FC2ブログ

目次一覧はこちら

ポートセルミ編_その七


 洞窟の中は意外と明るかった。人工的な作りが見られ、窓らしき穴が高い場所にいくつかあり、そこから明かりが差し込んでいる。
 切り立った崖を壁伝いに歩き、軋む縄の橋をゆっくり渡る。
 魔物の棲家ということもあり、訪問者を威嚇する気配がまばらにあるが、あまり好戦的というわけではないらしく、リョカ達を妨げる者は少ない。
「なんか思ったより広いのね」
 リョカに手を取られながら、アルマは言う。
「うん。でも、一体ここはなんなんだろうね。魔物が作ったにしては手が込んでるし……」
 上を見上げ、差し込む光を手で遮る。
「そうね。なんかいろいろ落ちてるし……」
 アルマはふとリョカの足元に光るものを見つけ、それを拾う。
「小さなメダルだ。うふふ。これ集めてる子いるんだ。なんかパジャマもらうって言ってたからあげようっと……」
 アルマは嬉々としてそれを鞄にしまうと、他に無いかと地面を探す。
 すると、今度は白くて硬いものがあり……。
「なんだろ、これ? ……きゃぁ!」
 それが古びた骨であるとみるや、アルマは骨を放り投げる。
「わ、大丈夫? アルマ……」
「え? ええ……、ちょっと驚いちゃって……」
 瞬間のことにアルマはリョカの胸に飛び込んでいた。その硬い胸板に抱きとめられていることに気付き、頬が赤らむのがわかる。
「アルマ、やっぱり君には無理だよ。ね。悪いことは言わないから外へ出よう」
「嫌よ、ここまで来て……。怪物なら捕まえた後に見せてあげるから、だから……」
 リョカは彼女を諭すように言い、その武器を握るには非力な指を見る。
「お願いだよ。君が傷つくところを見たくないんだ。それに、危ない目にも遭わせたくない」
 まっすぐな瞳に見つめられ、アルマはこれまで必死に耐えてきたことが押えられなくなる。
「リョカ……、あのね、私本当は……」
「ん!?」
 二人の戸惑いの最中、住処を荒らされたと憤る住人が怒りを示す。
 鋭い一撃がすんでのところでリョカの居たあたりを掠めた。
「伏せたまま……。そこだ!」
 リョカは気配のほうへ鋭い風の刃を飛ばす。
「ぎぃ~!」
 こうもりの変種であるドラキーがひらひらと逃げ惑う姿を見て、リョカはそっと立ち上がる。
「ふぅ……大丈夫だよ」
「あ、うん……」
 胸の中でまだ蹲ろうとするアルマに、リョカは暫くそうしていたいと思うが、次は威嚇で終りそうにない状況に、彼女を無理やり立たせる。
「さ、もう遊びは終わりだ。アルマ、僕の言うことを聞いてね……」
「は……はい……」
 凄みを利かせたリョカの声にアルマは素直に頷く。そして彼に促されるままに橋を渡り、来た道を戻る。
 しかし……。
「ぎぃ、ぎぃ!」
「ふぅ、はっ!」
 群れを成してやってきたドラキーにメタルライダー達。
 ドラキーはアルマの行く手を阻むように彼女の頭の上を飛び回り、メタルスライムの亜種に跨るライダーがめちゃくちゃに剣を振り回す。
「くっ! はっ!」
 リョカはそれを捌きながら、アルマを庇う。しかし、狭い足場では思うように動けず、防戦一方。
「……ふっふっふ……、わてらの住まいを荒らそうなんざ十年早いってばよぉ……。さっさと帰らないと、もっと怖い目に遭わせるでぇ……」
「帰ろうにも邪魔してるんでしょうが!」
 どこからともなく聞こえてくる声に、アルマが言い返す。
「ええい、もう! 闇を切り裂く炎の矢、輝き唸れ、ベギラマ!」
 詠唱と印を組んででの中級閃光魔法。しかし、アルマ自身の魔力が低いせいか、勢いは弱く、ドラキーの尻尾の辺りを焦がすだけ。
「もう、なんで私ってばこんなに魔法が下手なのよ……」
 その威力にがっかりしながら、怒ったドラキー達の翼でぺちぺちと叩かれる。
「くっ、この……」
 リョカは昆を奮いながら、メタルライダーの剣を弾く。素手になった者は後ろの下がり、次の魔物と交代する。その統制の取れた動きに驚きつつ、一方でその攻撃が弱いことに気付く。どうやらこの魔物達は強くない。そして、本気で襲ってきていない。
「……さぁて、そろそろ懲りただろう……。ほな皆さん、勘弁したれや……」
 その声に導かれてか、ドラキーがふわっと上空へと逃げる。メタルライダー達もそろそろと後ずさりを始める。
「……ほなさいなら……」
「なっ! 貴方達がカボチ村を襲ったんでしょ!?」
 まるで潮が引くように消えていく魔物の群れに、アルマは悪態をつく。しかし、虚空の声は無視を決め込む……が、
「そこだ! 唸れ、雷神!」
 ゴオォォォッ! と凄まじい唸り声と一緒に炎が上空より放たれる。その一瞬の光が辺りを照らし、一瞬だが金色の大きな翼を持った魔物が見えた。
「まさか、あれがキラーパンサー!?」
 翼の魔物は炎をすんでのところで交わし、お返しにビョオォゥウウウっと吹雪を放つ。
「ちょ、一体なんなのよ、絶対おかしいわ!」
 リョカに庇われながら、アルマは必死に叫ぶ。
「こい、ラルゴ!」
 テリーの声にどすどすと現れる緑の竜。二メートルを優に越すその巨体はハーケンを構えている。
「なに? 魔物!?」
 アルマの悲鳴もどこ吹く風、ラルゴと呼ばれた竜は壁に向かってハーケンを投げると、簡単な足場を作る。テリーはそこを足場に跳躍し、さらに炎を巻き起こす。その間も竜はせっせと足場を作り、さらには炎を放ち、辺りを照らす。
「テリーさん、そんなことをしちゃ駄目だ! ここには幼い魔物がたくさん居る!」
 先ほどのドラキーたちは無事に避難できただろうか? 逃げ遅れたメタルライダーは隅っこで震えている。
「そらそら、どうした!」
「ふん、人間のクセにやるねぇ~!」
 火の玉をいくつも吐き出す翼の魔物。それはテリーの攻撃を相殺するのが目的らしく、炎はぶつかりあい、空中で四散する。その一部が逃げ遅れたメタルライダーに向かう。
「危ない!」
 リョカはそのメタルライダー庇おうと走り、真空魔法でそれを相殺する。
「あっ!」
 激しい戦闘のせいで足場が崩れ、そのままリョカは奈落へと誘われる。
「リョカ!」
 アルマの叫びもむなしく響き、頭上ではいまだに銀髪の剣士と翼の魔物が戦いを繰り広げていた……。

