FC2ブログ

目次一覧はこちら

奴隷編_その6

 薄暗い、錆びた鉄のする部屋は、奉仕者のそれと比べれば上等という程度だった。
 ヘンリーは縛り付けられた状態で、鞭による責め苦を受けていた。
 小太りの男は顔を真っ赤にさせながらふーふーと鼻息を荒げている。容姿的なコンプレックスがあるのか、執拗に彼の顔に鞭を走らせるが、周囲に気遣ってのせいか、それほどではない。
「どうだい? これからは真面目に働く気になったかい?」
 業を煮やした監視はヘンリーの頬にナイフをつきたてる。そのひんやりした感触に、ヘンリーはようやく汗をたらす。
 ふと反射した光が目に眩しく、視線を逸らしたとき、通気口に何かが見えた。
 そこに集まる光の精霊。そして身体に訪れる癒しの風。ヘンリーは気取られぬように笑い、ある賭けをする。
「や、やめてください! 俺、反省してます! もう二度と軽口立てませんから!」
 そのわざとらしい反応にも、ようやく拷問を受ける囚人らしいと笑いが起こる。
「へっへっへ、いきなり命乞いか? 安心しろよ。お前は俺らの教団の大切な労働力なんだ。簡単には殺さねーよ」
「ひっ、ひぃ……」
 ぶんぶんと首を振るヘンリー。そして、視線を空調の穴へ向ける。
「せめて、回復させてくださいよ。俺、明日からがんばって働きますから、だから……、だから……」
「てめえに薬草なんてもったいないんだよ。俺のションベンでもかけてやるよ」
 監視の一人はズボンを降ろし、ヘンリーに対し放尿を始めようとする。
「おいおい、部屋が臭くなるからやめろよ」
 それを薄笑いの監視に咎められ、しぶしぶ逸物をしまう。
「へっへ、まあ、そうだな。ここは奉仕者の部屋じゃねんだったな。まあいい、お前はせいぜいいたぶってやるよっと!」
 監視の男は鞭を手放し、握ったこぶしを思い切りヘンリーの腹に埋める。
「ぐふっ!」
 血反吐を吐くヘンリー。監視はその様子に興奮したらしく、さらにもう一撃。
 衝撃に胃がせりあがり、戻し始めるヘンリー。
「うわっ汚ねえ! てめえ吐いてんじゃねーよ!」
 思わぬ反撃にあった監視はヘンリーの頬を叩く。息を荒げるヘンリーはその監視を一瞬睨み返すが、また視線を落す。
「このやろう!」
 その視線に気付いた監視はさらにいきり立ち、ヘンリーに暴力を振るった。
 その皮膚がやや硬いことになど、当然気付かずに……。

++--++

 賭けには負けたというべきだろう。
 リョカが防壁魔法と回復魔法が使えるまでは良かった。しかし、その後の監視者のエスカレートする暴力に、彼の身体は死線をさまようはめになる。
 本来ならそこそこの怪我を受け、仮病後、処置室送りを要求させるつもりだった。
 その見送りにリョカとマリアを指定することで脱出を図るつもり計画だが、どうにも身体が言うことを利かない。
 痛みと熱にうなされ、ヘンリーは何度も夢を見た。
 ラインハットの緑の三本線の入ったマントを翻し、民の前に立つ自分の姿。
 必ずラインハットの地に戻り、国民のために国を繁栄させると誓ったはずが、ここで朽ち果てかねない自分。
 ならばせめてリョカだけでも逃がしたい。脱出の計画、算段を伝え、できればマリアを連れて……。
 彼の父を奪い、奴隷に落とさせたことへの償い。たとえこの身が朽ち果てても、果たすべき命題。
 ヘンリーは血反吐を吐きながら、文字にならない何かを延々と書きなぐる。
 リョカはそれをうなされたと勘違いし、必死に手を握る。
 せめて精霊文字を空に書けるほど魔法に精通していればよかったと後悔するヘンリーは、痙攣をしたあと、また深い眠りにつく……。

