FC2ブログ

目次一覧はこちら

ラインハット帰還編_その一

 キャラバン隊が草原を行く。オラクルベリーからアルパカを目指す定期の商隊で、農業主体の地方に鉄鋼業の恵みを届ける大事なラインだ。
 これまでサンタローズの村の北にある洞窟からの供給で間に合わせていたのだが、三年前にラインハット国による侵攻で村は滅ぼされてしまった。そのため、オラクルベリーの商家が陸路での交易路を拡充し、今に至る。
 最近は昼夜を問わず魔物が横行する。今、草原を行くキャラバン隊もその煽りを受けていた。
 赤く大きなねずみの群れが荷馬車に追いすがる。振り払おうと鞭を振るうが、積載量をはるかに越えた積荷に馬力が出ない。
「ちくしょー! ねずみが鋳物をかじるってのかよ、パンでもまいて追い返せ」
 手綱を握る男は苛立ち混じりに鞭を振るう。しかし、馬はそれに応えることができず、次第に赤いねずみ――お化けねずみの群れに追いすがられる。
 馬車のしんがりで荷物を押えていた男がその煽りに遭い、転げ落ちる。
「商隊長殿、馬車を止めてくれ! 一人落ちた!」
「何言っていやがるんだ。そんなことしたら食い物どころか、俺らまでかじられるぞ?」
 後方からの悲鳴に商隊長も悲鳴を上げる。そうしている間も徐々にお化けねずみに追いすがれ、一匹が馬車に乗り上げると、それに続いて雪崩のように押し寄せる。
「うわ、駄目だ! くそ! こいつら!」
 箒を片手にお化けねずみを追い払おうとする隊員。しかし、大型犬くらいあるお化けねずみはびくともしない。
「はっ!」
 不意に突き出された鉄の昆。お化けねずみはそのまま馬車の外に追い出される。ひるまず上ろうとするねずみは容赦なく振り払われる。
「このまま走ってください!」
 青年の声を聞かずとも商隊長は手綱を緩める気配はない。そして青年は颯爽と馬車を飛び出すと、同時に風を操る。
「唸れ! バギマ!」
 ごうごうと唸る真空の刃、集団で固まっていたお化けねずみはそれをかわすことができず、血煙を撒き散らす。
 混乱するねずみの群れに鋼の昆を振り乱しながら突撃する黒髪の青年。比較的無傷であったねずみもその強撃に打たれ、戦意を喪失したものから散り散りに消えていった。
「うぅ……」
 馬車から転げ落ちた隊員は顔を抑えて蹲っており、露出した肌には齧られた痕がいくつ藻見える。
「大丈夫ですか?」
 青年は駆け寄り、初級回復魔法を唱える。
「はぁはぁ……た、助かったのか……?」
 ところどころ痛ましい傷跡は見えるが、致命傷に至るものは見受けられず、隊員は暫くして自力で立ち上がることができた。
「すまない、リョカさん……」
 砂を払い、頭を下げる隊員に、リョカはまだ治療が終っていないと制す。
「いえ、それが仕事ですから」
 最近活発になった魔物達。少人数の旅人だけではなく、数人から多い場合十人単位になるキャラバン隊も狙われることが多くなった。そのため、今はどこも傭兵を雇い、護衛に当たらせていた。
 そして、リョカもその一人であった。

**――**

「いやあ、一時はどうなるかと思ったよ。さすがリョカだ。今後も頼りにしてるぞ!」
 アルパカの酒場にて合流を果たしたリョカを待っていたのは商隊長のビール責めだった。
 二人がたどり着く頃には積み降ろしも終っており、復路の荷積みを待つ頃だった。
「すみません、僕はまだ未成年なんでお酒は……」
「なに硬いこと言ってるんだよ。お前だってもう立派な戦士だ。ほら、俺のおごりだ。飲め飲め」
 断りきれずにグラスを煽るリョカ。なれないアルコールの感覚に眩暈を起こす。
「なんだ、だらしないな。もっとしゃきっとしろ!」
 そう言ってリョカの背中を叩く商隊長。
「……まったくいい気なもんだ。リョカがいなかったら今頃ねずみの餌だっての……」
 同じく合流を果たせた隊員は置き去りにされかけたこともあり、隅でしょぼくれながら一人酒。とにもかくにも往路が無事終ったことで、皆ほっとした様子で宴に興じていた。

