 岩を掘り出し、運び、削り、また運ぶ。
 重ねて、組み込み、整える。
 その繰り返し。
 日が昇るより先に始まり、月が傾く頃にようやく終る。
 夏の日差しに肌が焦げ、冬の寒さに心が凍る。
 降り注ぐ鞭に従い、乾きを潤す水に群がる。
 絶壁の孤島。四方は海に囲まれ、大鷲の姿は餌を求めて今日も舞う。
 光の神殿、総本山建築現場はこの世の地獄であった。

 毎日をやり過ごす奉仕者達。その目に生気は無く、空ろに、半開きの口と猫背な姿勢でふらふらとさまよう。
 何時終るかもわからない作業と、理不尽な暴力。
 男なら鞭に打たれ、女なら器量次第で……。
 彼らの希望は唯一つ。この辛酸の果てにある開放で、他にはない。
 そう、無いはずだった。

 神殿建設現場、頂上付近にて、緑の髪の奉仕者が一人居た。
 彼は周囲を気にしながら右手を筒のようにして左手で印を組む。
「……深遠を覗くものもまた、覗かれるものなり……レミリア……」
 光の精霊が彼の右手の輪の中に集まり、一瞬陽炎のような揺らめきを見せる。
 レミリアは集光魔法の派生で光の屈折を変える魔法だ。筒の中に集めることで魔法によるレンズを作り、簡単な望遠鏡を作ることができる。
「……ふむ……」
 神殿の外の世界、広大な海原を見つめるのは時と場合によっては爽快な気分にさせてくれるが、虜囚にある彼にとっては絶望に他ならないだろう。たとえこの牢獄を抜け出したところで、大海原という自然の防壁がそれを阻むのだ。
 それでも彼は周囲を見渡していた。
「ふむ」
 そして何かを見つける。
 大海原に木の葉一枚浮かんでいるような微かな変化。光の反射に紛れるも、魔法の精度を高めることでそれを確定する。
「……あれが連絡船……だな」
 彼がそう確信するのはわけがある。
 初めて彼が外界を見たとき、北西に灯台が見えた。それはポートセルミの灯台であり、距離感こそ曖昧なものの、世界地図でのおおよその位置を把握できた。
 そして海路。商業船の航路は昔から陸に沿うもの。航海術とそれに伴う魔法が進歩したとして、これが覆ることはないだろう。それは水棲の魔物の脅威もあるが、何時見舞われるか判らない「時化」。もう一つは、陸地が見えることでの安心感の確保。船員とて人の子なのだ。港を直線で結び、海原を横断するなど、世界地図を買ってもらったばかりの子供のする妄想にすぎない。
 ポートセルミの南東の海域を直進で横断するというのは世界一周に近い行為。それを商船クラスを下回る積載量で行うとすれば、ただの自殺だ。そうでないのであれば、当然この神殿に向かうということ。そう推理していた。
「ふむ……。前は火曜日で、今回は木曜日……。一ヶ月単位か」
 指折り数えながら頷く彼は、光の精霊を四散させる。

++――++

「最近の天候だと、小豆相場が……。ポートセルミ近くの辺鄙な村があったろう? そこへどれだけ台風が来るかで変わってくる」
 作業場の隅っこ、人気のない場所でヘンリーは監視者の一人とひそひそと話をしていた。
 監視の男は熱心にメモを取り、頷いていた。
「他にラインハットできな臭い話があったな? なら金の価値が相対的に上がる」
 ヘンリーが師事しているのは相場について。ラインハットに居たころから政治経済に明るい彼は、天候や地域の情勢から市場の動向を大まかに予想する術を知っている。
 監視の一人が相場についてぼやいていたのを盗み聞きし、簡単な手ほどきをしたのだった。それ以来、ヘンリーは相場指南の見返りとして、色々と便宜を図ってもらっていた。
「うむ。なるほどな……参考にさせてもらう……。それと……」
 監視は辺りを見回してからこっそりと包みを出す。それは干した肉が数枚包まれていた。
 ヘンリーが提供している情報の代金としてはかなり下回るのだが、奉仕者という立場上、平等の取引など願えるはずもなく、ヘンリーは黙ってそれを受け取る。
「いつもすまない。それと……、次は何時もらえるかわかりますか?」
「ん? ああ、定期船はまだ暫く……、あと三週間程度かかるな。その時にはまた干し肉を便宜するから……」
「わかっています」
 ヘンリーは干し肉を腹に隠すと、周囲を伺ってから作業場に戻った。
 彼にはある、目的があった……。