++――++

「浄化の光よ、今一度彼に生の喜びを……、ベホイミ……」
 誰かの声が聞こえた。知らない女。マリアではない声。
「え、え、え?」
 そして戸惑う友の声。
「イタズラなる風の精霊よ、我は汝に求める、かの者達に慌しい朝の目覚めの洗礼を……ザメハ……」
 不意に視界が明るくなり、身体が嘘のように軽くなる。
「ん? 俺は……」
 喉元に絡まる血反吐の不快感もなく、身体を蝕む病の疲労もない。
「ヘンリー! 良かった!」
「うむ。看病ご苦労であった……。お前は?」
 喜びのあまり涙を浮かべるリョカを労いつつ、フードを目深に被る見知らぬ赤い目の女に眉を顰めるヘンリー。奉仕者にも監視にも見えない異質な存在だった。
「ご挨拶ね。貴方を助けてあげたって言うのに……」
「そうなんだ。この人がヘンリーを助けてくれたんだ。えっと……貴女は……」
「私はエマ、エマ・ミュール」
「エマか……。ふむ、初めて見るな、エルフというものは……」
 文献でかつて眼にしたことがあったから直ぐに出た。
「あら、よくわかったわね」
 それほど意外という様子もなく、エマはそっけなく言う。
「ルビーエルフ。伝承の中の架空の存在だと思っていた」
 ルビーエルフ。彼女らはエメラルドエルフなど非戦闘種族を保護する誇り高き戦士。
「へえ、博識なのね。なら、私がどういうつもりかわかるかしら?」
「だから驚いている。ルビーエルフが人間を助けるなど、その存在を知る者ならありえないからな」
 その存在からたびたび人間と衝突も繰り返していた。その原因は、人間の欲望にある。なぜなら彼女らは、その涙がエメラルド、ルビーといった宝石に変わるから。
「ちょっとヘンリー、どうしたのさ? 彼女は君のことを……」
「何が目的だ? 貴様らが見返りなしに人間を助けるはずなど無いだろう?」
 治療を施すということから間近な悪意はないだろう。特に呪いに秀でた種族というわけでもなく、時限的なものも感じない。だからこそ、疑念を抱いてしまう。
「話が早いのね……。なら言うわ。王者となりなさい」
「ふん、そんなこと、頼まれるまでもない。俺はこんなところで死ぬつもりはない。ラインハット国の王族なのだからな」
 肩を鳴らしながら立ち上がるヘンリー。エマは腕を組みながら彼に冷ややか視線を送る。
 ラインハットの王子として生まれた彼は、もとよりそのつもり。優しいといえば聞こえの良い軟弱な父に代わり、いくつかの国に分かれるラインハット地方を統一する野望をもっている。それは武力でも経済によるものでもどちらでもだ。
「言うわね。でもどうやってここを出るつもりなのかしら? 四方は海に囲まれて、ここを降りたところで凶悪な魔物がひしめいているっていうのに」
「俺が無駄にここで時間を過ごしていたと思うか? リョカよ、俺は何日寝ていた?」
「え? えと、多分二週間目かな?」
 頭の中で足し引きをするヘンリー。鈍った頭がやや痛むが、脱走までの簡単な計画が浮かぶ。
「そうか、なんとか間に合いそうだな。よし、明日だ。明日にはここを出ようではないか」
「な、なんだって?」
「そんなことができるのかしら?」
「ならお前なら出られるのか?」
 ヘンリーは自信に満ちた様子で言い返す。
「私にはルーラがあるわ」
「ほう、便利だな。お前俺の子分になるか?」
 禁止魔法のルーラが使用できるのであれば、ラインハット地方に限らず、世界中の戦力図が塗り替えられるだろう。語源通り地点制覇を可能とするのだから。
 だが、ヘンリーはそれほど真意に迫った様子もなく、笑い半分で告げる。
「冗談。貴方が私の僕になるんでしょ? そうしたら今すぐにでもこの地獄から抜け出させてあげるわ」
 その半笑いに苛立ったエマは眉間に皺を寄せながら言い返す。今、この世界でルーラを使えるのは妖精ぐらい。そしてレムオルをはじめとする強力な魔法もまたしかり。それほどのポテンシャルを持つべく自分を一笑にふす彼の態度が、根拠の無い自信に見えて苛立った。
「なら交渉の余地はないな。俺はお前の僕になるつもりはない」
「ヘンリー、そんな言い方は……」
「ルビーエルフは人間を信用しない。というよりは、我々が恨まれることしかしていないのだ。むしろ俺を助けてくれたことすら奇跡に近い」
「話が早くて助かるわ」
「リョカ、お前とマリアだけなら何とかできる。任せろ」
「そう……。けど僕はここに留まって少しでも……」
「バカなことを言うな。お前もわかっているだろう? ここにいたところで救える命など無い。俺はお前の看病に感謝している。そして、ラインハット国を立て直す力になってほしいと考えている」
「僕は……」
 逡巡するリョカ。優しい彼ならきっと自分を省みずそう言うだろう。その盲目的な博愛主義が、ヘンリーには悔しかった。
 リョカには潜在的な力を感じる。多種にわたる魔法の習得、おかしな随行者との触合いを考えると、「パパス」の息子だからという一言で済ますことができない。
 親和性や協調性、ヘンリーに足りない魅力を持つリョカは、彼の描く未来の欠片を埋めるのに適している。
「リョカ、前を見ろ。ここにいてもお前の父の遺言は果たせない。卑怯な言い方だが、お前がここに留まるのはパパス殿の遺言を異にするだけだ」
 だからこそ、ヘンリーは意地になっていた。
「頼む、リョカ」
 きっと彼が断れないであろう文言を出すのは卑劣と思いつつ、ヘンリーは手段を選ばない。
「……わかったよ、ヘンリー……」
 ようやく頷くリョカに、ヘンリーはほっと胸を撫で下ろす。
「ふん。かってに盛り上がって……。まあいいわ。ヘンリー、貴方の王者としての資質、見させてもらうわ……」
「そうだな。その時はお前も子分にしてやる」
 もし可能であれば、この便利なエルフもと、あわよくばそんなことを考えながら……。
「だから、貴方が僕になるのよ……」

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/590-cb7f5b0b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析