FC2ブログ

目次一覧はこちら

ポートセルミ編_その一

 波打ち際、石ころ投げて夕暮れ時、リョカはオラクルベリーのカジノに併設されている食堂で夕飯を食べていた。
 本来なら今頃、サラボナへの定期船に揺られているはずだったが、久々の時化のせいで船が大幅に遅れているとのこと。暫くの間はオラクルベリーに留まらざるを得なくなり、財布の中身と相談を余儀なくされる。
 マリアに預けていたお金のほとんどは修道院に寄付しており、それほど余裕はない。とはいえ足りなくなったとしても、最近の魔物の活発さから用心棒の仕事は選り好みできるほど。急ぐ旅でもないと、それほど心配はなかった。
 カジノの煌びやかな様相と、レースを見守る観客達の歓声を背中に、一人侘しく夕食を取るリョカ。少し前まではヘンリーと雑談をしながらで、その前はマリアとロウソクを隔てての慎ましいもの。するととつとつと思い出が蘇る。
 かつて父とともにこの街に訪れたときのこと。
 赤毛でつり目で勝気な女の子と夜の冒険に出たこと。そして、そこで出会った不思議な生き物。シドレーと名乗っていたけれど、彼は元気だろうか? ガロンともども行方不明のまま、せめて生きていてくれたらと願うのは、父の非業の死を看取ったからかもしれない。
「ちょっと! 今のいかさまでしょ!」
 リョカがそんな感傷に浸っていてもここはカジノ。客同士のイザコザは絶えず、今もこうして背後で男女が……。
「おいおいねーちゃん、おいらがいかさましたって証拠がどこにあるんだい? なんなら調べてくれてもいいぜ? ベッドの上で念入りにな」
 続いて飛んでくる下卑た野次。
「むしろねーちゃんのが詐欺っぽいよな? ケツの辺りとか、おっぱいの辺りとか、男をだまくらかすには都合がいいぜ? なあ兄弟」
 その声に男たちの笑い声が続く。
「な、なんですって! ここまでの侮辱、赦せないわ!」
「お客さん、ここはポーカーテーブルですぜ? 揉め事はポーカー勝負でお願いしますぜ」
「そうだなぁ……、ねーちゃんが勝ったらいかさまでもなんでも認めてやるぜ? 代わりに、負けたらここでストリップショーだな」
「誰がそんなこと……」
「はっ、威勢がいいわりにもう怖気づいたか。ま、さっさと家に帰って旦那のチンポでもしゃぶってるのがいいわな」
 そしてまた笑い声。
「なんか賑やかだなぁ……」
 リョカはほうれん草のぺペロンチーノを啜りながら騒ぎのほうを見る。もしこれがマリアの前ならきっとお行儀が悪いと叱られ、ヘンリーと一緒ならエマに子供みたいといわれるのだろう。
「またアイツラか……。最近揉め事ばっかり起こすんだよ……」
 シェフは髭を弄りながらため息をつく。
「そうなんですか? でも、ここくらい大きいカジノなら用心棒の一人や二人……」
「それが困ったことに、その用心棒がアイツラなのさ」
 顎で示すのでよくみると、確かに胸元にオラクルベリーギルドのバッジをつけている。
「これはお気の毒に……」
「ま、係わり合いにならないことだね」
「そうですね……」
 リョカは残りのパスタをちゅるりと啜ると、食後の珈琲を飲む。
「上等だわ! あなた達なんて丸裸にしてあげるんだから!」
 売り言葉に買い言葉。けれど、そのフレーズでは逆に男達を喜ばせてしまう。
「はっはぁ! そりゃいいや。んじゃ早速勝負と行こうか?」
 かくして始まるポーカー勝負。リョカは暇つぶしがてら、光の精霊を集めてその始終を見ていた。