++――++

 初めて出会った時、彼はわが目を疑った。
 この世の地獄とも言うべき光の教団、神殿の建設現場にて、それはやってきた。
 靡く金色の髪、白い肌。二重瞼は悲しみに伏せられていたが、高い鼻と形の良い唇のせいで、その美貌が際立つ。きっと笑ったら優しい優雅なそれを見せてくれると思う、そんな人だった。
 彼女の名はマリア・リエル。王族暮らしのヘンリーにとって彼女程度の容姿ならそれほど珍しい存在ではない。ただ、久しぶりに見るたおやかな彼女に、ふと心がざわめいた。
 運命などという安い言葉をヘンリーは信じない。けれど、彼女にだけは例外を認めたい。この地獄において、可憐といえる存在にあえるなど、奇跡のほかにありえないのだから。

++――++

 彼女が来てから暫くの間、ヘンリーは黙々と作業に従事していた。
 もちろん、信仰心からではなく別に目的があってのこと。彼は奉仕者の数を数えていた。
 その日その日の気分次第の拷問により、二、三日に一人が処置室送りになる。前に流行り病を患った同世代の奉仕者は、リョカの看病の甲斐なく処置室送りとなった。
 その時肩を貸したヘンリーは、処置室とは名ばかりの簡素な部屋を見た。
 タルと水の音のする部屋に入るなり、ヘンリーは追い出された。徒に「処置」をしているところを見せて、奉仕者を必要以上に追い詰めたくないのだろう。だが、他に処置を待つ奉仕者や、これまでに処置をされた奉仕者が居ないことを見れば、そこで何をされているのかは一目瞭然だった。
 処置室送りに随行する老奉仕者がそれを語りたくないのはわかる。きっといずれは自分も処置されるのだろうから。だが、ヘンリーはそこに希望を見出していた。
 神殿と下界を結ぶ抜け道。そして、定期船。この二つを結べば、脱出も可能ではないだろうか?
 ヘンリーは計画が形になるまで波風をたてまいと、周囲の状況に合わせていた。

++――++

 重いカメを運ぶマリア。ふらつく足取りは水たまりを作りながら進むため、彼女がどこを通ったか直ぐにわかる。
 その様子からナメクジ女とからかわれるが、それは彼女の身なりが他の奉仕者に比べて小奇麗に保たれているのが故の嫉妬だった。
 今日も重いカメ一杯に水を張って作業場を往復するマリア。作業がはかどるほどにその往復路が長くなるわけで、マリアの作業は日々過酷さを増していった。
「ふぅ……」
 硬くなった手の平を見ながら、マリアは息をつく。ここに来たときは白く長い、細い指先だったのが、今は赤茶けた土まみれで、手のひらにはいくつもタコができていた。
 彼女が今こうしているのはかつて光の教団の支部で働いていたときの粗相が原因だった。
 もしあの時こうしていればと思うも、それはそれで別の地獄が待つだけと、彼女は悲観的にもなれなかった。
「手伝おう」
 不意に声がした。振り向くと緑の髪の青年が立っていた。
「えと、ヘンリーさん?」
「名前を覚えていてくれたのか。光栄だ」
 ヘンリーはふふっと笑うと彼女から水カメを奪い、颯爽と運んでいく。
「あ、あの、それは私のお仕事で……」
「こんな重いものを君に運ばせろっていうのかい? それじゃいつまでたっても俺達奉仕者は喉が渇きっぱなしだ」
 もっともらしいいい訳をするヘンリーに、マリアは呆気に取られていた。この奉仕者という名の奴隷生活で、彼は何を恰好つけているのかと……。

