FC2ブログ

目次一覧はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の試練 その1

 ポートセルミ地方にある月の岩戸。滝の裏にある洞窟は、いつしかそう呼ばれていた。
 自然の産物にしては道が出来ており、崩落により差し込む明かりで、浅い階層では松明が不要な造りをしている。誰が何時、何の目的で作ったのか不明であり、水のリングの探索場所に指定されていた。
 もっとも人間がたどり着くには小船などが無ければ難しい場所にあり、野盗対策に門で閉じられている。
 今回の求婚劇ではその門を開ける必要があるのだが、その鍵は山奥の村の住民が預かっている。
 水のリング、最初の課題は山奥の村の住民から鍵を受け取ること。当然、鍵を入手した者は続く者を遮るために門を内側から閉じるので、求婚者は一人一つ入手する必要がある。ただし、鍵は本数が限られており、探索するためにも制限が課せられる。
 もちろん門を破壊することも可能だが、そうすればライバルを悪戯に増やすことに繋がるため、実行する者はまだ出ていない。

 リョカ達は三日ほど歩き、山奥の村へとたどり着いた。
 寂れた山村だが、今は求婚者達が大勢居り、村人たちに鍵の交渉をしていた。
「なあ、俺らもはやいとこ鍵探したほうがいいんと違う?」
 その様子を見回しながらシドレーは急かすように言う。
「そうだね。鍵の数も限られてるって話だし、ぐずぐずしてると先を越されてしまう。ガロン、君はここで待っていられるかい?」
「がぁ」
 ガロンは頷くと、村の外にあった大きな木の下で丸くなる。リョカは、荷物を降ろそうと宿へと走った。
「行こう、さ、早く」
「がってんさ!」
 走るリョカに続くシドレー。
「あ、リョカさん、シドレーさん……」
 その様子を見ながらアンディはふぅとため息を着き、ゆっくりと二人を追った……。

「あの、この村で水門の鍵を持っている人を探しているんですけど、何か知りませんか?」
 宿屋に荷物を置いて向かった先は村の娯楽施設の温泉。併設されている酒場で店主に率直に問いかけるリョカに、周囲の人間は「ふっ」と鼻で笑っていた。
「ああ、例の求婚の話で? そうですね。それでは何をお飲みになりますか?」
「へ?」
「おい、リョカ……。いわゆる情報料って奴だ。払ってやれ」
「あ、それじゃあお茶は……」
「……ガキは家に帰ってままのおっぱいでもしゃぶってな」
 場にそぐわない注文に他の客から陰口が飛んでくる。
「それじゃあビールをお願いします」
「承知しました……」
 店主は頷くとビールを注ぎ、リョカの前に置く。
「あの、それで鍵は……」
「そうですね……。鍵を求める方は多いですし、前に来た方はビールを大瓶で十ほどお飲みになられましたし……」
「え……十も……」
 リョカの目の前にあるのは中ジョッキ。お酒に慣れていないリョカにとってはこれでも十分きついもの。それをさらに大瓶となれば結果は見えている。
「どういたしますか?」
「ええと……」
 一口飲んで考えてみる。口に広がる苦い炭酸汁にうっと咽るリョカ。地ビールらしく、かなりアクが強く、都会の爽やかなビールしか飲めないリョカにはかなりきつい。
 そもそもまだ日も明るいというのに飲むということに、心情的な抵抗もあった。
「おいにいちゃん、鍵のこと知りたいんだって? んなら俺が教えてやるよ」
 すると背後で飲んでいた男が声をかける。
「本当ですか?」
 思わぬ助け舟に顔をぱっと明るくさせて振り返るリョカ。
「ああ。そのかわり……」
 男性はジョッキを片手にウインクをする。
「あの、すみません、向こうのお客さんに大ジョッキ一つ」
「畏まりました」
 店主は頷くと大ジョッキを片手に客の方へと行く。
「あの、それで鍵のことなんですけど」
「ん? ああ、鍵ってのはドアとか金庫につけておくもんだな」
「へ?」
「だから、鍵について知りたいんだろ? 親切な俺が教えてやったんだが?」
「あの、僕が知りたいのは鍵じゃなくて、水門の鍵で……」
「あー! そりゃ悪い。それは俺も知らないんだ。いや、悪い悪い」
「え? そんな」
 笑顔満面の男の言葉とリョカのきょとんとした表情に酒場に笑いが起こる。
 一人状況を理解できないリョカはきょろきょろと辺りを見ていた。
「ちっ、そういうことか……リョカ、行くで」
 先に気付いたシドレーはリョカの袖を引っ張る。
「え、でも……」
「ここじゃ無理やて。みんな俺らみたいなカモを待ってやがる」
「カモ? つまり」
 騙されたことにようやく気付いたリョカはがっくり肩を落とし、ビールの代金を置いて酒場を出た……。

続く

彷徨いし者達~目次へ戻る
トップへ戻る

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/644-c08b057b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。