FC2ブログ

目次一覧はこちら

……タイッ!?_01

ある日、校舎の片隅で

 四月の終り、暖かい陽射しと若葉の芽吹く頃、島本紀夫は一人校舎の裏庭を掃除していた。
 本来ならもう四、五人いるはずなのだが、皆差し迫ったゴールデンウィークの打ち合わせだと言って、掃除を彼に押し付けていた。

 身長百五十七センチ、体重五十二キロ、黒縁眼鏡のおかっぱ頭。水球部と映研を人数合わせのために登録し、オマケにクラスの保健委員までしている彼。
 一言でいうと断れない性格だった。
 そういうところをつけ込まれ、掃除を押し付けられているのだが、当の紀夫はただ黙々と裏庭のゴミをかき集めていた。
 ティッシュにお菓子の袋、空き缶、紙パック……。
 人通りのない場所に何故? と思う彼の目の前に丸まったティッシュが落ちてきた。
 上を見上げると、丁度窓が締められる音がした。
――まったく、誰も見てないからって、ここはゴミ捨て場じゃないよ。
とはいえ、相手の顔も見えないのでは言い返すことも出来ず、散らかされたゴミを拾うに他なかった。

 あらかた掃除し終えるとちりとりも一杯になり、終了がてら捨てに行くことにする。
 校門の方を見ると、すでに帰宅している生徒達が見えた。
 おそらく明日からの連休に心弾ませているのだろう。
 そう思うと、ちりとりと箒片手に他人の尻拭いをする自分が惨めに思えた。
 そもそも紀夫には明日からの予定がない。
 もうすぐ一七になる紀夫にとって、家族旅行を提案されても嬉しくない。どちらかというと、たまの休みぐらい、他人からの干渉を避け、一人の時間を持ちたいと願っていた。
 ――休み中は家の手伝いかな。
 体育館裏の焼却炉にゴミを捨てたら掃除はお終い。あとは担任の三枝に報告すれば、はれて自由の身……。
 焼却炉周りにはゴミが散らかっていた。あとで文句をつけられても困るので、仕方なく片付ける紀夫は、軍手でゴミを拾い集める。
 ノートの切れ端にエンピツ、シャープペン、他にも携帯ストラップに化粧品。ガムの包みに口を結ばれたコンドーム……。
 ――え? なんでこんなモノ?
 彼女いない歴即ち年齢の彼だが、コンドームぐらいは知っている。ただ、使用済みの常態で見たのはこれが初めてだった。
 緑色の薄い膜に包まれた白い濁り汁。たまに自分でも処理するが、濃く臭ってきそうな他人のそれは、見ても不快でしかない。
 ただ、一方で何か意識する自分がいた。
 ――エッチ、してるのかな。皆、学校で……さ。
 一人の時間を持ちたいといっても、人嫌いというわけでは無い紀夫は、人並みに性欲を持っているし、教室でたまに見える女子の生脚に心惹かれることもある。
 セックスをしてみたい。
 その欲求も、当然持ち合わせていた。
 体育館の裏手、人目につかない場所でカップルがイチャイチャしている様子が目に浮かぶ。冗談交じりにキスをして、互いに胸元をさすりあい、身体を寄せ合い、そして……。
 ――いいな。
 素直にそう思っていた。おそらく、自分には縁の無い話。普段でも女子と話す機会などなく、たまにあっても「掃除お願い」「うん」「宿題見せて」「いいよ」程度でしかない。
 それに負け惜しみではないが、クラスの女子に好きな子はいない。
 誰かと恋仲になって、身体をまじあわせることなど、段階と次元の都合上、遠かった。
 ――さあさ、掃除終わらせよう。早く帰ろうっと。
 ゴムを手に取るのはさすがに嫌なので、木の枝をお箸のように使い、焼却炉に放り込む。他のゴミも一緒に入れておけば、用務員が処理をしてくれる。
 これで終り。

 ……のはずだった。

「……んぁ……やぁ、ダメ……」

 かすかに聞こえたのは、くぐもった女子の声。
 どこからだろう? 体育館の裏手にある倉庫のほうからだ。
 でもなんで? それは緑の膜が暗に物語っている。

 つまり、現在進行形で……。

続き

Trackback

Trackback URL
http://13koharu.blog73.fc2.com/tb.php/65-feeadd7b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

小春十三

Author:小春十三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

創作検索ぴあすねっとNAVI
dabundoumei
trt
オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび  
リンク予定


二次元世界の調教師様のサイトです。



無料アクセス解析