++――++

 あくる日も、その次の日も、ヘンリーは彼女の水汲みの手伝いをした。
 もともと監視の一人を抱きこんでいるヘンリーにとって多少のサボリはお手の物であり、また必死そうにカメを運ぶ姿を見せていればそれなりに仕事をしているようにも見えた。
「どうして手伝ってくださるの?」
 マリアは素直な、鈍感な疑問を口にした。
「ほっておけない……じゃだめかい?」
 ヘンリーはそっけなく、笑いながらそう返した。
 実のところ、彼にもよくわからない。いうなれば遅い初恋とでもいうべきだろうか?
 もともと国政にばかり興味を持っていた彼は、周りに居たアルミナを筆頭とする権利欲に塗れた女を見すぎたせいか、忌避していた節がある。
「でも、ヘンリーさんの仕事が……」
「大丈夫。うまくやってるさ。俺が鞭で打たれるところ、見たことないだろ?」
 けれど、マリアにはそれが無い。当然といえば当然だが、身分や他の何でも無く、等身大で向き合える女性に、ヘンリーの中で煽られるものがあった。
「ほんと、いけない人ですね。さぼってばかりいて……」
 くすっと笑う彼女は、そっと手で口元を隠す。荒れた手と唇、よじれた前髪。女性としての嗜みも制限される中、彼女のその仕草がいじらしく、ヘンリーは目を細める。
「そのおかげで君の手伝いができる。いけないかな?」
 もしかしたら、自分より大きく思える友が、彼女に見とれていたせいかもしれない。
「え……? でも、私だけ……特別扱いなんて……」
 自分はリョカに負けていない。けれど、勝っているのだろうか? その疑問が、恋と勘違いさせ、彼を焦らせたのかもしれない。
「いけないかな? 君を特別扱いして……」
 ヘンリーはそう言いながら距離を詰める。マリアは、彼の気持ちがわからず、戸惑いの表情を返す。
「君はここに相応しくない」
 右手を取り、そっと髪を撫でる。洗うことも櫛を入れることもできずに絡まる髪をいとおしげに撫でるヘンリー。
 マリアは、少し前までの慎ましいながらも平穏な日々を思い出す。
 兄と両親との暮らし。心配性な兄は何かというと「お前が心配だ」といって寂しそうに頭を撫でてくれた。その懐かしさが、不意に蘇り、目頭が熱くなる。
「マリア?」
 指で涙を掬う彼に、マリアは抗う気持ちを失っていた。
「……あっ、すみません……。兄のこと、思い出してしまって……」
 ほろりとこぼれる涙。気恥ずかしくなり、視線を逸らすが、その一瞬の隙に、抱き寄せられる。
「へ、ヘンリーさん? いけません。こんなところを見られたら……」
「構わないさ……。暫く、こうして……」
 そっと抱きしめるヘンリー。背中に回した手が優しく愛撫し、薄汚れた頬を重ねる。耳もとに彼の吐息がかかる。そのくすぐったさに、しばしマリアは現実を忘れる。
「一緒にここを出よう……」
「え?」
 マリアは急に現実に戻り、彼を見返す。
 神殿建設現場での日の浅いマリアでも、この地獄から抜け出す方法など無いと理解していた。だが、ヘンリーは嘘や冗談、希望を見せるための偽りを語る風ではなく、いたって真剣に、彼女を見つめていた。
「そんなこと、できるはずが……」
「できるさ。俺を信じろ……」
 そういってもう一度抱きしめるヘンリーに、マリアはそっと身をゆだねた……。