 暫く歓談したあと、リョカは酔いを理由に酒場を出た。
 アルパカには商隊の護衛を始めてから一ヶ月に一度のペースで訪れるようになった。
 懐かしい町並は二年前とさほど変わっていない。ただ、リョカ個人にとっては大きく違った。
 淡い恋心を告白した相手の不在。
 奉仕者の生活から脱出し、再訪を果たしたとき、リョカはルードの宿屋を目指した。しかし、看板にその名は無く、受付も見知らぬ若い男性だった。
 受付に訪ねたところ、二年前にオーナーのダンカンの容態が悪化したらしく、静養のために宿を手放したとのこと。今は風の穏やかなサラボナ地方へ移り住んだと聞かされた。
 断絶させられた時間と取り戻せない時間。リョカにとって彼女の不在は新たな喪失感となる。
 それに追い討ちを掛けたのがサンタローズ村の焼き討ちと、その経緯。
 ラインハット国王、チップ・ラインハルトを暗殺したのは、流れ者の傭兵、パパス・ハイヴァニア。新国王となったデール・ラインハルトは、パパス討伐を命じ、彼を匿っているとされるサンタローズを侵攻した。
 それを期にラインハット国は近隣諸国への武力侵攻を行い、東国は現在戦乱の世となっている。
 それは西に位置するアルパカにも伝播しており、町の立て札には「兵士募集」の触れ込みがある。
 リョカに仕事を斡旋している組合は、彼の腕前からラインハットでの仕官を勧めることもあるが、彼は断った。
 理由は父がラインハット国王を殺したという「事実」。パパスはヘンリーを誘拐し、今も逃亡中とされていた。
 この二年でリョカを取り巻く全ては、彼に優しくない変化を遂げていた……。

**――**

「マリア、今帰ったよ」
 アルパカへの陸路から帰ったリョカは、オラクルベリーの片隅にある借家へと戻った。
 共同井戸の周りでは洗濯物を洗っていたマリアが、彼の声に顔を上げ、一瞬驚いた後、ほっと胸を撫で下ろす。
「お帰りなさい。無事でよかったわ」
 マリアはリョカに駆け寄ると、それが幻でないと確かめるように彼の頬に手をあてる。
「くすぐったいよ」
 リョカが笑いながら言うと、マリアはむっとしたあと、頬を軽く抓った。

 修道院で目を覚ましたリョカとマリア。二人は暫くの間、そこで寝起きをした。
 ただ、修道院も貧しく、東国で続く戦の難民の受け入れもあり、いつまでも施しを受けるわけにはいかない。
 リョカは腕が立つことからオラクルベリーのキャラバン隊の護衛を請け負い、マリアはパン屋の受付をしながら彼の帰りを待っていた。
 二人は一緒に暮らそうと提案したわけではない。だが、お互いに頼れる存在もなく、共に地獄の日々を過ごした仲でもあり、自然とそうなった。
 リョカは当たり前のようにマリアに「行って来ます」「ただいま」といい、マリアも「お帰りなさい」と迎えてくれた。
 そんな暮らしがもう一年近く続いていた。

「ねえリョカさん、キャラバン隊の護衛は危険ですし、もういくらかお金も貯まってきましたから、もっと安全な……」
 台所で売れ残ったパンを焼きなおしながらマリアは言う。
「大丈夫だよ。マリアは心配性だな」
 リョカは笑って返すが、マリアは怒りとは別に困った顔で彼にミルクを勧める。
「でも、最近は魔物の動きも活発になったて聞きますし……」
 それはリョカも体感していることだった。普段なら少し威嚇するだけで逃げていく魔物達も、この頃は死に物狂いで襲ってくることがある。
 噂によると東国の戦で住みかを追われた魔物が西に流れ、そこで魔物同士での縄張り争いが起こっているらしい。彼らも食い扶持を求めて必死なのかもしれない。
「こう見えても僕は強いから平気だよ」
「けど、人間いつどうなるかなんて……」
 マリアの消沈にはリョカも思い当たる節がありすぎる。父のこともそうだが、共通の知り合いの欠落が重くのしかかる。口にはしなくても、それを意識することがあり、二人の距離が縮まらない原因でもあった。
「ね、だから……。リョカさんは治癒魔法も使えますし、教会のお手伝いとかいくらでも……」
「うん、考えておくよ……」
 リョカはミルクを飲むついでに彼女から視線を逸らす。
 最近、マリアはリョカにこの話ばかりをしていた。
 オラクルベリーで働いてほしいと願う彼女の気持ちはわかる。リョカの不在の間、マリアがどれだけ心細いことか……。借家の一階に住む世話焼きのおばさんもリョカを捕まえては「あんなイイコを留守番させとくなんて罰当たりだね」と尻を叩かれることしばし。
 リョカ自身、彼女と共にこの町で暮らすことを考えることはある。
 貧しいながらも幸せな日々。父も母も、友も初恋の相手も失った今、リョカがその誘惑にいつまで抗えるかは、時間の問題だろう。
「…………」
「…………」
 いつもならマリアがきりのよいところで台所に引っ込み、一時この話題は終わりになる。しかし、今日は違った。彼女の顔は見なくても想像できる。
 眉を顰め、まっすぐな瞳で自分を見る。薄い唇をきゅっと噛み締めて。
 それは怒りからくるものではなく、心配と寂しさからなのだろう。
 ミルクをゆっくり飲むリョカだが、コップが空になってまでその逃げが通用することも無い。とんと静かにコップを置くリョカにマリアは無言で答えを待つ。
 すると……、
「なんか焦げ臭くない?」
 鼻に微かに伝わる匂い。それは甘さを越えた苦味を含むもので……。
「あ、いけない、パンが焦げちゃう!」
 マリアははっとした様子で台所に掛けていく。リョカは台無しになったであろう昼食にほっとしてよいのかがっかりなのか、複雑だった……。

