FC2ブログ

目次一覧はこちら

ラインハット帰還編_その三

 遠くに聞こえる音。それが波の音だと気付けないのは、彼が内陸育ちだから。
 苦味のある潮風に吹かれ、前髪が瞼をくすぐると、ようやく彼は目覚めた。
「……うぅ……ん? ここは……」
 瞼を開こうとするとぱりぱりと砂が落ちる。顔中、いや、身体中が糊付けされたような引きつる感覚があり、間接を動かすと乾いた砂が落ちる。
 唇の端で固まっているそれを舐めたとき、苦味と辛さがあった。ジンワリと口の中の水分を吸い上げ、痛みを伴う。
 ――塩?
 砂ではなく海水の乾いたものだと理解した頃、ようやく周囲を見渡す余裕ができる。
 目の前には広大に広がる海があり、白い波しぶきを立てては引いていく。
 背後には松林があり、防波堤らしきものが見える。
 ――ここはどこだ? 俺は脱出できたのか?
 辺りには砕けたタルの破片が散らばり、ちぎれた鎖が見えた。
「リョカ!?」
 共に脱出を図った友の名を呼ぶ。しかし、返事はない。
 照りつける太陽に額から汗がこぼれる。ヘンリーはそれを腕で拭い、近くの松林の下に身を隠した。

 日暮れを待って、ヘンリーは街の明かりを頼りに歩き始めた。
 無一文。着るものも奉仕者の綿の粗末な物。浮浪者といえる恰好。
 ポートセルミはサラボナ地方の港町として世界地図の西側への玄関の役割を果たしていて、かなりの規模で発展している。
 ようやく街へとたどり着いたヘンリーは、空いた腹を摩りながら、いかにして日銭を用立てようかと思案する。
 脱出の際に用意していた干し肉や古着などは全て失ってしまった。金銭面においてそれほど大きな損失ではないが、次の一手を打つ上で何も無しでは手数が狭くなる。
 ――ふむ……。
 ひとしきり考え込んだ後、彼は酒場へと向かった。

++――++

 街の酒場では夕暮れ時から水夫達が大勢集まっており、酒やギャンブルに興じていた。
 みすぼらしい恰好のヘンリーだが、それほど上等ともいえない格好の水夫達に紛れるのは容易で、すぐに場に溶け込む。
 ヘンリーはカウンターに向かうと、バーテンの目を盗み、空いたグラスをこっそり奪う。その足でルーレットの台へと向かうと、今チップを張ろうとしている客に声を掛ける。
「やあ兄弟、今日の調子はどうだい?」
「よしてくれブラザー、生憎俺を好いてくれる女神は貧乏神らしい」
 両の手のひらをお手上げとばかりに上に上げる男は、酔いと負けのせいで顔が紫に見える。
「そっちの兄さんはバカ付きだねえ?」
 隣でチップを高く積み上げる男にも声を掛ける。
「ああ、どうやら今日のツキは有頂天らしいんでね」
 ヘンリーは笑いながら空のグラスを男のチップの上に置くと、その肩を叩く。
「あんたのツキを分けてもらうよ?」
「はは、もっていけるもんならな?」
 そういって再び勝負に出る男。ヘンリーは三十七分の一の悲喜劇を見守らずに、トランプの台へと向かった。

++――++

 ブラックジャックの台へとやってきたヘンリーは、暫く見物に勤しんでいた。
 その台では四人の客がおり、皆そこそこの勝ち負けをしていた。中盤から一人がやや勝ち始めたが、それもカードの配られ方によるラックというものだろう。
 その流れでも負けが込んできた一人が席を立つ。そこへヘンリーが一枚のチップを見せながら言う。
「俺も運試しをしたいんだが、受けてくれないかい?」
 本来なら場に参加するためにアンティを支払う必要がある。さらにコール料がかかり、試合の流れによっては他の客のレイズに付き合う必要がある。
 彼の持つ百コインのチップでは、アンティを支払った後のコールができない。
「はっは、面白いな坊主。ちょうどいい、張りな」
 優勢の男は快勝気味な情勢に笑いながら百コインのチップを場に出す。他の二人も通常より安いレートにそれほど抵抗は無いらしく、それに続く。
 チップが出揃ったところでカードが配られる。
 勝ち気味の男が親となり、一枚目が七。順に八、五、そしてヘンリーは七と四。
 親はそのままステイし、続く男たちが一枚もらい、顔に手を当てる。続く男もそれにならう。それが駆け引きによる演技でないことぐらい、彼らから漂うアルコールで分別できる。ヘンリーは視線を右上に上げてしばし考えこみ、「コール」と告げる。
 スペードの六がきたところで再び考え込む。そして再び「コール」。
 配られたカードはクラブの二。まさに今の自分に似つかわしいと笑いつつ、ヘンリーは頷く。
 そして続くオープンの掛け声。
 親の十八を前に、男二人はバーストで続く。そしてヘンリーは余裕を持って手札を見せる。
「はは、ついてるな……」
 そう言って四百コインまで手にするヘンリー。
「それじゃあ失礼……」
 席を立とうとした彼に親の男が声を掛ける。
「おい、勝ち逃げする気か? もう一勝負しようぜ! 青二才」
 ヘンリーは参ったなとばかりに髪を掻き、言われるままに座る。
「見ての通り、俺はこれしかないんだ。だから……」
「ああいいだろう。百コインのみで勝負だ」
 かっかし始める男にヘンリーは「おてやわらかに」と済ました態度。
 ディーラーはなれた様子でシャッフルし始めた……。