++――++

 いつものように水を汲み、運ぶマリア。
 白い胴衣もだんだんと薄汚れ、櫛も満足に入れられない髪は最近切ってしまった。日々の労働で白い肌も焼け始め、腕もやや太くなる。
 初めてここへ来た時のたおやかな雰囲気も消えたが、爽やかさが備わり、破れた胴衣から見える肌に生々しさが見えた。
 監視の一人は階段を上がる彼女を見つめ、ゴクリと唾を飲む。
 瓶を持つ彼女は水がこぼれないようにと慎重に、気をつけながら歩いているためか、身なりにおろそかになっていた。
 やや大きめの胴衣、ほつれも目立ち始め、階段の上から眺めると、下着もつけていない胸元が風の具合によっては覗けてしまう。
 目をしばたかせてマリアを見る監視の男。
 ここへ来る奉仕者の女はどれも器量悪しの者ばかりで、彼女のような存在は彼らにとっても異質である。夕飯のおかずや労働のサボリを理由に何人かの女奉仕者ととり引きをする監視は多く、その欲望が彼女に向かないはずもない。
 ただ、彼女の場合、兄が教団員で、その地位は奉仕者の監視より高い立場にあるらしく、あまり下手に手を出して行為が発覚した場合、監視から奉仕者に落されかねない。
 また、労働自体も比較的楽な水汲みとあり、さらに小食であることからサボリや食欲で誘惑することもできない。かゆいところに手が届かない存在なのだ。
 そんな鬱憤を抱く監視が下心を出さぬはずもなく、風のイタズラで見え隠れする彼女の胸元を盗み見ていた。
 未だ白い肌にふっくらとした胸。手で嗜めばややあまる程度のおっぱいと、小ぶりな乳首。もし彼女が普通の奉仕者なら、何かしら文句をつけて慰みものにしていたであろう。それともか、ひと時のたんぱく質で腰を振ってくれるだろうか? 下卑た妄想をしつつ、彼女が監視の脇を通りすぎようとしたとき、堪えられなくなった手が彼女のお尻に……。
「きゃっ!」
 驚いたマリアは胴衣の後ろを押える。と、同時に瓶が落ち、がしゃんと音を立ててその場に水をぶちまける。
「貴様! 教団の財産になんてことをしてくれる!」
 結果に驚いた監視は裏返った声で喚き、マリアに鞭を振りかぶる。
「え、だって、私、いきなり……」
 お尻を触られて驚いて……。
 そう言おうとしたが、振るわれた鞭の音に竦んでしまう。
「なんだ、何があった?」
 物音に集まる監視達。その原因がマリアであると知り、ごくりと唾を飲む。
 これをきっかけに、この女を……。
 下心を抱く監視達はいかに自分の手で罰を与えようかと算段している。
「何を言ってるんだ。マリアが運ぶのを邪魔したのはその監視の男だろう。俺は見ていたぞ。階段の上からマリアの胸を盗み見て、すれ違いざまに知りを触ったのをな!」
 そこへやってきたのはヘンリーだった。彼は高らかに宣言し、尻を触った監視の男を指さす。
「な、何を言っていやがる。俺は……俺は……」
 しどろもどろになる監視に、別の監視が前に出る。
「同士よ、もしこの奉仕者が言っているのが本当だとすると、貴様は罪を犯したことになるな……」
「なっ、何を……」
「奉仕者、ヘンリーよ、貴様、先ほどの言葉に嘘はないのだな?」
「ええ、俺はこの目で見ていました。水をもらおうと水飲み場に向かいましたところ、マリア……、あの奉仕者の姿が見えず、仕方なく戻ろうとしたところで階下に二人の姿を見たのです。俺は暫く待てば水を飲めると思いこの場で見ておりましたが、その際、この男が奉仕者に劣情を抱き……」
「だ、黙れ黙れ! 同士よ、貴様らこんな奉仕者の言うことを信じるのか? 俺はそんなこと……」
「ふむ。だが、同士がここにいる理由がわからないな。確か同士は神殿上部の監視の担当ではなかったか? ここにいるということは持ち場を離れているということで、それは神殿建設に滞りを起こしかねない重大な罪……」
 雲行きが怪しくなることに、尻を触った監視は油汗をかき始める。
 というのも、もし罪が認められたら財産の没収と奉仕者へ身分を落すことになる。そして、その財産は他の監視の分け前として再分配されることになっている。
 神殿建設の監視など閑職もよいところ。給金も少なく、憂さ晴らしをする場所も無い。せめてもの救いは無駄遣いが減って貯蓄が増えることぐらい。
 お金を貯めるということに生きがいを見出す者も居り、監視同士での足の引っ張りあいも起こる。
 そして、この監視はヘンリーに相場の師事を受けていた者だ。
「これは詳しく話しを聞く必要がありますな……」
「ま、待って、待ってくれ……俺は、誤解だ、そんなこと……」
 喚く監視と粛々と連れて行く監視達。にやりと笑う監視と、ほっとするヘンリー。
「だが、待ってくれ。この女は我らが教団の財産である水がめを割ってしまったのだ。尻を触られたとはいえ、その罪は免れまい」
 すると別の監視がぼそりと呟く。小太りの男はマリアに下卑た一瞥を向けたあと、キョロキョロと周囲を見る。
「いや、尻を触られた程度で水がめを割るなどと、この世に水がめが存在できないだろう」
「うむ、これは十分な罪だろう。別途罰を与えるべきだろう」
 マリアを糾弾する声に再び慌てるヘンリー。こればかりは通じている監視も庇いきれないらしく、無表情でいた。
「ま、待ってください。一つ忘れておりました」
「なんだ、まだあるのか?」
「は、はい。本来水がめを運ぶのはこの俺の仕事なのです」
「でまかせを言うな。いつもこの女が運んでいただろう」
 マリアに懲罰を与えられると考えていた監視は、それを庇おうとするヘンリーに苛立ちがてら、声を荒げる。
「いえいえ、俺の仕事でした。考えても見てください。女の足で水飲み場から神殿の頂上に重い瓶を運ぶなどと非効率きわまりないでしょう。それに、もし俺がしっかり自分の仕事をしていれば、尻を触られることもなく、水を奉仕者に運ぶことができました。今、奉仕者達が渇きを訴え、効率が下がっているのは、全て俺が仕事を彼女に押し付けてさぼっていたことが原因です」
 監視の前にひれ伏すヘンリー。監視達は意地悪い笑いを浮かべる。
「あいわかった。貴様の罪、しっかりと償ってもらうぞ……」
 監視はヘンリーを引き立てると、兵舎へと連れて行く。
「ま、待って……、ヘンリーさん、私……」
 当事者に口を挟むことをさせない急な展開に、マリアは困惑する。罰から逃れられた安堵と、身代わりとなったヘンリー。何故という疑問が浮かぶ頃には、ヘンリーの姿は階下の下、ずっと向こうに消えていった後だった……。

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/589-8a1a8f5c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析