**――**

「嘘、ありえないわ……」
 女のハートのフラッシュに男はキングと八のフルハス。ストレートフラッシュならまだしも、ありふれた役にそれほど驚愕する必要はない。問題は、女の記憶違いがなければ男の手が成り立たないということ。なぜなら、少し前に捨てたはずのカードが再び男の手札にあるのだから。
 このあからさまなイカサマにも関わらずゲームが進行するのは、ディーラー、ギャラリーの全てが女の敵だから。それに加えて彼女自身、お酒を飲んでいるせいか記憶に自信がない。
 普段ならそんなへまをするはずもないのだが、苛立ちを抱えていたせいか、小事が見えていなかった。
「ほら、さっさと脱ぎな。それともドロップするかい? 今なら俺の股潜るだけで赦してやるぜ?」
「くっ!」
 あからさまな挑発に、女は気丈にもガウンを脱ぐ。
 背中、胸元ともに露出の激しい桃色のドレス姿の女に、観客から歓喜の声が上がる。
 これが社交界の幕間なら彼女も誇らしく胸を張るのだろうが、ここは平民の娯楽の場所。ステージの上で踊るショーガールを見つめる目線で褒められても嬉しくはない。
「さ、続きよ!」
「へへ、そうこなくっちゃ!」
 勝気な女はディーラーにカードを要求し、男も咥え煙草をくゆらせる。
 だが、勝負の行方は最初から決まっているのだ。運任せの一縷の逆転などあるはずもなく、女に配られるのはフラッシュを狙える程度。対し男は、このゲーム三度目のジョーカー……。
「ズルはだめです。ゲームは正々堂々やらないと……」
 不意に伸びた手が男の腕ごとカードを場に伏せさせる。
「ちょっと! なんでジョーカーがあるのよ? これで三枚目よ!?」
 飲酒の影響があるとはいえ、ミニデーモンの描かれたカードを見間違うはずもなく、女は声を上げる。
「な、てめえ何者だ!」
 けして細くない腕を逆手とはいえねじ伏せる青年に、男は油汗まじりに叫ぶ。
「まあいいじゃないですか。それより、ちゃんとルールを守って楽しく遊びましょう」
 賭けの対象を考えれば遊びの範疇を越えているのだが、青年は諭すようにゆっくりという。
「この野郎! おらっ!」
 取り巻きの男が手近にあった酒瓶を片手に青年に振りかぶる。しかし、その気配を察知した青年はそれをかわして、リーダー格の男と入れ替わる。
 ガシャンと大きな音を立てて酒浸しになる男と、血気立つ取り巻き達。
 いきなり始まった乱闘騒ぎに、モンスター格闘場の観客達も集まりだす。
「このやろう!」
 青年一人を追い掛け回す男達。けれど、すんでのところで足元を乱し、同士討ちを繰り返す。青年は汗をかいているが、軽いジョギングの後のように晴れやかな顔つき。対し、リーダー格の男は身体中に回ったアルコールのせいで全身真っ赤で息も絶え絶え。
 女を質に取ろうとした男は、裾を持った彼女のスタイリッシュな膝で幸せなる凶悪な一撃を受けて昏倒済み。
「もう、その辺にしてはどうでしょうか?」
 そんな乱闘騒ぎにつかつかと歩み寄る者が一人。タキシード姿で白髪、モノクルと白手袋の一風変わった老人だった。
「げ、フレッド……」
 女は舌打ちしながら青年の影に隠れる。
「まったくお嬢様も困った人だ。あれほど夜遊びは控えるように申しましたのに……」
「あ、あの?」
 状況が読めない青年は背後に隠れる女の人にきょろきょろするが、彼女は何とか彼を盾にしようと必死になる。どうやら彼女の恐れの対象では、この老人のほうが荒くれ用心棒達より上らしい。
「もしお嬢様に何かありましたら、私は旦那様になんて申し上げれば……」
 老人は彼女が脱ぎ捨てたガウンを拾い、埃を掃う。
「ふむ、君は確かリョカ君だね?」
 老人の言葉にギャラリーからも幾人かが声を上げる。
「オラクルベリーの名うての用心棒、リョカ・ハイヴァニアといえば、ここいらでは有名ですよ」
「え? 貴方、リョカなの!?」
 女性はくるっとリョカの前に立つと、その顔をまじまじと見つめる。
 瞬きせずにじーっと顔を見つめる彼女。カールさせた睫に強気な猫目。整った鼻梁に煽情的な真っ赤なルージュ。唇はそれほど大きくなく、ややはみ出していた。
 健康的な褐色の肌と、おいたのせいでずれた肩紐の日焼けの残り。鎖骨にうっすらときらめく玉の汗に、リョカは自然と唾を飲み込んでいた。
「ふうん……、貴方が……」
「えと、初めまして……」
 名乗るつもりもないリョカだったが、その場の雰囲気というか、それ以外に思いつかない。
「そう……。今も用心棒をしているの?」
「えと、今は休業というか、ちょっとサラボナのほうに用があって……」
「サラボナに……、なら都合がいいわね。私はアルパカに行くのよ。ちょっとした商談があってね。貴方、私のボディーガードになりなさい」
「え? でもアルパカじゃ船がないし」
「どうせサラボナ直行便はしばらく出ないわ。それにアルパカの西のレヌール港があるわ。そこからポートセルミに行けばいいでしょ?」
 ラインハットで見せてもらった世界地図では、ポートセルミとサラボナは陸続きとなっている。途中山脈を越えての旅路で、陸商隊も多い。護衛の仕事を請けながらのんびりいくことも可能だろう。
「はぁ、でも……」
「はい、決まり! やっぱり私はついてるわ! こんなところでリョカに会えるなんて!」
「はぁ……」
 女性はフレッドと呼ばれた老人からシルクの手袋を受け取り身につける。
「ふふ、それじゃあ旅の門出を祝って祝杯ね。さ、行きましょう」
「ですがお嬢様、その前に……」
「……ごめんなさい、フレッド。あとよろしくね」
「お、お嬢様!」
 女性は老人に申し訳なさそうに手を合わせるが、その後は何も無かったかのようにリョカの手を引いてカジノを去る。騒ぎを聞きつけてようやくやってきた支配人は、老人と二言三言話していた……。

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/611-0d885ebe

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析