**――**

 夜、リョカはいつものように台所に布団を敷いていた。マリアはまだおきているらしく、居間から明かりが見えた。
 リョカはその明かりに背中を向け、今後のことを考えていた。
 マリアと共にこの町で暮らすこと。
 それはとても魅力的な話だ。彼女は優しく、気の利く賢い女性。これまで会ってきた女性の誰とも違う、魅力的な人。
 だけれど、彼女はきっと友のことを想い、友もまた、彼女を想っていたはずだ。
 だから踏み出せない。
 そして、もう一つが父との約束。
 母を捜してほしいという遺言を、リョカが忘れられるはずもなく、またどうしてよいのかもわからなかった。
 せめて手がかりがあればと思うも、全ては故人のそれ。父とともに旅した箇所を行くにしても、マリアを置いて行くことはできず、記憶も曖昧……。
 ――そういえばサンタローズの村の……。
 サンタローズの北にある洞窟はどうなったであろうか? ドルトン親方の昔の作業場で、かつて父が調べ物をしていたはず……。
 ――もしかして、あそこに何かあるのかな……。
 ようやく思い出した手がかりにリョカの中である打算が浮かぶ。
 ――そこを調べても何も無かったら、もう諦めよう。僕は、僕にはそれができるほどの力なんてないんだ……。
 何もかもが奪われたリョカに、希望になるかもわからない遺言は重すぎる。彼はそう考えると、目を閉じた……が、
「……もう寝ましたか……?」
 隣の部屋で物音がした。返事を待たずに戸が開き、気配が濃くなる。
「う、うん……、何かな? 今日はもう眠いし、また明日にでも……」
 リョカは上ずった声でそう答えると、布団を深く被る。
 いつもなら、いつものマリアなら夜にトイレに行くときでも声を掛けることはしない。その「いつもと違う」ということが、リョカを変に意識させた。
「なんだか眠れなくて……」
「そ、そう……」
 彼女はリョカの隣に座ると、そのまま横になる。
「マリア? こんなところで寝ると風邪ひくよ。ほら、ベッドに戻れば……」
「こんな温かい日に風邪ですか?」
「だ、だけど……」
「……リョカさん……」
 彼女はリョカの言葉などおかまいなしに、布団に手を掛け、もぞもぞともぐりこむ。
「ど、どうしたの?」
「駄目ですか?」
「駄目じゃないけど、でも……」
 リョカは侵入する彼女に対し、自分から布団をはみ出ようとする。けれど彼女の手が背中に触れ、それもできなくなる。
「リョカさん……、私……」
「マリア……」
 彼女の手が触れ、そしておでこだろうか、そっと触れる。
「寂しいんです……、すごく……」
「そう、一人にしてて、悪かったね。これからはもっと早く帰れるような……」
「そうじゃなくて、私も……、女だから……」
 ごくりと音を立てて唾を飲む。身体が硬くなるのがわかる。緊張のしすぎだろう。そして、昔感じた、あの妙ないきりたつ感覚。下半身が意思とは関係なく強張り、何かを急かすように脈打つ。
 それがどのような欲求なのか、実のところリョカは知らない。
 本来学ぶべき時期を父との旅と奉仕の時に過ごした彼は、その欲求の行き着くさきを知らないのだ。たまに傭兵仲間に「やったのか」と聞かれても、「なにを?」と素で答えては笑われる日々だった。
「リョカさん……」
 彼女の手がリョカの腕を取り、脇を抜き、胸元を抱く。その冷たい指先が触れたとき、リョカの中で何かが切れそうになった。
「あ、あのさ! 僕は、今度、ちょっと旅に出ようと思うんだ!」
 が、咄嗟に口を出たのはまったく別のこと。
「た、旅?」
「うん。実は昔、父さんとにサンタローズに滞在しててさ、それで、一度行ってみたいなって思って……」
「お父さん? リョカさんの、亡くなった……」
「うん。急で悪いけど、その……、父さんの遺言のことでちょっとね。もし何も見つからなかったら、もう忘れるつもりでさ、いいかな?」
「え、ええ……わかりました……」
「はは、はは……」
「……ふっ、ふふ……うふふ……」
 リョカの笑いにマリアもくすりと笑う。そして、ため息のあと、マリアは寝室に戻った……。

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/593-40c24646

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析