**――**

 落下の間にできること。防壁魔法を唱えながら、できるだけ壁に身体を当て、勢いを殺す。人生二度目の落下に複雑な気持ちになりながら、リョカは五体無事で着地ができた。
 それでも足をくじく程度の損傷があり、中級治癒魔法でそれを癒す。それが終ると、今度はレミーラで光を集める。確かな印でないため光は弱いが、歩く程度には申し分ない。
 上を見上げると、かすかに光が見え、先ほどまでの明滅もやんでいる。決着がついたのだろうか?
 リョカはテリーの周りを顧みず戦う姿勢に苛立ち、一方であの不思議な声に違和感を覚える。
「さてと、アルマのもとへ戻らないと……」
 そうは呟いたものの、壁を登ることは不可能だろう。またドラキーに邪魔をされても困る。
 ふと思い出す。ここが人の手が入っているということに。
 もしかしたらここも人が来ることを想定しているのかもしれない。だとすれば、脱出のために階段が用意されているかもしれない。
 リョカはひとまず周囲を探ることにした……。


 周囲を探ることしばし、階段の代わりに小屋のような洞窟が見えた。
「すいません……」
 誰がいるわけでもないだろうけれど、リョカはそっと入り口らしき穴を潜る。
「ぐるるるる……」
 するとそこには金と黒のまだら模様の毛皮、返り血を連想させる赤い鬣のキラーパンサーが居た。
「く、こいつが!」
 リョカは昆を構え、防壁魔法を唱える。
「ぐるるるるる……」
 威嚇。
 リョカはキラーパンサーを睨み、その投足を見守る。
 用心棒時代、何度かキラーパンサーと対峙することはあった。
 彼らは生粋のハンターであり、勝機を見出すやいなや喉元目掛けて鋭い牙を唸らせ、何人もの用心棒を屠った。
 目前のソレはまだ成獣ではないらしく、これまでに見てきたものよりも一回り小さい。けれど、階上での幼い魔物とは違う迫力があり、気を抜けば餌食となりえる。
「ぐる……るるる……」
 油汗が額をすべり、目に入る。反射で目を閉じたとき、リョカは死を覚悟して身を強張らせたが、慌てて目を開いたとき、そのキラーパンサーは尻尾を向けて奥へと消えた。
「え?」
 そしてリョカが来ないのを寂しそうに振り返り、尻尾を揺らす。
「何で……?」
 リョカは意外な展開に呆気に取られながら、警戒を解く。
「なおぉん……」
 そして寂しそうな声。
「もしかして、来いってこと?」
 リョカは昆を構えながら、その後に続いた……。

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/618-642a384a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析