 親の制限と男二人のバーストの告白。十七以上なら負けることはなく、手札が十一スタート。見物中ずっとカードを記憶していた彼は、おおよその見当をつけて二枚コールをした。
 ヘンリーの初陣の勝利は約束されたものだった。そして続く勝負も……。

 カウンターで肩を落とす男が居た。
「やあ兄さん、ツキはどうしたんだい?」
 ヘンリーはその隣に座り、そっと肩を叩く。
「はは、どうやらあんたに乗り換えたみたいさ」
 力なく笑う男は、先ほどまでルーレットで快勝を続けていた男。
「そんな日もあるさ。これは俺のおごりだから飲んでくれ」
 ヘンリーはバーテンにビールを頼むと、やや盛り上がったコースターと一緒に勧める。
「ありがとよ、兄弟」
「お互い様さ……」
 ヘンリーは十分に温かくなった懐を抱え、酒場を出た……。

++――++

 酒場で快勝したヘンリーは宿へと向かった。
 受付では彼の身なりから前金を取られたが、チップを渡すことで態度が変わり、二階の個室まで案内してくれた。
 二年ぶりの開放感にヘンリーはベッドの上で大の字になる。多大な疲労で逆に眠れず、重い瞼と火照る額に悩まされる。
 ――リョカよ、生きていろ。
 自分がこうして生きているのであれば、きっとリョカも……。そして心を惑わすマリア。彼女もまた生きていてくれているのではないかと期待してしまう。
 だが、大破したタルと付近の海流、水棲の魔物を考えると、それは……。
「……まったく、ずるい人ね。人のチップを無断で借りるなんて……」
「誰だ!」
 不意に聞こえた女の声。ヘンリーは起き上がり周囲を見る。しかし、暗がりの中、誰も居ない。ならばこそ、心当たりがある。
「エマか……?」
「ご明察」
 ヘンリーがそう伝えると、光の精霊が舞い始め、何も無い空間にローブ姿の女性が現れる。
「ふむ……」
「あら、ご挨拶ね」
「貴様が無事なのはわかりきっているからな」
「まあ、そうね」
「それより……、貴様はリョカとマリアの行方を知らないか?」
「さあね。私は貴方のことを助けるのに必死だったし……」
「俺を助ける? 俺が生きているのは……」
「貴方ねえ、あんなタルで海流に乗れると信じているの? まったく……、落下と一緒に大破して海に投げ出されて、タルの残骸に絡まって漂流してたの、忘れたの?」
「いや、覚えていない……」
「くらげみたいに漂っていたのを見つけてここまで運んであげたのに……」
「そうか、お前が俺を……。ではリョカとマリアは?」
「二人は……、見つからなかったわ」
「……くっ!」
「あらあら、荒れてるのね」
「当たり前だ! 俺は、俺はみすみす友と愛する人を死に追いやったのだぞ! これが、これが……」
「しょうがないでしょ? それに、たとえ脱出に参加しなくても神殿が完成すれば死ぬのよ? 私がレムオルを使えるのはわかるでしょ? こっそり聞いたのよ。監視達が話してるのをね……」
「だが……」
「なら、あの二人は貴方のせいで死んだ。せいぜいそう思えばいいんじゃない?」
「貴様には……、思いやりがないのか?」
「ヘンリー、貴方だってわかっているでしょ? 奉仕者に落ちた時点で遅かれ早かれそうなるの。せめて脱出のチャンスがあっただけでも儲け物。貴方には運があって、彼らには無かった。ただそれだけのことよ……」
「……」
「ヘンリー、もう忘れなさい……。貴方は王者になるべき人。あの地獄から抜け出せたのは、運命がそうさせた。違うかしら?」
「俺は運命など……信じない……」
「貴方は疲れてる……、彼にひと時の安らぎを……、ラリホー……」
「ぐ、貴様……」
「おやすみなさい……ヘンリー、世界の王者となる者よ……」
 ヘンリーは深く、深く眠りについた……。

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/595-a341754f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析